Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

ブレジンスキー「イランとの戦争に踏み出せば、全世界に破滅的な結果をもたらす」、イラン・メディアは胡錦涛国家主席がイランへの攻撃を想定して中国海軍の戦争準備を指示したと報道中!2011/12/15 06:49

ブレジンスキー「イランとの戦争に踏み出せば、全世界に破滅的な結果をもたらす」、イラン・メディアは胡錦涛国家主席がイランへの攻撃を想定して中国海軍の戦争準備を指示したと報道中!


<関連記事引用>

元米大統領補佐官 米・イラン関係悪化に警鐘 (画像引用)
14.12.2011, 20:34
http://japanese.ruvr.ru/2011/12/14/62230521.html

アメリカ・イラン関係悪化は、全世界にとって破滅的な結果をもたらす戦争を導く可能性がある。これは14日、ブレジンスキー元国家安全保障担当米大統領補佐官が、北大西洋評議会で指摘したもの。

インターファクス通信によれば、ブレジンスキー元大統領補佐官は次のように発言した―

「もし我々がいずれにせよ、イランとの戦争に踏み出すのだとしたら、それが、我々そして全世界にもたらす結果は、破滅的なものとなるだろう。 

米国政府は戦争回避を期待し、イラン政府への圧力を強めた。しかし、米国が圧力を強める政策に傾けば傾くほど、もし圧力が功を奏さなければ軍事紛争勃発の可能性が高くなる。 そうなればドラマチックな形で、我々が取れる行動のバリエーションは狭くなってしまう。」


2011年 12月 13日(火曜日) 17:42
中国国家主席、「イラン攻撃は戦争の引き金になる」
http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=23606:2011-12-13-13-19-59&catid=17:2010-09-21-04-36-53&Itemid=116

中国のコキントウ国家主席が、「アメリカやその他の国がイランを攻撃した場合、即時の直接的な軍事措置により、戦争に突入するだろう」と警告しました。

ファールス通信がアメリカ国防総省の報告として伝えたところによりますと、ロシアの首相と大統領は、「イランに対する西側の侵略を停止させる唯一の方法は、直接的な軍事措置や対抗措置であり、中国海軍に戦闘準備を指示したのもそのためだということをコキントウ国家主席が認めた」と語っています。

コキントウ国家主席は、先週、軍事高官と会談し、「中国は、第三次世界大戦を引き起こすことになったとしても、イランへの支援を惜しむつもりはない」と警告しました。

ロシア軍事関係者も、先週、「我々は地域の軍事的対立が、より大きな規模、引いては核兵器の使用につながるのを阻止することができる」とはっきりと表明しました。

アメリカ国防総省の報告はさらに、「アメリカは、中東問題の最終的な解決法を用意しており、イランとシリアの攻撃に生物兵器の使用を検討している」としています。

西側が使用しようとしている生物兵器は、2週間前、オランダの医療センターのドイツ人ウィルス学者によって明らかにされました。

このウィルスは、鳥インフルエンザウィルスの5倍の威力があり、人間にとって非常に危険なものだということです。

この報告はさらに、「アメリカが攻撃をしかけ、この恐ろしいウィルスを西側が使用した場合、このウィルスの拡散には無人機RQ-170が使用される可能性が高い」としています。

アメリカの無人偵察機RQ-170は、先週、イラン軍が着陸させた無人機です。

イランとロシアの専門家によるこの飛行機の特徴や性能の調査が、敵に対するこの無人機の使用におけるアメリカの最大の懸念材料となっています。


China Is Helping to Arm Iran and Sidestep Sanctions Thanks to an Assist From North Korea
By Reza Kahlili
Published December 14, 2011
http://www.foxnews.com/opinion/2011/12/14/china-is-helping-to-arm-iran-and-sidestep-sanctions-thanks-to-assist-from-north/

China is circumventing international sanctions against Iran by enlisting North Korea’s help in providing the Islamic state with its most advanced intercontinental ballistic missiles and the technical expertise to make those nuclear warhead-capable missiles operational. And now the Communist giant is threatening to come to Iran’s defense should the missile or nuclear sites be attacked.

Referring this critical problem to the United Nations won’t work because China has veto power in the Security Council.

The United States and the West must therefore bring all the pressure to bear against China they can — and do it immediately.

Time literally is running out.

The Revolutionary Guards, under orders from the Iranian supreme leader, Ayatollah Ali Khamenei, have long been preparing for war, knowing that their nuclear bomb program could invite a preemptive strike by Israel or America.

Media outlets quote Chinese Maj. Gen. Zhang Zhaozhong as warning that in case of attack, China should not hesitate to protect Iran, even if it means launching World War III.

The Iranian-owned state media ran big headlines recently quoting Chinese President Hu Jintao as saying that he has ordered the Chinese Navy to prepare for war and that, in case of an attack on Iran, China will defend Iran. ★★★

When Mohammad Ali Jafari was appointed the chief commander of the Guards by Khamenei in September 2007, he formed 31 command-and-control centers in and around Iran that could operate independently in case of war. Each center is authorized to suppress any unrest and to confront any enemy.

Jafari also brought Iran’s Basij militia — a group of pro-government vigilantes — under Guard command to ensure greater coordination while at the same time forming thousands of Basij special units to suppress any uprisings that could arise after a possible attack.

Expecting war, Jafari weeks ago ordered the formation of the 32nd command-and-control center just for the security of Tehran, the capital of Iran. Now the Guards have assigned two divisions to protect Tehran.

The Guards at the same time have established hundreds of underground ballistic missile silos across Iran to achieve two goals:

First, these missiles, which have predetermined targets, could be fired from multiple sites toward an enemy.

Second, multiple hidden sites would make it difficult for satellites to pinpoint any launch and therefore lower the possibility of the missiles being taken out prior to launch.

The Guards have openly announced that American military bases will be targeted in retaliation for any attack on Iran’s nuclear facilities. Sources within Iran reveal that U.S. military bases in France, Hungary, Italy and Germany are among the targets.

As I revealed in May, the Guards possess ballistic missiles capable of carrying nuclear warheads that have a range of over 2,000 miles, which could reach several capitals in Western Europe. The opposition group Green Experts of Iran now reports that the Guards have also obtained intercontinental ballistic missiles from China.

In recent years, the Revolutionary Guards put everything they had into boosting their military capabilities by developing long-range ballistic missiles capable of carrying nuclear warheads.

But they failed.

They then turned to China, which delivered to Iran 11 Dong Feng 3A missiles whose range exceeds 1,600 miles.

By 2009, concurrent with the increased in tensions between Iran and the international community, as well as the intensity of the unrest inside Iran, the Guards began talks with China and finalized an $11 billion deal in which China agreed to provide the Guards with advanced ICBMs, DF-31s, which have a minimum 4,300-mile range and can carry nuclear warheads.

China also agreed to help design several of Iran’s missile programs and provide expert training inside Iran. The contract called for delivery of six ICBMs, six mobile units for the missiles and 40 blast chambers to be assembled by the Revolutionary Guards inside a military complex.

Sources reveal that the missiles were delivered about a year ago, but the Guards failed in setting this missile project in motion.

Given the mounting international pressures against Iran’s nuclear program, even China announced it cannot further cooperate in Iran’s militaristic ambitions — unless sanctions can be circumvented.

According to the Green Experts, in order to resolve the basic problems of the missile project, a joint delegation of Chinese and North Korean experts traveled to Iran. Ultimately it was agreed that in exchange for $7 billion, hardware, installation and launch of the technology and the necessary training for the project would be handled by the North Koreans, since Pyongyang doesn’t recognize the U.N. sanctions.

North Korea, for its part, guaranteed that it would do its utmost in bolstering the Chinese-equipped missile project, and eventually situate its experts in Iran so that in critical conditions, the missiles will remain operational.

It is now logical to conclude that the explosions that occurred at the IRGC base 28 miles west of Tehran on Nov. 12 were due to Iranian missile experts working on the Chinese DF-31 missile.

Sources reveal that following the explosions at the Guards’ base and the loss of many key commanders running the missile program, a meeting was organized between the Revolutionary Guards and representatives of North Korea. It was agreed at that meeting that North Korea would expedite sending their missile experts to Iran — as of Dec. 10 — to get the missile system up and running.

With the Obama administration and European countries failing to implement crippling sanctions against Iran and openly stating that a military option could be devastating to the global economy, it seems that the radicals ruling Iran will soon not only have nuclear bombs but also the means to deliver them almost anywhere on the globe. There’s no time to waste.

Reza Kahlili, a pseudonym for a former CIA operative in Iran’s Revolutionary Guards and the author of the award-winning book,A Time to Betray. He is a senior Fellow with EMPact America and teaches at the U.S. Department of Defense’s Joint Counterintelligence Training Academy (JCITA).



<関連記事>

US Collision With Iran Could Lead To Disastrous War – Zbignew Brzezinski
http://www.eurasiareview.com/14122011-us-collision-with-iran-could-lead-to-disastrous-war-zbignew-brzezinski/

U.S. at risk of sliding into war with Iran: Brzezinski
http://www.montrealgazette.com/news/risk+sliding+into+with+Iran+Brzezinski/5858451/story.html


▼「ホルムズ海峡を封鎖せよ!」再び

イラン軍がホルムズ海峡封鎖演習か、報道官はコメント拒否
2011年 12月 13日 07:54 JST
イラン国会の安全保障委員会に所属するParviz Sarvari議員は12日、「間もなくわれわれはホルムズ海峡を封鎖する軍事演習を実施する。世界が(中東)地域を不安定にしたいのであれば、われわれは世界を不安定にする」と語った。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE7BB06120111212


原油先物相場が2%超上昇、イランめぐる懸念が再燃
2011年 12月 14日 07:54 JST
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE7BC05620111213


軍事演習でホルムズ海峡を封鎖する計画はない=イラン石油相
2011年 12月 14日 19:04 JST
イラン軍は演習を行うが、実際にホルムズ海峡を封鎖する考えはないという。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE7BD06620111214

ホルムズ海峡「封鎖する予定ない」 イラン外務省報道官
2011.12.14 22:41
報道官は地域が戦争のような状態になった場合には、ホルムズ海峡を封鎖する可能性があるとの認識も示した。ペルシャ湾とアラビア海を結ぶホルムズ海峡は世界の海上輸送原油の4割が通過する要衝。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111214/mds11121422420007-n1.htm


▼日本への影響

米、イラン中銀との取引制裁へ 日本も対象か
2011/12/14 13:17
米上下両院は13日までに、イラン中央銀行と取引する外国金融機関に対し、米金融機関との取引を制限する制裁規定を国防権限法案に盛り込むことで合意した。核開発を続けるイランへの圧力の一環で、近く可決の見通し。

イラン原油輸入停止回避 政府、米に特例要請
2011/12/14 14:00
米議会でイランへの追加制裁の検討が進む状況を踏まえ、日本政府がイランからの原油輸入停止の回避に向け特例措置を米側に要請していることがわかった。日本の原油輸入量の約1割を占めるイランとの決済取引が制裁により禁じられ、石油輸入が止まる恐れも強まっているためだ。ただ米議会が特例を認めるかは予断を許さず、原油確保や市場への影響を危ぶむ声が広がってきた。
http://s.nikkei.com/sjquvN

コメント

_ 奔放な旅人 ― 2011/12/15 08:57

中国は地球を壊滅させたいのでしょうか?
イランに支援すると言う事は、戦争を拡大させると言う事に繋がる。
戦況によっては核を使うでしょうね、イランは。
国際社会のリーダーになりたいのなら、戦争を早期終結させる方向へ
行くのが利口であり、中国の利益でしょうに。
軍事介入でもしてきたならば、西側vsイスラム諸国・中国と言う
構図になるでしょう。
ロシアがどう出るか?と言う事も大きく情勢に影響する。
やはり中国は力を持って世界征服をしたいみたいですね。
日本は捲き込まれたなら国家が無くなるかも知れません。
何せ政権が軟弱続きですから。

_ とおりすがりでYas ― 2011/12/15 09:53

キューバ危機ならぬイラン危機ですね。

ブレジンスキーさんが言うと、キッシンジャーさんがいうよりも怖さが増すのはなぜだろう。

英米としては、ドルの延命策なんじゃないですかね。
石油が高騰するとドルの価値があがりますしね。
ドルが延命してる間に、ユーロが瓦解してくれると、ポンドも嬉しい・・・(妄想ですけど)。

中国は、この機に支配権の拡大をもくろんでいるのであれば、暴走もありえそうですけど。

中国が暴走することも、英米は折込ずみでしょうし・・・。

それとも、日本を暴走させたいんだろうか?
慰安婦問題がまたニュースになりだしてるし・・・。
イランの背後に中国・・・なんてニュースもいってるし・・。


極端なナショナリズムの持ち主が、暴走しないことを、ただ祈るのみです。


結局、陸地思考(弥生的)と海洋思考(縄文的)って葛藤が日本人にはあるんでしょうね。

_ なかごみ ― 2011/12/16 06:28

アメリカがなぜ、イランを攻めるのかというと...

石油を支配したいとか、中東を支配したいとか、ドル基軸を維持したいとか、イスラエルのためにやっているとか...
いろいろ理由はあると思うけど

もっと、大きくみると、イランを支配すれば、対ロシア、対中国包囲網が完成するからやっているわけ。とくに、対ロシア包囲網という点が重要。ハートランド、リムランド、シーパワーという地政学的な見方において、ハートランドの親玉のロシアを倒せば、欧米の勢力の世界制覇が完成するわけ。

中国もロシア同様、欧米のライバルだが、欧米の権力曰く、中国は所詮、敵ではないと。中国は人口が多いので、そういう意味で、最大のライバルだけど、軍事的、資源的には弱点が多い。しかし、ロシアの場合、軍事的、資源的に、欧米勢力の干渉に耐えられる自給自足力を持っている。とくに、軍事力なんて、米軍ですら持ってないような軍事兵器を数多く保有していると。

ナポレオンやヒトラーは、慌ててロシアへ侵攻して失敗したが、NATOは徐々にロシアを包囲している。そこが大きな違い。

中国もロシアも、お互いを信用していないが、片方がやられると、最後は自分が欧米にやられる番だから、対欧米で共闘している。そういう意味で、ロシアと中国はイランを守ると言っている。

_ Y-SONODA ― 2011/12/16 08:03

★奔放な旅人さんへ

>軍事介入でもしてきたならば、西側vsイスラム諸国・中国と言う
構図になるでしょう。

むしろイラン・中国・北朝鮮の新「悪の枢軸」になりそうな(汗)
中国って不器用ですねぇ。

>ロシアがどう出るか?と言う事も大きく情勢に影響する。

新「悪の枢軸」にロシア、ドイツ、さらにはインドも加われば、悪党回避できそう。
中国あたりはその線を狙って動くでしょうが、うまくいくとは思えない。
ロシアなどはやはり「漁夫の利」狙いで武器商売優先でしょうね。

★とおりすがりでYasさんへ

>極端なナショナリズムの持ち主が、暴走しないことを、ただ祈るのみです。
>結局、陸地思考(弥生的)と海洋思考(縄文的)って葛藤が日本人にはあるんでしょうね。

日本の弥生濃度高めチームがアッチーチーになると怖いですよね。
ボケっとしてたら巻き込まれないで済む。
当面日本は死んだふりがいいかも(笑)

★なかごみさんへ

>もっと、大きくみると、イランを支配すれば、対ロシア、対中国包囲網が完成するからやっているわけ。
とくに、対ロシア包囲網という点が重要。
ロシアと中国はイランを守ると言っている。

いざとなったらロシアは逃げちゃいそうな。
うまくかわす術を知っているから(笑)
現在、インドのシン首相がロシア訪問中も大いに気になる。
おそらく武器の商談も行なっているのでしょう。
最後の最後にロシアは中国を裏切ると思いますよ。
あの時の日本がそうであったように。

_ Medvedev, Singh to Sign Nuclear, Weapons Accords in Moscow ― 2011/12/16 08:25

Medvedev, Singh to Sign Nuclear, Weapons Accords in Moscow
By Lyubov Pronina - Dec 15, 2011 11:00 PM GMT+0900 .
http://www.bloomberg.com/news/2011-12-15/medvedev-singh-to-sign-nuclear-weapons-accords-in-moscow.html

President Dmitry Medvedev and Indian Prime Minister Manmohan Singh will sign nuclear and arms accords at their meeting in Moscow tomorrow, a Kremlin official said.

Russia will build reactors at Kudankulam on Tamil Nadu’s coast, Medvedev’s chief foreign policy aide, Sergei Prikhodko, told reporters in Moscow. Russia will also deliver 42 additional units to assemble Sukhoi Su-30MKI fighter jets in India, he said.

_ とおりすがりでYas ― 2011/12/16 09:13

>最後の最後にロシアは中国を裏切ると思いますよ。
>あの時の日本がそうであったように。

これとっても納得できます。

_ なかごみ ― 2011/12/17 07:08

園田さん
>最後の最後にロシアは中国を裏切ると思いますよ。
>あの時の日本がそうであったように。

プーチンのロシアと、スターリンのソ連とでは、まるで似て非なるものだからでしょう? プーチンのロシアは、基本的に反欧米(反ユダヤ)、一方、スターリンのソ連は、基本的に欧米(ユダヤ)勢力の傀儡。

その本質を見失ってはいけない。

だから、アメリカは、ロシアの大統領選挙にむけて、プーチンを揺さぶっている。プーチンが健在ならば、ロシアは中国と組むでしょう、欧米勢力を倒すまでは。それが実現してから、プーチンロシアは、中国との競争を始めるために、日本とインドに近づくと思います。

_ Y-SONODA ― 2011/12/17 08:31

★とおりすがりでYasさんへ

>これとっても納得できます。

歴史は繰り返す。そのまんまですよね。

★なかごみさんへ

>その本質を見失ってはいけない。

メインイベントが起こるとすればおそらく10年後。
その時までプーチンが健在とでも?
国の本質などそう大きく変わらないと思いますよ。
いずれにしてもロシアは勝ち馬に乗るでしょう。

_ KS ― 2011/12/17 13:54

イスラエル・ロビーでもある佐藤優が言うには、
プーチンはイスラエルやイスラエルにたくさんいるロシア系ユダヤ人と関係が深かったはずだがね。

陰謀論の世界では、逆の話も飛び交ってて、
ホント、ユダヤ情報はめんどくさい。

あと、
アメリカの対露強硬派は、冷戦期の対ソ戦略家達で、
反ソ「親中」だった人たちですわね。
キッシンジャーや「ブレジンスキー」ですわ。
対ハートランドの人たちですね。
別名、G2論者ともいう。

_ なかごみ ― 2011/12/17 16:10

>KSさん

アメリカ、中国、ロシアも一枚岩ではないということですな。
そんなこと言ったら、今のイランの大統領もユダヤ系疑惑があって、イランの最高宗教指導者とは、路線が異なるという説もあるし。プーチンはユダヤ資本を多く国外追放したけど、一方で、ユダヤ系の勢力も子飼にしていて、そこから、イスラエルへ移民したユダヤ系ロシア人を使って、イスラエルの情勢に介入している。

>園田さん

一応、ビルダバーグは、2018年を決戦の目安にしているらしいですね。でも、それまでにイランの核開発は成功している可能性が高い。アメリカは核武装した国には軍事行動を起こしていない。不安定要素は、追い込まれたイスラエルが予定よりも大分早く軍事行動を起こすこと。それによって、アメリカがイラン侵攻に巻き込まれることですかな。

いずれにせよ、欧米権力と当初の予想を計画が狂っているのは確か。あと、欧米権力の当初の計画では、日本に中国経済へ介入させる役割を与えていたけど、日本がその役割に消極的で、計画が狂っていると。

_ Y-SONODA ― 2011/12/18 08:31

★KSさんへ

>プーチンはイスラエルやイスラエルにたくさんいるロシア系ユダヤ人と関係が深かったはずだがね。

ありゃま、ひょっとしたらプーチンは米ネオコンとお友達かも。

>ホント、ユダヤ情報はめんどくさい。

このあたりでもバック・トゥ・ザ・フューチャー現象が見られますよね(笑)

★なかごみさんへ

>ビルダバーグは、2018年を決戦の目安にしているらしいですね。

このビデオ見ましたけど、RTの時点でロシア寄りのバイアスを意識したほうがいいかと。
英米メディアにも当然バイアスはありますが、
ロシア系メディアのバイアスは気を付けたほうがいいかと。
ビルダーバーグなんて単なる情報交換の場。
世界を支配しているなんて過大評価ですね。
ユーロの件で慌てふためく彼らの姿が思い浮かぶ。
それでも副島さんちのサイトでは歓迎されるかも。
ぜひぜひそちらにご参加下さいね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2011/12/15/6244698/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。