Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

北極地政学に新たな動き、米エクソンモービルと露ロスネフチが北極海などの油田開発で提携合意、米中新冷戦時代幕開けを睨むプーチン2011/08/31 09:04

北極地政学に新たな動き、米エクソンモービルと露ロスネフチが北極海などの油田開発で提携合意、米中新冷戦時代幕開けを睨むプーチン


<関連記事引用>

▼ロシア石油最大手、米エクソンと提携 北極海などで油田開発
2011/8/31 1:14
http://s.nikkei.com/oAHDWm

 【モスクワ=金子夏樹】ロシアの国営石油最大手ロスネフチと米石油最大手エクソンモービルは30日、北極海大陸棚などでの油田探査・開発に関し業務提携することで合意した。ロスネフチは英石油大手BPとの提携交渉が白紙となり、新たな提携先を探していた。エクソンの技術提供を受け、大規模な深海油田の開発を本格化させる。エクソンは未開発の油田を多く抱えるロシアで、事業を拡大する。

 共同開発の対象はロシア北部の北極海と、ロシア南部の黒海にある深海油田。北極海の対象地区は12万6000平方キロメートルで、推定原油埋蔵量は5000万トンに達するとの見方もある。黒海の対象地区は約1万1200平方キロメートル。

 エクソンモービルによると、両地域での投資額は32億ドル(約2500億円)に達する見通し。両社は合弁企業を設立し、共同で油田のほかガス田の開発も進める。出資比率はロスネフチが66.7%、エクソンモービルが33.3%となる。

 ロシア西部サンクトペテルブルクに研究技術センターを設立し、エクソンがロスネフチに深海油田の開発技術や環境保護のノウハウなどを提供する計画。ロスネフチはエクソンが開発を進めるメキシコ湾の深海油田や、米テキサス州の油田などの一部権益を取得する権利も持つ。

 調印式に参加したロシアのプーチン首相は「提携は世界のエネルギー市場にとってプラスと受け止められるだろう」と指摘した。ロスネフチは1月に北極海の開発で英BPと資本業務提携で合意したが、5月にBPのロシア合弁企業の株主の反対で提携が白紙となっていた。


▼米エクソンと露ロスネフチ、北極圏での石油共同開発で合意
2011年 08月 31日 02:28 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22941120110830

 [ソチ(ロシア) 30日 ロイター] 米石油大手エクソンモービル(XOM.N: 株価, 企業情報, レポート)とロシアの同業ロスネフチ(ROSN.MM: 株価, 企業情報, レポート)は30日、ロシア北極圏での石油・ガス田の共同開発で合意した。

 同地域での開発計画は当初、英BP(BP.L: 株価, 企業情報, レポート)とロスネフチが提携することで合意していたが、その後BPのロシア合弁会社TNK―BP(TNBP.MM: 株価, 企業情報, レポート)をめぐる対立から、5月には両社が提携を破棄した経緯がある。

 調印式に立会ったプーチン首相は「新たな展望が開かれた」とし、両社の共同開発を歓迎する意向を示した。

 両社は今後、合意に基づき、カラ海にある東プリノボゼメルスク3鉱区、および黒海のトゥアプセ鉱区の開発に32億ドルを投資する。

 ロスネフチの広報担当者によると、投資の大半はエクソンが行う見通しで、計画の第1段階における同社の投資額は15億ドル強の見込み。カラ海でのボーリング探査開始は2015年とした。 

 エクソンは声明で「当該鉱区は最も有望であるとともに世界的に最も開発が遅れており、高い将来性がある」と述べた。

 ロスネフチにはエクソン側の複数の北米探査計画に絡む権益も与えられる。


▼米エクソンと露ロスネフチ、北極海などの油田開発で提携合意(1)
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aV2lg5sRuhCA

8月30日(ブルームバーグ):ロシアの国営石油会社ロスネフチは、北極海の油田開発で英BPに代わるパートナーとして、米エクソンモービルと提携することで合意した。北極圏は世界で資源が未開発のままとなっている地域の一つ。

 合意によると、エクソンは数十億バレルに上る可能性がある北極海原油にアクセスできるのと引き換えに、米テキサス州のシェールガス田とメキシコ湾の深海プロジェクトの権益をロスネフチに付与する。

 エクソンとロスネフチは当初、ロシアの北極海沖合と黒海の探査に32億ドル(約2500億円)を投資する計画。両社が30日の発表資料で明らかにした。ロスネフチは、ロシアの石油大手として初めて米国の油層を開発し、深海やシェール油の事業の経験を得られる可能性がある。

 ロスネフチは当初、北極海の一部であるカラ海の3つの鉱区をBPと開発する計画だったが、BPのロシア合弁会社TNK-BPのロシア側株主がこれを阻止するため訴訟を起こし、提携は白紙となった。ロシアのソチで30日に行われた調印式に立ち会ったプーチン首相は、同国政府がエクソンとロスネフチの提携を「あらゆる面から」支援すると表明した。

 オッペンハイマーのアナリスト、ファデル・ガイト氏(ニューヨーク在勤)は、「石油会社にとって新しい資源へのアクセスは活力源だ」と指摘。「ロシアには開発可能な大規模資源がまだ残っている地域の1つで、エクソンは数カ月前までBPのガールフレンドだった女性と付き合っているような格好だ」と語った。


<関連記事>

Exxon and Rosneft sign Arctic deal (画像引用)
http://www.ft.com/intl/cms/s/0/ffa9d962-d319-11e0-9aae-00144feab49a.html#axzz1WY3W5Fdl


Exxon-Rosneft: Oil’s new Cold War
Commentary: Two energy titans take aim at the Arctic
http://www.marketwatch.com/story/exxon-rosneft-oils-new-cold-war-2011-08-30

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2011/08/31/6082441/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。