Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

「ドンが表現したかったのは人間が本質的に持つ二面性であり、過度の発展により危険をはらむようになった米国社会への批判と警告だ」(朝日朝刊より)2011/02/05 07:13








<関連記事引用>

米社会への批判と警告 イーグルス「呪われた夜」
2011年2月4日
http://www.asahi.com/shopping/tabibito/TKY201102030278.html

 米国・ロサンゼルス。ビバリーヒルズにほど近い「トルバドール」は、伝説のライブハウスです。70年代初め、ここは若いミュージシャンたちのたまり場でした。若き日のドン・ヘンリー(63)も、その一人でした。のちにアルバム「ホテル・カリフォルニア」(76年)で大成功したロックバンド、イーグルスの「顔」です。

 当時、彼らがエネルギーを発散させたのは月曜夜のオープンマイクでした。オーディションに受かれば、自由にステージで演奏する機会が与えられたのです。新人発掘の場でした。そこにドンもいました。シャイローというバンドで、ドラムをたたきながら歌っていました。

 リンダ・ロンシュタットのマネジャーをしていたジョン・ボイラン(69)が、トルバドールでドンを見初めたのは71年春のことです。

 「ドラムもうまいが、何といっても声がよかった」

 ジョンはその夜、バンドが解散したばかりのリンダに頼まれ、ツアーのバンドメンバーを探していたところでした。別の人とデュオを組んでいたグレン・フライ(62)は週250ドルで雇うことで既に話がついていました。イーグルスの始まりの始まりでした。

 「ドンは、『既存の何かをまねるのでもなく、自分の中にあるルーツミュージック(根源の音楽)を体現したい』が口癖だった」。当時を振り返ってジョンが言います。

 でも、それはたやすくはありませんでした。72年にレコードデビューしたイーグルスを常に苦しめたのは、「お気楽バンド」という刻印でした。同年の最初のヒット「テイク・イット・イージー」でついた印象でした。

 75年発表の4枚目「呪われた夜」には暗い雰囲気が漂います。表題曲に描かれるのは、若者たちの退廃的な夜の生活。自分たちの音楽が見つからず、麻薬などに手を染め、さまようドンら自身の映し鏡のようでもあります。「ドンが表現したかったのは人間が本質的に持つ二面性であり、過度の発展により危険をはらむようになった米国社会への批判と警告だ。それが時代に合った」とジョンは振り返ります。

 この作品を機にイーグルスは、ドンやフライが望んでいた「よりハードにロックする」バンドへと転換を遂げ始めました。同時に、メンバーの不和も露呈していくのです。

(続きは2月5日付け朝刊の別刷り「be」をお読みください。)


<関連記事>

The end of the innocence ドン・ヘンリー&ブルース・ホーンズビー
http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2010/03/14/4948510

エジプトとイスラエル間の天然ガス・パイプライン爆発、テロの可能性も ハマス犯行説浮上中2011/02/05 17:01

エジプトとイスラエル間の天然ガス・パイプライン爆発、テロの可能性も ハマス犯行説浮上中


<関連記事引用>

パイプライン狙いテロ攻撃=エジプト
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011020500238

 【カイロ時事】エジプト国営テレビが5日伝えたところによると、同国とイスラエル間のガスパイプラインを狙ったテロ攻撃があった。(2011/02/05-16:24)


エジプト北部で天然ガス・パイプライン爆発 国営テレビ報道
2011.2.5 16:44
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110205/mds11020516440016-n1.htm

 【カイロ支局】ロイター通信によると、ムバラク大統領の退陣をめぐり、騒乱が続くエジプトの北部アリーシュ近郊で、イスラエル向けに敷設された天然ガス・パイプラインが爆発した。5日、エジプト国営テレビが報じた。爆破テロの可能性もあるという。詳細な被害状況は不明。


エジプト北部でパイプライン爆破 「テロ」と国営テレビ
イスラエル向け 2011/2/5 16:55
http://s.nikkei.com/hLF5V8

 【カイロ=松尾博文】エジプト国営テレビによると、同国北部のシナイ半島で5日、エジプトからイスラエルに天然ガスを輸出するパイプラインが爆破された。国営テレビはテロ行為が原因としている。パイプラインに沿って複数の場所で爆発が続いているという。反政府デモによる混乱に乗じたイスラム系過激派組織による犯行の可能性がある。

 イスラエルにとり、エジプトは天然ガスの主要輸入相手国。反イスラエルの立場をとる過激派組織はウエブ上でパイプラインの攻撃を呼びかけていた。




<画像引用>

Hamas blows up Egypt-Israel gas pipeline. Suleiman survives assassination bid
http://www.debka.com/article/20633/