Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

小沢一郎、輿石東、高嶋良充、連合、日教組、自治労をめもめも2010/06/12 11:30



<関連記事引用>

普天間問題、参院民主党に“乱”の兆し
2010.5.27 00:03
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100527/stt1005270005000-n1.htm

 26日午前、国会内で開かれた参院民主党議員総会。普段は本会議の議事進行の説明などが淡々と続くが、この日は違った。

 「比例候補として全国を回っているが、党にもっと危機感をもってほしい」

 改選組の小林正夫氏(電力総連出身)がこう切り出すと空気は一変した。

 「普天間は結局辺野古に戻り、国民は自民党案が正しかったと受け止めている。『民主党はダメだ。鳩山の優柔不断さはダメだ』という声が圧倒的に強い。私たちは(参院選に勝ち)この場に戻ってきたい。打開策の手を打ってほしい」

 「参院のドン」といわれる輿石東参院議員会長、「NO・2」の高嶋良充参院幹事長ら参院幹部の顔がみるみる強ばる中、加藤敏幸氏(電機連合出身)がこれに続いた。

 「衆院に308議席あるから参院選で負けても数合わせで政権維持できると考えているのか!」

 6年前の参院選で小林氏は比例代表でトップ当選、加藤氏は2位当選だった。出席者らは「まさか連合と打ち合わせた上での発言なのか」と顔を見合わせた。



【くにのあとさき】東京特派員・湯浅博 日本を「劣化」させたくない
2010.6.5 03:12
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100605/plc1006050312006-n1.htm

 ところが、議員がもつ生存本能が覚醒(かくせい)されると、メガトン級の力が噴出する。日教組出身の輿石東参院議員会長と自治労出身の高嶋良充参院幹事長が先陣を切ったのはさすがだ。労組のプロだけに職を失う怖さを知っている。

 有権者の怒りと違って議員の動機は不純だ。勢いあまって親分筋の小沢一郎氏まで、結果的に道連れにしてしまった。「鳩山おりれば、小沢までも」である。

 動機が憂国でなく雇用だから、政権公約への反省が少ない。鳩山政権の8カ月は、日本の繁栄と安全のために何が良くて何が悪かったか。検証がないまま、数日でバタバタと新首相をつくった。


連合「首相に軽視されている」不安… 菅政権と微妙な距離感
2010.6.11 23:02
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100611/plc1006112306034-n1.htm

 辞任した小沢一郎幹事長の周辺を排除する“小沢外し”の姿勢が顕著な首相にとって、小沢氏に近い輿石東参院議員会長(日教組出身)、高嶋良充参院幹事長(自治労出身)ら連合傘下の公務員労組系議員は、最もけむたい存在でもある。

 枝野幸男幹事長が就任翌日の8日にまず訪れた団体は、連合ではなく経営者側の団体である日本経団連で、連合との会談は後回しとなった。連合サイドは「古賀氏が出張のため、その時間しかとれなかった」と説明するが、産別労組幹部からは「枝野氏が最初に連合を選ばなかったのは残念だ」との声も漏れた。

 小沢氏の幹事長時代、小沢氏と連合幹部の地方行脚は民主党の選挙戦になくてはならないものだった。枝野氏も同様に実施することで合意しているが、連合は「地方の組合員と頻繁に会ってきた小沢氏と同様の親密な関係を枝野氏と築けるとは思えない」(地方労組幹部)と危惧(きぐ)している。


2010.2.12(その1)
森田実の言わねばならぬ【127】
平和・自立・調和の日本をつくるために[127]
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C06074.HTML

 2月11日夜、栃木県で行われた民主党集会での「小沢コール」「イチロー・コール」の模様をテレビで見た。今後、小沢一郎氏が全国各地を回ったとき、各地で「小沢コール」「イチロー・コール」が起こるのではないかと想像する。おそらく、「小沢コール」「イチロー・コール」という小沢一郎へのゴマスリを先導しているのは民主党の国会議員と労働組合幹部ではないかと想像する。ヒトラーのナチスにおいても、スターリンのソ連共産党においても、ゴマスリ労働組合幹部が「ヒトラー・コール」「ウラースターリン・コール」の先頭に立った。ファシズムや独裁体制形成期においてゴマスリ労働組合幹部が先頭に立つ例は多い。

 いま、民主党は小沢幹事長の両脇にいるのは輿石東参議院議員会長(日教組出身)と高嶋良充副幹事長(自治労出身)である。輿石、高嶋両氏は小沢一家の大政、小政のような存在である。労働組合の連合は民主党小沢体制を支える基盤勢力である。日教組、自治労の巨大な地方公務員の労働組合が小沢ファシズム運動の先頭に立つおそれなしとしない。日教組執行部と自治労執行部が「小沢ファシズム」のお先棒を担ぐ。考えるだけで暗い気持ちになる。労働組合は民主主義の守り手でなければならない。日教組は教師の集団であり、自治労は地方公務員の集団である。権力者になってはならない。


2010.6.8(その3)
森田実の言わねばならぬ【502】
平和・自立・調和の日本をつくるために[502]
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C06451.HTML

 しかし、現実は違った方向へ動いています。日教組出身の輿石民主党参議院議員会長は民主党の独裁者の小沢一郎幹事長の側近第一号の役割を果たしています。自治労出身の高嶋参議院議員は民主党筆頭副幹事長として小沢幹事長の側近第二号的存在です。輿石、高嶋両氏が小沢体制を支えているのです。どう見ても目立ちすぎです。

 私はいま、日教組、自治労はきわめて危うい状況にあると思っています。日教組、自治労の両組合が支えているのは巨大な政治権力です。強大な鳩山・小沢政権が大きな過ちをして、国民に大きな被害をもたらすようになったとき、この政権と一体化している日教組、自治労が責任を負うことは不可能です。日教組、自治労は政治権力と一体化すべきではなく、政治権力と一線を画して、政権が過ちを犯さぬよう監視とチェックの役割を果たすべきです。日教組と自治労がとるべきは「是は是、非は非」の態度を堅持することです。

 繰り返します。労働組合は、自らが支持してきた政党が選挙で大勝利したからといって、調子に乗って政治権力を振り回すようなことをしてはいけないのです。政治権力から一歩離れて好意的中立を守りつつ、政権に対してチェックの役割を果たすべきです。

 最近、鳩山内閣は沖縄米軍基地問題について大きな過ちを犯しました。こういうときに、労働組合はどうすべきでしょうか。批判しなければダメです。批判もできないようでは、労働組合とは言えません。Qさん。ぜひとも、この問題をよく考えてください。

小沢一郎「もう一度よみがえる」=熊野で復権へ意欲2010/06/12 19:36

小沢一郎「もう一度よみがえる」=熊野で復権へ意欲:テレビ朝日-鳩山前総理万博で挨拶 小沢前幹事長は熊野古道散策


この人だけは熊野に来て欲しくなかった。
今度来るときは議員バッチを外し、一人で来て欲しい(カー、カー)

なおカラスは現在W杯で大忙し。
小沢の再生に構っている暇はありません(キッパリ)

<画像引用>

鳩山前総理万博で挨拶 小沢前幹事長は熊野古道散策
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200612031.html


<関連記事引用>

小沢氏「自分洗い直し努力」 熊野古道散策
http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061201000574.html

 民主党の小沢一郎前幹事長は12日午後、和歌山県田辺市で世界遺産の「熊野古道」を散策。記者団に「古道を歩くと身も心も再生する。自分をもう一度洗い直し、全力で努力していく」と現在の心境を語った。

 辞任後初の参院選に向けた地方行脚として和歌山県入りした小沢氏。菅政権誕生による内閣支持率回復について「本当によみがえったかどうかわからないが、私も鳩山由紀夫前首相も政治家としてのけじめをつける気持ちで身を引いた。国民が『よろしかろう』と判断してくれればいい」と強調した。

 今後の自身の政治活動に関しては「常に自分の気持ちを捨てて政治に取り組んでいる。ポジションには何も固執していない」と述べた。


「もう一度よみがえる」=熊野で復権へ意欲-民主の小沢氏
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2010061200280

 「この地は再生、よみがえりということで、昔から病んだ人がここに来てもう一度再生する古くからの信仰の地だ」。民主党の小沢一郎前幹事長は11日、和歌山県を訪れ、地元の連合幹部と懇談した後、世界遺産に登録されている熊野古道を歩き、こう語った。幹事長辞任で党内での影響力低下がささやかれる中、「復権」への意欲をアピールした格好だ。

 小沢氏が2日の辞任後、地方に出掛けるのは初めて。同県田辺市の熊野古道で軽く汗を流した後、同氏は記者団に「肉体的にも精神的にも辛抱強く頑張る。その先に大いなる希望、夢が実現できる」と、自らの境遇をだぶらせながら強調。一方で「私は常に無私。だから、ポジションとか何も固執しておりません」と語り、「一兵卒」として菅内閣を支える姿勢も示した。 

 これに先立ち、小沢氏は和歌山市で連合和歌山の幹部との意見交換会に出席。自らの辞任を振り返り、「もうちょっと早い方がよかったけど、かなりぎりぎりのタイミングでセーフだった」と語った。以前から辞任の時機を探っていたとも取れる発言で、「鳩山(由紀夫前首相)さんと話してああいうタイミングになった」と説明した。

 また、参院選での同党候補への支援を要請し、「幹事長時代の動きはできないが、ぼちぼちやる」と述べた。(2010/06/12-17:56)


熊野古道滝尻王子で参院選必勝祈願 民主党の小沢前幹事長
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=191398

 民主党の小沢一郎前幹事長が12日、田辺市中辺路町の熊野古道滝尻王子を参拝。参院選での党の必勝を祈願した。

 水本雄三白浜町長や玉置公良・民主党衆院議員(和歌山3区)が案内。地元の語り部から滝尻王子にまつわる歴史を聞きながら、王子社から奥へと続く急な上り坂などを約20分歩いた。

 熊野古道を初めて訪れた理由について「世界遺産の地を一度訪れてみたかった」と語った。「熊野は再生の地と聞き、自分も気持ちが洗われた。山道を歩くことで肉体的にも精神的にも忍耐強くなる。民主党も辛抱強くがまんして、努力を重ねたい」と感想を述べた。