Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

常識はずれの罷免カード、返り血浴びる鳩山内閣2010/05/31 09:38




5月28日の福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)罷免の第一報を聞いたときの感想。それは「罷免とはひどい」というもの。

社民党を支持していない私でもそう思ったぐらいだから、社民党関係者はさぞかしお怒り。連立離脱も当然というもの。

連立パートナーの閣僚、しかもその党首を罷免するという情け容赦ない民主党の決定。この点を毎日新聞は次のように書いている。


▼在日米軍再編:普天間移設 福島氏罷免 社民、首相への反発渦巻く
2010/05/29 毎日新聞 朝刊

罷免、戦後5人目

 福島瑞穂消費者・少子化担当相の罷免は戦後5人目の閣僚罷免となる。憲法68条の「首相は任意に国務大臣を罷免できる」との規定に基づくもので、05年の郵政解散で衆院解散の閣議書への署名を拒否した島村宜伸農相(当時)の罷免以来、約5年ぶり。実質的に更迭された閣僚でも、形式上は自ら辞表を出す形をとるのが通例で、その上今回のように連立与党の党首クラスが罷免されるケースは極めて異例だ。



罷免を発表した後も鳩山首相は社民党に連立維持を求めていた。このことに関し、社民党の又市征治副党首は「支離滅裂、常識はずれだ。正常な判断を失っている。そういう人が大事な局面は乗り切れない。もう一国の首相の資格はない」と痛烈批判。

又市副党首の言い分は正しい。誰がどう見ても筋を通しているのは社民党。罷免を突きつけた民主党は非常識。人事面での対応すら満足にできていないことを曝け出した。

そもそも鳩山首相は普天間問題で社民党の主張に沿うかのような対応を取りながら、最後の最後で裏切った張本人。みんながそれを覚えている。

それを示す衝撃的な数字がある。

読売新聞は29~30日に緊急全国世論調査(電話方式)を実施。普天間問題に関しては、移設先を「最低でも沖縄県外」などとした首相の一連の言動を「問題だ」と思う人はなんと81%。

さらに衝撃的な数字は当然沖縄から。毎日新聞と琉球新報は28~30日に沖縄県民を対象の合同世論調査を実施。鳩山内閣の支持率は1ケタの8%。昨年10~11月に実施した合同調査の63%から大幅に下落。

この「1ケタ8%」の結果を受けて、毎日は『「最低でも県外」「地元合意を得ての5月末決着」の約束を破る形になった鳩山首相への不信感が沖縄県民に広がっていることを示した』と指摘。今沖縄では鳩山首相は完全な裏切り者だということ。

読売調査によると民主支持層でも首相の資質に疑問を感じる人は62%。こうした声がもはや無視できない水準にまで達していることは明らか。

常識はずれの罷免カードで返り血浴びる鳩山内閣。「参院選大敗」の危機感が漂う中、民主党内からも鳩山首相の責任問う声が強まることは避けられない。

しかし、それでもまだ磐石。FNNによれば、民主党幹部は「衆議院で308議席を握っているんだから、社民党の離脱があっても政権は微動だにしない」と自信を示したとか。しかも、「鳩山首相が自分からは辞める可能性は低いから、このまま参議院選挙に突っ込み、そのあと政界再編だ」との怖い予測まで飛び出している。社民党なき後の自民党との連立による憲法9条改正。そのシナリオが存在するのかもしれない。

昨年の衆院選での民主勝たせすぎ。当然返り血は国民にも降り注ぐことになる。


<関連記事>

選挙協力は首相の退陣が前提 社民党の又市副党首
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010053001000219.html

クローズアップ2010:普天間・閣議決定 「配慮ない」社民猛反発
http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20100529ddn003010015000c.html

内閣支持19%、首相「退陣を」59%…読売調査
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100530-OYT1T00711.htm

毎日世論調査:辺野古移設に反対84% 沖縄県民対象
http://mainichi.jp/select/today/news/20100531k0000m010043000c.html

社民党連立離脱 民主党内に鳩山首相の責任問う声 「参院選大敗」との危機感も
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00178240.html

コメント

_ とおる ― 2010/05/31 10:18

鳩山首相・小沢幹事長・民主党は、他者に対する思いやりに欠ける性質を持った人たちのように思えます。(今に始まったことではありませんが、今頃気がついた人には大変なショックでしょう)
社民党は政権離脱して、野党の頃の生き生きとした発言が出来て、やはり、健全な批判野党がお似合いです。選挙協力や不信任で下手な態度を示せば、偽装政権離脱とか偽装離婚と思われることでしょう。

鳩山首相の人間性について、やっと述べることができるようになったようです。
・BSフジLIVE PRIME NEWS 『人間・鳩山由紀夫研究 腹心・元同志らが語る 資質と展望/大下英治』
 http://www.bsfuji.tv/primenews/schedule/index.html#Mon
・月刊WiLL 「特集 鳩山総理を精神分析」
 http://web-will.jp/

_ とおる ― 2010/05/31 13:07

> 社民党なき後の自民党との連立による憲法9条改正。

わぁ~、自民党と民主党の連立は、「政権交代可能な二大政党制」というブーメランが待ってます~。

鳩山首相を辞めさせても、辺野古への移設は、民主党としては、どうするつもりなのでしょう?
・辺野古移設の日米共同発表を閣議決定した閣僚の皆様方の行く方や、いかに?
・沖縄県内移設反対の多さに民主党内は同調するの?
・「政策の与党(民主党)政府の一体化」を撤回?

_ ks ― 2010/05/31 18:29

ツイッター
>何かあるぞ

これか?
首相は拉致問題解決へ中国の協力望む=日中首脳会談で官房長官
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15591020100531

_ Y-SONODA ― 2010/06/01 09:20

★とおるさんへ

>偽装離婚

そういえば自民の安倍ちゃんが「福島氏は結婚詐欺に遭ったようなもの」などと語っていますね。
もう完全にブーメランが民主にグサリ。血まみれですね。
自民にチャンス到来。水面下で動きまくっていますよ。

★ksさんへ

>>何かあるぞ

これはもう鳩山ちゃんの進退問題。
昨日は朝から電話がジャンジャン。いろんな憶測が飛び交っています。
何かあることは間違いないようですよ。
支持率回復のためにいろんなカードを切ってきますよ。

_ とら猫イーチ ― 2010/06/01 18:04

 社民党の基盤は少数でも、旧社会党のコアな支持者で固めているため、自公政権と同じ案では同意しないことは分かっていた筈。 参議院の員数合わせだけ考えて、自分の理想的政策の現実的実現性を全然考慮しないおぼっちゃまが、大臣の椅子を餌にF子の貞操を奪おうとして、拒絶されたのです。
 もうやめた、となるのか。 辞任しても、次の選挙は大敗で決まり。 F子の恨みは怖いぞ。 やめても許してはくれないぞ。

_ トンチンカン ― 2010/06/01 20:49

日中首脳、海上危機回避にホットライン開設
http://www.afpbb.com/article/politics/2731790/5823509

う〜ん、どう見るべきでしょうか。

_ Y-SONODA ― 2010/06/02 08:59

★とら猫イーチさんへ

>辞任しても、次の選挙は大敗で決まり。 F子の恨みは怖いぞ。 やめても許してはくれないぞ。

この際、鳩山が大暴れしないかと期待する私。
どう考えても輿石らのほうが変。バッサリ斬ったら鳩山ファンになりそう(笑)

★トンチンカンさんへ

>う〜ん、どう見るべきでしょうか。

このあたりはしばらく様子を見ないとわからないかもね。
すでに騒ぎ始めている人はいるみたいですけど。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2010/05/31/5127217/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。