Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

「夷を以て夷を制す」に学ぶ2009/06/07 01:59

魏源『海国図志』



「夷を以て夷を制す」

《「後漢書」鄧禹伝から》
外国を利用して他の国を抑え、自国は戦わずに利益を収め、安全を図る。
夷を以て夷を攻(せ)む。以夷制夷(いいせいい)。
大辞泉

後漢書(鄧訓伝)
異民族を利用して異民族をおさえる。敵国をおさえるのに、他国の力を利用する。
以夷制夷(いいせいい)。
大辞林


<アヘン戦争後>

「夷の長技を師とし以て夷を制す」 魏源 

「夷の術を以て夷を制す」 佐久間象山


『聖武記』、『海国図志』で知られる魏源は当時の中国国内では評価されず。
むしろ、その思想は佐久間象山や吉田松陰を通じて日本上陸。

明治維新を経て、「夷の術(軍備)を以て夷に敗れ」、今や「夷の術(経済)を以て夷と踊る」。

意味からすれば魏源、佐久間のいずれ言葉も「夷を以て夷を制す」とは似て非なるもの。

アヘン戦争が基本を忘れさせたのか。


あの時は、英国、中国、ロシア、そしてドイツでさえも米国を利用して日本をおさえようとした。
彼らは裏で手を握りながら、日本を刺激して米国にぶつけようと謀り、見事成功。

最近ではイスラエルは米国を利用してイラクをおさえ、次にイランを狙っている。
もはやイスラエルは「夷を以て夷を制す」のプロフェッショナルといってもいい存在。

そして今、米国は中国を利用して北朝鮮をおさえようとしている。
その先、米国は中国をおさえようとする。
この時、どこが利用されるのかを今から考えておくべし。

日本もまた米国を最大限に利用することができる。
これぞ憲法九条究極のトリック。
強敵が現れた時はイスラエルに学べ。
米国内の協力者を操りながら、「米国がやらなければ自分でやるぞ」と脅せばよい。

自ら切れて戦いに進み出るのは単なるお馬鹿さん。
もう二度と同じ過ちを繰り返してはならない。

「戦うべき時は戦わねばならない」(6月7日麻生首相街頭演説)ではなく、
戦うべき時こそ自らは戦わず、敵同士を戦わせるべし。

今こそ「夷を以て夷を制す」を見直そう。


<関連記事>

アヘン戦争 どう伝わったか
http://www.asahi.com/international/history/chapter01/01.html

佐久間象山と魏源
http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/12843/1/6_069_081.pdf

「師夷制夷」と「独立自尊」に関する比較研究
http://www1.tcue.ac.jp/home1/c-gakkai/kikanshi/ronbun9-4/su.pdf

コメント

_ (未記入) ― 2009/06/07 18:33

もーがまんの限界!

_ リアリスト ― 2009/06/07 19:09

奴等の発想人間じゃねーっす!

_ とおる ― 2009/06/07 21:30

ワシントン幕府(US幕府)が、征夷大将軍としての働きをしなければ、官職の取り上げされちゃいます。将軍の地位を失えば、日本の富・人材・地理を利用できなくなるばかりではなく、別の征夷大将軍が任命されてしまい、アジア連合(ロシア・中国・日本・イスラム連合 ⇒親中派の民主党の役割?)の一員として活動されては困ってしまいます。

中国にとって、下手に愛国教育(反日教育)や南京虐殺記念館などを作って、実力以上に日本の恐さを洗脳していまったので、世界一の経済大国(あくまでも規模だけの政界一)になってもしばらく、トラウマを治癒するのに時間がかかりそうです。

鳩山兄弟も、役割を演じているのでしょうか?

_ Y-SONODA ― 2009/06/08 01:39

(未記入)さん&リアリストさん&とおるさんへ

魏源という人物に注目してくださいね。
この人を追いかけると中国と日本の本質的な違いが見えてくるかも。

このサイトの質疑応答が実に面白いですよ。

Comparative Studies of Logic Project
http://home.hiroshima-u.ac.jp/logos/logica/27a_090123_prt.html

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2009/06/07/4351092/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。