Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

メキシコの麻薬戦争と麻薬カルテル2009/04/15 07:10

メキシコの麻薬戦争と麻薬カルテル


4月13日記事のアフガニスタンに続いて、メキシコの麻薬問題を。

メキシコでは麻薬カルテル間の縄張り争いが激化する中、
海外メディアは普通に麻薬戦争(drug war)を用いて報道しています。

※メキシコのメジャー・カルテル=ガルフ(Gulf)、シナロア(Sinaloa)、ティフアナ(Tijuana)、フアレス(Juarez)については画像参照下さい。

ロイターによれば、昨年の麻薬絡みの死者は空前の約6300人にまで跳ね上がったとのこと。
今年3月、メキシコ政府は無法地帯化しているシウダフアレスに軍5000人、連邦警察2500人を増派。
この影響から殺人事件は昨年10~12月期よりも約25%減っているものの、
今年1月~3月期の死者はそれでもなんと約1600人。

「共同責任」に言明した3月のヒラリー・クリントン国務長官に続いて、
まもなくオバマ大統領がメキシコを訪問予定。

アフガンとメキシコの麻薬問題はオバマ政権に仕掛けられた罠のように見えてきます。

麻薬事情に通じたテキサス共和党の連中はほくそ笑んでいるのかも。


<関連記事>

オバマが挑むアフガン麻薬撲滅作戦
http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2009/04/13/4242492

Mexico says death toll from drug war is falling
http://uk.reuters.com/article/worldNews/idUKTRE5320CG20090403

メキシコの「麻薬戦争」、リセッション深刻化の要因に
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-37329420090405

CRS Report for Congress on Mexico’s Drug Cartels
http://www.fas.org/sgp/crs/row/RL34215.pdf

Mexico, Drug Cartels, and the Merida Initiative: A Fight We Cannot Afford to Lose(画像引用)
http://www.heritage.org/research/LatinAmerica/bg2163.cfm

Central America: An Emerging Role in the Drug Trade(画像引用)
http://www.stratfor.com/weekly/20090326_central_america_emerging_role_drug_trade

コメント

_ ゴンベイ ― 2009/04/20 22:39

先日の2010年度米軍事予算案の記者会見で行われたメキシコの麻薬戦争に関する質疑を貼り付けようとしているのですが何度やっても反映されません。英文の量が多すぎるということでしょうか。
要は史上初めてメキシコ軍が米国内で訓練を行うことが確認され、非対称戦争の戦い方について米軍がメキシコ軍に教えるということです。

_ Y-SONODA ― 2009/04/21 06:45

ゴンベイさんへ

文字数の制限もあるのでしょうか。

私はメキシコだけの問題では終わらないと思うんですよね。
やはりメキシコから米国内に飛び火するのではないかと。
なにやら恐ろしい事態になりそうな予感。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2009/04/15/4245811/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 米流時評 - 2009/04/17 09:18


    ||| 海軍伝説 殺しのライセンス |||
 米国海軍の特殊任務遂行部隊 NAVY SEALs 究極任務の殺しのライセンス
 ソマリア海賊の人質事件でクローズアップされた ミッションインポッサブル
記事の写真を色々探していたら、やはりこの海軍の特殊部隊 NAVY SEALs は只者ではない。紛争地域での敵前上陸や諜報情報の収集、任務遂行のための「殺しのライセンス」もあるようだ。

ただし戦闘行為として認められた状況でなければ、軍属の任務そのものも発生しない訳で、これは大分前の映画のタイトルにもあった『Rules of Engagement』が問われる状況だ。また、...