Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

「ベント」問題で新事実、東電社長乗せた自衛隊機Uターン、責任転嫁の民主体質浮き彫りに2011/04/27 07:45





<関連記事引用>

震災当日に東電社長乗せた自衛隊機Uターン-防衛省が指示
2011年 4月 27日 6:08 JST
http://jp.wsj.com/Japan/node_228603

【東京】政府は26日、東京電力の清水正孝社長が3月11日の東日本大震災とそれに伴う津波を受けて福島第1原子力発電所で事故が発生して数時間後に出張先から航空自衛隊の輸送機でいったん離陸した後、政府の判断で引き返していたことを明らかにし、被災者救援のための輸送に自衛隊輸送機が必要だったと説明した。

 枝野幸男官房長官と北沢俊美防衛相は、26日の記者会見でこの事実を確認。大地震と原発事故発生直後の判断において、著しい重圧と混乱が生じていたことが浮き彫りになっている。

 このことからも、東日本大震災発生後、清水社長が出張先の関西地域から同日中に統合連絡本部を置く東京の同社本店に引き返せなかった理由の説明がつく。本来なら清水社長は東電の危機対応チームを率い、原子炉格納容器の圧力を下げる作業(ベント)といった緊急措置を承認するところだ。

 清水社長が東電本店に不在だったために、事故発生直後の数時間という極めて重要なときに難しい決断を下すことに遅れが生じた可能性があると一部では指摘されている。

 3月12日朝になってようやく清水社長が東京に戻った際、福島第1原発1号機では燃料棒が過熱し、容器内の圧力が危険な水準に達していたが、東電はベント作業を開始していなかった。専門家らはベントの遅れが同日の同原子炉建屋での爆発につながった可能性があると指摘している。

 清水社長は先月12日朝、東京に向かうヘリをチャーターした。同社長は滞在先から事態の対応に当たり、すべての対処は適切だったと述べている。

 北沢防衛相と枝野官房長官は26日の記者会見で、東電の清水社長による自衛隊輸送機の利用を拒否する判断を擁護し、3月11日夕方までは社長が東京に戻る他の手段があったと主張した。

 枝野官房長官は、東電の社長が動けないようなところで立ち往生していたのであれば自衛隊機への要請は理解できるが、「名古屋-東京間は車を飛ばしても走れる状況だった。なぜ、自衛隊に頼んだのか」と反論した。

 一方、東電の広報担当者は、先月11日のマグニチュード9の大地震直後には主要な高速道路は閉鎖され、新幹線も走っていない状態だったと言及した。さらに、清水社長は名古屋まで東進できただけだったと述べた。

 清水社長は自衛隊に対し輸送機での東京への移動を要請し、担当者らの承認を得て、同社長を乗せた自衛隊機は午後11時30分に名古屋を離陸した。

 しかし、北沢防衛相は実際、その10分前の午後11時20分に被災者救援のための輸送を最優先すべきだとして、清水社長の要請を拒否していた。自衛隊の担当者が清水社長を乗せた自衛隊機に名古屋へ引き返すよう命じた。その結果、清水社長は翌朝になって東京に到着した。


東電社長・自衛隊機利用問題 枝野氏らが責任転嫁 「車を飛ばすのが当然だ」 実際には不可能
2011.4.26 23:40
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110426/plc11042623410023-n1.htm

 東京電力の清水正孝社長が、福島第1原子力発電所が深刻な状況に陥った3月11日夜、出張先から東京に戻るため航空自衛隊輸送機で離陸した後、政府の判断でUターンさせられた問題で、枝野幸男官房長官と北沢俊美防衛相は26日の記者会見で「清水氏は陸路で帰京できたはずだ」として、政府の対応に問題がなかったとの考えを強調した。実際には、東日本大震災直後に東海道新幹線は運行停止し、東名高速など主要道路も通行止めや渋滞で利用できなかった。何でも東電に責任転嫁する政権の体質がまた浮き彫りとなった。

 枝野氏は「名古屋-東京間は車を飛ばしても走れる状況だ。なぜ自衛隊に頼んだのか。自衛隊機が飛ばないなら自動車を飛ばすのは当然だ。常識ではないか」と強弁。「北沢防衛相は(輸送機について)被災者救援の輸送を最優先すべきだと指示していた。被災者救援に総力を挙げていた状況だったので防衛相の指示は妥当だった」と正当性を強調し、清水氏を輸送機にいったん乗せた自衛隊に対して「防衛相決裁を受けずになぜいったん飛び立ったのか、逆に不思議だ」と不快感を示した。

 北沢氏も「新幹線が動いていて高速道路が閉鎖されていない中で対応する道がそれぞれあったのではないか」と述べ、責任を清水氏に押しつけた。

 清水氏は3月11日午後、地震発生を受けて奈良市から名古屋市に移動。その後、陸路は厳しいと判断し、空自小牧基地から輸送機に搭乗したが、約20分後Uターンさせられた。

 だが、JR東日本とJR東海によると、東海道新幹線(名古屋-品川区間)は地震発生当時に運行中の列車が約4時間後に運転再開したのみで、他は運転を見合わせていた。在来線の東海道本線も運行を取りやめている。

 さらに中日本高速道路によると、3月11日夜の東名高速道路は清水(静岡県)-富士(同)インター間が通行止め。中央自動車道で迂回(うかい)しようにも山梨県内の2区間が通行止めとなっていた。主要国道も大渋滞が起きており、枝野氏らの言うように「車を飛ばす」のは不可能だった。


東電社長、震災当日に自衛隊機を要請
http://www.mbs.jp/news/jnn_4710656_zen.shtml

 連日、原発対応などに追われる東電のトップ清水社長。実は、大震災当日、東京に戻るため自衛隊の輸送機に乗り込んでいたことがわかりました。

 建物から出てくるサングラスをかけた男性。震災翌日の東電・清水社長です。

 (Q.圧力を逃がす手順や時期は?)

 「これから」(東京電力・清水正孝社長)

 数人の出迎えを受けた清水社長は、このあと迎えの黒塗りに乗り込んで東電本社へと向かっていきました。

 防衛省によると、震災当日、出張先の関西にいた清水社長が「東京に戻るため自衛隊の輸送機を使いたい」という要請が防衛省にあった、といいます。清水社長を乗せた輸送機は、愛知県の小牧基地から午後11時半頃離陸。しかし、北澤防衛大臣が、「輸送機は被災者の救援のために優先して使うべきだ」と判断、機体は基地に戻りました。

 「連絡、調整の不備、行き違いがあったと聞いている」(北澤俊美防衛相)

 結局、清水社長は翌日、民間のヘリで東京へと戻りました。

(Q.現地の状況をどう聞いている?)

 「・・・」(東京電力・清水正孝社長)

 こうした事態に枝野官房長官は「空からの被災者の救援に総力を挙げていた状況で、防衛大臣の指示は妥当だった」と述べています。

 防衛省の自衛隊機への搭乗に関する訓令では、「救急患者」や「捜索救助」など以外で、民間人が自衛隊機に搭乗できるのは、「防衛大臣が特に必要と認めた部外者」と規定されています。(26日22:55)

コメント

_ ななお ― 2011/04/27 19:04

園田さん、この問題は民主党だけの問題じゃないよ。
自民党だって、イシバさんの娘が東電に就職したでしょう?
民主党のほうが反日左翼政党でより問題なんだけど、自民党だって色々問題だよ、本当。
というのは、自民党は民主党みたいに反日政党ではないのだけど、結局、利権に弱い政党だから、いわゆる反日的な勢力にも利権がらみで癒着して、なかなか改革できなくなるのよ。
よって、自民党や保守勢力にお灸を添える意味でも、まだまだ民主党に与党として暴れまわってもらわないといけないと思う。

_ Y-SONODA ― 2011/04/28 08:23

ななおさんへ

何度も繰り返しますが自民だったらもっとうまく対処できたなどとは思っていません。
これまでの経緯から東電については自民の方がむしろ問題あり。

しかし、今回の原発事故及び計画停電における民主の対応はひどすぎる。
お坊ちゃまが多い自民だとここまで大それたミス連発はできなかっただろうと(笑)
しかも癒着から東電の癖も見抜いていたでしょう。この点でも民主の経験不足。

民主の右は自民より右。
民主の左は社民より左。
あくまでも政権交代のためだけの集団。
ならば政権交代達成後の内ゲバ騒動なんてもう見えていたこと。
もう解体だと思います。
政治信条なき政治家ほど醜いものはない。

_ ななお ― 2011/04/30 15:18

園田さんが、民主党も自民党も問題を抱えていると思っていらっしゃることは分りました。でも、だからといって、自民党政権に後戻りさせようと思ってはいけません。マシなのは、民主党のほう。

今回の東電の件は、民主党政権の対応の拙さに問題があるとしても、その東電の問題の要因を作ったのは、民主党政権ではなく、間違いなく自民党政権のほうです。自民党がこの問題を作らなかったら、民主党の対応の拙さを示す機会もなかったw そして、今回の東電の件は、対応がうまくいっていたとしても、東電の原子炉の設計段階で問題があったことも分っており、それを作ったのは、間違いなく自民党政権であり、民主党政権ではありません。

そして、自民党の政治家にも、自民党の責任を言及される良識な自民党議員もいる。

「日本の原子力は全体が利権になっている!」河野太郎議員会見
http://news.livedoor.com/article/detail/5525056/?p=2
Q:なぜ、合理的に説明できない原子力発電が推進されてきたのか?
Q:なぜ東京電力は送電と発電の分離をかたくなに拒んで来たのか
Q:再生可能エネルギー発電、日本の風土に適したものは?
Q:自民党の歴代政権が原発を推進してきたが今回の事故後に、反省、謝罪を聞いたことがない。そんな自民党に未来はないのでは?

_ Y-SONODA ― 2011/04/30 20:19

ななおさんへ

以前もポロッと呟いたことがあるのですが、
私の場合、物心ついた時には自宅に政治家やらその秘書やら。
身近に彼らを見ていたせいかそもそも期待などなし(笑)
よって自民でも民主でも大して変わらないだろうと。
(余程気に入らない人は叩きますが・・・汗)

案の定、こんな時に大いにぶれちゃう政治家が多数。
ぶれる、つまりは小者ということ。
中でもご指摘の河野太郎などはその典型。
「日本の原子力は全体が利権になっている」と言われても、今更何よとしか言いようがない。
「今まで何やっとんたんじゃい」まで言いたくなる。
私のような変人基準も参考にしてみてください。

_ ななお ― 2011/04/30 22:46

>よって自民でも民主でも大して変わらないだろうと。

いや、だったら、なおさら、自民にはもっとお灸をすえて、民主党には政権を任せるべきですよ、両党が変わらないのならw

今回の原発事故の根源は自民党であり、間違いなく自民党に罪がある。民主党にも事故への対応に問題がありましたが、でも、その事故自体の根源を作ったのは自民党であり、自民党がその根源を作らなかったら、民主党は事故への対応で苦労することもなかった。民主党は、自民党の尻拭いをさせられているのです。

>案の定、こんな時に大いにぶれちゃう政治家が多数。
>ぶれる、つまりは小者ということ。
>中でもご指摘の河野太郎などはその典型。

意味不明です。小心者って...勇気を出して、自民党の罪を認めている良識ある自民党議員の河野先生の対応を、「小心者」と切り捨てる心情が理解できません。 いくら何でも、それはないと思いますよw

民主党政権のこれからの対応ですが、外相に松本議員をたてたのは悪くはないと思いますよ。彼は民主党の議員の割には、比較的にうまくやっていると思います。これで、アメリカ政府の日本民主党叩きの手が緩まることが期待できます。

アメリカをはじめ、欧米の政府やマスコミも分っているのですよ。日本の負の部分は、55年体制であり、自民党一党独裁政権だったということを。自民党の負の部分を完全に消滅させるためにも、何が何でも民主党政権をバックアップするしかない。そして、次の衆参両選挙までに、自民党やその取り巻きが二度と立ち上がれないくらいに徹底的に叩きなおさなければいけない。産経新聞であったり、正論であったり、様々な自民党の応援団のマスコミなり組織を衰退・解体させ、朝日新聞や毎日新聞やテレ朝、TBSのような良識の新聞やテレビ局を守っていかないといけない。

_ Y-SONODA ― 2011/05/01 08:56

ななおさんへ

今回の原発事故で相当お怒りなんでしょうね。
これまでの自民の原発政策への怒りもこみ上げてきた。
多くの日本人が今そんな感じ。

一方でこの私、大学時代はかなりの遊び人。
波乗りついでに全国の原発を見て歩いたのは30年近くも前のこと。
反原発運動にも巻き込まれそうになりましたが、そこに何か気持ち悪さを感じた。

最近よく思うこと。
それは高木仁三郎が生きていたら今どんな発言をするのか。
高木が生きていた頃と比べると脱原発、反原発運動の劣化を感じるのは私だけでしょうか。
今また高木の「いま自然をどうみるか」などを読み返しているところ。

正直なところこの30年で私の場合はある程度覚悟ができていた。
それでも経済を考えると反原発と言えない私は悪人。

脱原発の現実的な取り組みは今までもこれからも大いに応援しますよ。
ななおさんのアイデアもぜひ聞かせてくださいね。

_ Y-SONODA ― 2011/05/03 10:33

ななおさんへ

市民派菅直人支持、いいんじゃないですかねー。
応援しています。ほんとにマジで。

先日の高木仁三郎に今日のジャクソン・ブラウン。
高木も今なお嫌いじゃないし、JBなんて中学からの大ファン。

これでもしあなたがピンと来ないのであれば、
もう少し修行が必要かと思います。

修行を積んでいれば本物か偽者かの区別ぐらいできる。
わたしゃ右でも左でも本物は好きですよ。

_ ななお ― 2011/05/03 18:29

>園田さん

いやいや、私は、自民党も民主党もどちらも支持していません。どちらにも不満がある。
ただ、どちらかの政党を選ばないと、日本の政治が動かない。第三の政党を選択といっても、公明党や共産党を選ぶのは、ちょっと...という感じですw みんなの党も、大政党になるとは思えないし、維新政党も減税日本も、地方政党どまりでしょう。

そういうふうに考えた時に、やはり、物事を消去法で考えないといけない。民主党には不満なんだけど、自民党は問題外だ、仕方がない、民主党を選ぶしかないと、どうしても、そうなりますよね。

ただ、菅首相は、頑張りたくとも、野党の自民党をはじめ、足を引っ張るような連中が多くいる。あと、最近、インターネットのポータルサイトで力を増している産経WEBも問題外だ。これらを衰退・解体に持っていかないと、日本の未来はありません。

ただ、中には野党でも協力してくれるかもしれない勢力があって、公明党なんかもそう。たしかに、私は公明党には少しアレルギーはある。ただ、政策とか見ても、自民党よりは、だいぶんマシです。これも、結局は、消去法で、公明党を選ぶしかなくなる。

そういうふうに消去法でみたら、菅政権と公明党の連立って、意外に悪くはないと思うのです。もし、連立が成功したら、選挙区分けを改正して、一票の格差を是正し、より民主的な区分けにする。そうすれば、自民党は政権に復帰するのを阻止できますしね。

_ Y-SONODA ― 2011/05/05 08:53

ななおさんへ

いいんじゃないでしょうか。
人それぞれなのでわたしゃなんとも言えません。

_ 通りすがりの麻美 ― 2011/05/21 13:00


はっ?
ななおさんとやらは、民主党の工作員かなにかでしょうか。
どこが自民より民主がマシなのかさっぱりわかりません。
根本的に民主党はナイです。
日本の政党とは露程も思えません。

自民にお灸?なんて言っている連中は、その結果日本がどれほどとんでもないことになったか、どれほど国益を損ねたか理解もできないのでしょうか。
そういう人達の罪は果てしなく重いです。

_ Y-SONODA ― 2011/05/22 09:53

通りすがりの麻美さんへ

>ななおさんとやらは、民主党の工作員かなにかでしょうか。

どうなんでしょうね。
工作員なのか、熱心な支持者なのか、それとも信者さんなのか。
民主党支持者って信者化する人が多そうですし。
まぁでもこの時期の菅支持はなかなか立派ではないかとも思いますよ(笑)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2011/04/27/5826788/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。