Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

与謝野氏、蓮舫氏を「非人間的」と激しく批判2010/06/09 00:07






実際の蓮舫氏の発言は次のとおり。
それでも大騒ぎになりそうな予感がする。

参議院会議録情報 第164回国会 予算委員会 第16号
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/164/0014/16403240014016c.html

○理事(市川一朗君) 関連質疑を許します。蓮舫君。

○蓮舫君 民主党・新緑風会の蓮舫です。
 今日は、障害を持つお子さん、障害児について質問していきますが、まず川崎厚生労働大臣、障害者扶養共済制度について、その概要について教えてください。

○国務大臣(川崎二郎君) お尋ねの心身障害者扶養共済制度は、心身障害者の保護者の相互扶助の精神に基づいて、保護者が一定額の掛金を納付することにより保護者の死亡時などに子供である障害者に終身一定額の年金を支給することにより、障害者の将来に対して保護者が抱く不安の軽減を図ることを目的とした任意加入の制度でございます。
 具体的な仕組みでは、道府県等が条例に基づき実施する心身障害者扶養共済制度を独立行政法人福祉医療機構が再保険することとしており、制度の骨格は、障害者の保護者が道府県等に加入申込みをし、保護者の年齢に応じて一定の保険料、月々三千五百円から一万三千円まで、これは入った年齢によります、お納めいただき、その保険料を原資として団体生命保険に加入し、保護者が死亡したときの保険金を原資として信託銀行に信託し、子である障害者に一月当たり二万円を給付することになっております。
 なお、二口までの加入が認められております。

○蓮舫君 お手元にパンフレットの資料をお配りしておりますけれども、この共済制度は障害児の保護者が入る私的保険制度の一種として始まったものです。障害を持つお子さんを育てている保護者の最大の悩み、考えるとつらいのは、自分が死んだ後、子供は生活していけるのか、もっと言えば生きていけるんだろうか、こういう不安の声にこたえたのが障害者扶養共済制度なんです。

 猪口大臣はこの制度を御存じでしたでしょうか。障害児も大切な命と考えるとこの制度をどのように思われるか、併せてお知らせください。

○国務大臣(猪口邦子君) この制度を私が知っていたかということでございますか。この質問に来るまでにもちろん当然勉強してきております。そして、これが重要であるというふうに認識しております。

○蓮舫君 この質問の通告をしなければ知らなかったと理解をさせていただきます。
 この制度は、出発は私的保険制度だったんですが、その後、自治体も国も支援をしてきています。障害児を育てている保護者の不安を軽減するのも、支援策を進めるのも、あるいは障害児がはぐくんでいく環境を育てるのも政治がやらなければいけないと思いますが、猪口大臣、川崎厚生労働大臣、この保険制度、必要ある、必要ない、どちらとお考えか、その理由も併せてお聞かせください。

○国務大臣(川崎二郎君) まず、障害者を持つ親の気持ちというものを考えますと是非存続をさせていきたいなと、こう思います。もう一つは、障害児の立場からいえば正にこれが生活の一つの糧になるということでありますから、二つの側面から何とか維持したいと、このような思いを持っております。
 一方で、歴史的経過って、先ほど御説明したように、結構ややっこしいですね。そこに、今財政的にもたなくなっているものですから、国と県から補助金を立てていると。まあ、それも事実上、借金消しをするためにやっていると。まあ、そういう意味では、正直、この制度を見させていただいて、どこかできちっとしなきゃならぬなという感想を持っております。

○国務大臣(猪口邦子君) 所管の大臣がお答えになりましたけれども、同じでございます。

○蓮舫君 川崎大臣、平成二年から平成七年間の、この五年間のこの保険事業の財政状況の結果、そして七年の制度見直し以降、国の支援はどうなってきて、どうなっていくのか、教えていただけますか。

コメント

_ まこ ― 2010/06/09 00:15

郵政強行採決で不信任→小沢派退席→不信任成立→めちゃくちゃ(笑)
http://www.nikaidou.com/archives/2607

_ (未記入) ― 2010/06/09 05:19

蓮舫氏の質問自体に特段の問題は無いと思われますが。
どちらかというと、枠にハマった深くまで切り込めなかった質問だったように思います。

与謝野氏も言っているように蓮舫氏が猪口氏のお子さんについて詳細を知らなかったみたいですが、仮に知っていたとしても、この質問が猪口氏を侮辱する内容には必ずしも結びつかないかと。どこの部分が問題になるのでしょうか?

もし侮辱する意図を持っていたとしたら、すぐに周りが騒ぎだして批判が起きたりメディアで記事になったりすると思うのですが。このやりとりの後、大きな騒ぎになったのでしょうか?

むしろ、猪口氏が公表されていなかった家庭のことをメディアで公にしてしまった与謝野氏こそ無礼に思えました。与謝野氏の発言の途中で、どなたか与謝野氏の発言を遮ろうとしていましたね。それにも関わらず、感情にまかせて他人のプライバシーを晒す与謝野氏こそ責められるべきではないでしょうか。

_ まこ ― 2010/06/09 07:05

>実際の蓮舫氏の発言は次のとおり。
>それでも大騒ぎになりそうな予感がする。

ならないと思います。マスコミはさほど騒がないでしょう。だとしたら、殆ど問題にならない。

_ mottina ― 2010/06/09 09:25

蓮舫の「この質問の通告をしなければ知らなかったと理解をさせていただきます」が、猪口の家庭内事情を知ってる与謝野から見れば、涙がでるくらい悔しくて腹が立ったんだろうな。蓮舫の質問スタイルって、人を寄せ付けない、独善的な感じですっとやってるし。
与謝野の気持ち、なんとなく分かる。

_ ロッキーホラーショー ― 2010/06/09 12:50

女性の場合、心優しい人では、政治家稼業は無理なんでしょうね。これが男なら、強くなくては生きていけない、優しくなくては生きている価値がない。なんて名台詞がありますけど。
ところで、昼休みで小石川の猪口宅を窓外に見ながらカキコしてるんですが、そんな事情は知りませんでした。

_ ろんどん ― 2010/06/09 14:34

蓮舫議員の言葉には、確かに思い込み・他人に意見は寄せ付けない冷たさがある。都合の良い時だけは、自分が母親であることを売りにしている感がある。同姓議員に、厳しいのはまさに「女」だな。

_ とおる ― 2010/06/09 16:24

BSフジ「PRIME NEWS」の動画が削除されてしまいました。
この部分を文字で書いたブログが、次にあります。
・与謝野氏が蓮舫行政刷新相の人間性を厳しく糾弾-「評価する人の気がしれない」
 http://dosanko720.blog106.fc2.com/blog-entry-329.html
今回の記事を、「2ちゃんねる」に今朝3回ほど投稿しましたが、繁盛しました?

なお、この番組の翌日には、河村名古屋市長が出演していました。
政局ばかり報道する姿勢に苦言をしています。(司会者の方は、2日連続で、ご苦労されたことでしょう)
http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.html?d100608_0

_ ぽん夫人 ― 2010/06/09 17:46

ご紹介の上の動画、早速フジテレビにより削除されていますね。

テレビを見ているとどうもプランCはきっちり実行されているように感じています。政策など実行面ではもちあげられないし、詳細も触れられないからとにかく印象だけが残る妙なPVみたいな時間が報道と呼ばれる番組の大半を占めています。

レンホーといえば、事業仕訳で注目を浴びているとき、ツイッターにてゲームの違法ダウンロードのやり方について無邪気に質問していました。
自分では親父を転がせられていると信じてやまないが、
実際は転がされちゃうおだてに弱いタイプのよくある女性なのではないでしょうか。中国様当りは使いやすいことこの上ナッシングと感じているんだろうな。

_ ぴけすけ ― 2010/06/09 18:54

公式に動画ありますね^^
http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.html?d100607_0

_ ぴけすけ ― 2010/06/09 18:57

とおもったら バッサリきられてました・・・
これだけなら 与謝野さん悪者にしかみえないですね

_ (未記入) ― 2010/06/09 19:13

動画、削除されてしまいましたので、こちらに置いておきます。
http://www.megaupload.com/?d=0K6KWYGS

_ とら猫イーチ ― 2010/06/09 19:13

 私は、美しい女性には、極めて弱いので、何でも許してしまいますので、この件はパス。
 
 今朝から、私らの話題の中心は、これ。 何が「クリーン」ですか。 しかも、このオッサンは新首相に近い人物です。 自ら進退を決すべきですが、菅首相の責任は重大ですね。 発足した途端にケチなオッサンがぶち壊し。 これでは、菅氏も可哀そう。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100609-OYT1T00548.htm
荒井国家戦略相「事務所費、問題なかった」
(2010年6月9日14時30分 読売新聞)

_ (未記入) ― 2010/06/09 19:57

2番目にコメントした者です。削除せずにアップして頂きありがとうございます。
その後の経過を眺めて、もう少し付け加えさせて下さい。

仮に蓮舫氏が猪口氏の家庭の事情を知っていた上で、プライベートなことを絡めた上での発言だったなら、激しく非難されてしかるべきだと思います。
しかし、議事録を読む限り蓮舫氏は、(1)障害者扶養共済制度の存在を知っているか、(2)その制度について大臣の見解、について問いてるのであり、この質問形式は型にはまったお決まりの国会質疑形式です。猪口氏の家庭事情を念頭に置いた上で、それをあげつらうような発言には見えませんでした。

彼女の攻撃的な発言スタイルについて賛否はあるかと思いますが、この議事録の内容に関する限り問題がある発言では無いように思います。

むしろ今回は、公にされていない家庭の事情を勝手に公表した与謝野氏の暴走について非難されるべきではないかと思うのですが?

_ 2番目にコメントした者へ ― 2010/06/09 22:59

与謝野氏は自分はどうなってもいい、捨て身で日本のために戦うつもりでやっている、とあの番組で言っていましたよ。

今回のことで、与謝野氏が非難されることがあっても、蓮舫の非人間性を改めて公にしてくれたことへの功績はあったと思う。正直忘れていたし、知らなかった人も多いと思うし。
それに最初は与謝野氏も詳細を具体的に言おうとしなかったでしょう。
発言を促したのは番組のキャスターだし。

与謝野氏が非難に値するからといって、蓮舫の非人間性が無くなるわけではない。

_ まこ ― 2010/06/10 00:07

こういうのを色々見ると、保守系の人は追い込まれているように思う。
やたら、朝鮮有事が起こるのを期待したり、民主党の上げしとりに必死になったり。
政治家でも評論家でもそうだけど、保守系の人たちの焦りが感じられます。
このブログもそんな一つのような気がします。

_ ks ― 2010/06/10 00:40

朝鮮有事が起きたら、沖縄マジやばいです。浸透されまくってますんで。
なので、有事は起きて欲しくないです。

_ Y-SONODA ― 2010/06/10 07:24

★皆様へ

多数のコメント、ありがとうございます。
参議院会議録では見えないところ。
それは蓮舫氏がどんな言い方をしたのかということ。
与謝野氏はその場にいて何かを感じ取って激しく批判したのかもしれない。
しかし、今回の与謝野発言にもいささか行き過ぎがあったようにも思える。
これが私の感想です。

すでにリンク先の動画は削除。
なぜかBSフジのサイトでも問題となった箇所がバッサリと削除されている。
ご覧になりたい方は未記入さんが教えてくださったこちらのサイトからダウンロードを。
http://www.megaupload.com/?d=0K6KWYGS


なおここで本ブログにおける異変をお知らせします。
この記事でも複数のコメントをいただいている方のIPアドレスがその都度違うという不思議な現象。
これは少し前までよく来ていた「きたろう」という方と共通する現象なのです。
これはどういうことなのか。詳しい方がいたらぜひ教えてください。

_ 2番目にコメントした(未記入)ではない(未記入) ― 2010/06/10 13:40

>こういうのを色々見ると、保守系の人は追い込まれているように思う。

真正の保守はつねに肩身の狭い思いをしているはずなんですけどね(笑)。わが国の保守は親米である自分らが保守なのだと思っているからね。その勘違いのつけを払わされつつあるということだと思います。ここの常連にも思想信条の違い以前にひどいのがいるでしょう(笑)。

>>園田さん
>この記事でも複数のコメントをいただいている方のIPアドレスがその都度違うという不思議な現象。

それだけでは不思議とも言えないんじゃないですか?
自分も投稿が家からだったり出先からだったりしてますが、そのつどIPアドレス違うはずですし。

_ とら猫イーチ ― 2010/06/10 21:23

 保守・革新と色分けをした時代が確かにありましたね。 
しかし、私は、そんな分別には馴染めません。 もう「社会主義ブロック」は崩壊して存在しませんし、冷戦は過去のことです。 左右の対立なんか「止揚」しました。 
 私個人でも、マルクス主義の古典や社会主義の山ほどある文献で基本的なものは一通り読んでいます。 しかし、現代は、単純な古典文献では読めません。 
 園田様のブログに集う人間を単純に分析は出来ません。 私も、一党一派を気取ることもありますが、根は無党派。 ひとつの情報を多角度から読めれば、それで良いのです。 しかしながら、いつの世にも、最低限度の礼儀・礼節、守るべき規範は存在すると思うのです。 古の「義」です。  蓮舫氏に関するこの一件も、「義」に欠けているところから批判が沸き起こるのでしょう。 
 いずれにしても、日本の歴史に学び、伝統を尊び、自己の属する民族としての意識に目覚めることは日本人として当然だと信じます。 この思いを、「右翼的」と指弾されるなら、甘んじて受けましょう。 ただ、私個人は、右翼的なるものとは相当な距離がありますが。

_ Y-SONODA ― 2010/06/11 07:41

★2番目にコメントした(未記入)ではない(未記入)さんへ

日本における保守の定義って難しいですよね。
まだまだあの戦争から開放されていないような気がします。

>それだけでは不思議とも言えないんじゃないですか?

時間と距離を考えるとスーパーマンとしか思えないような形跡もあったりする(笑)
世の中いろんな方がいるってことでしょうね。

★とら猫イーチさんへ

>日本の歴史に学び、伝統を尊び、自己の属する民族としての意識に目覚めることは日本人として当然だと信じます。

昨日もある方とこのあたりのお話をしていたところ。
今日本に必要なのは穏健な伝統保守との考えで一致。
政界を見渡してもこれがいない。どの政党も支持する気持ちが起こらない理由もここにあり。
近くサロン的な勉強会を立ち上げることになるかもしれません。
ぜひとら猫イーチさんも参加してくださいね。

▼追伸:とおるさんへ

>今回の記事を、「2ちゃんねる」に今朝3回ほど投稿しましたが、繁盛しました?

そういえばカウンターがグルグル回っていたようです。
どうもありがとうございました。

_ とおる ― 2010/06/11 09:22

園田さま
> そういえばカウンターがグルグル回っていたようです。

大漁で良かったです。
いろいろな団体からのアクセスで、楽しめたことでしょう。
(返事のコメントは無くて結構ですよ)

_ Y-SONODA ― 2010/06/12 12:04

とおるさんへ

>いろいろな団体からのアクセスで、楽しめたことでしょう。

あはは。大いに楽しみました。
ちなみに内○府さんからは毎日大勢の方が見に来ていますよ。

_ (未記入) ― 2010/06/12 13:50

園田さま
> ちなみに内○府さんからは毎日大勢の方が見に来ていますよ。
やりますね~。
次のように、報道機関の人と会合を持たれていますが、そのうち、○邸・○○府にお誘いでも有ったらいいですね。
・首相動静(6月10日)(時事通信) - Yahoo!ニュース
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100610-00000037-jij-pol
 新聞・通信各社などの論説委員らと懇談。
 在京民放5社解説委員らと懇談。
 内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談。

_ とおる ― 2010/06/12 13:51

上の氏名(未記入)は、私です。
忘れてました。

_ Y-SONODA ― 2010/06/13 07:19

とおるさんへ

>○邸・○○府にお誘いでも有ったらいいですね。

いやー、今はまだ危なっかしくて(笑)
次の次の次あたりでお誘いが来るように頑張りますわ。
まぁでもあのバカバカしい地球温暖化対策基本法案が廃案になってよかった。
裏の方でちょこちょこ動いていました。

_ 雲 ― 2010/06/13 16:14

この議事録はもう少し先まで見る必要があると思う。

蓮舫氏、〆の弁....↓
------
○蓮舫君 この事業の対象者が二万人とおっしゃいましたが、三障害の障害児というのは三十万人以上おります。一生懸命学んで勉強されてこられたようですが、もっと広い観点で勉強していただかないと。生まれてくる子供は一年間で百六万人いるんです。その中で一定の確率で障害児というのは生まれるんです。障害を持とうが持つまいと同じようにはぐくんでいくのが政治の力で、保護者を同じように支援するのが政治の力で、もっと言いますと、病気や事故で障害を持つかもしれないお子さんもいるということを考えると、もっと広く政策を是非実行していただきたい。
 答弁の中で気になるんですけれども、これは厚生労働の所管ですという言い方をしますが、小泉総理が言ったように、その所管同士の障壁を取り除く調整役が猪口大臣なんですから、そういう言い方ではなくて、自分がリーダーシップを取ってやるんだという意欲を是非示していただきたいと思います。
 終わります。
-----------------
<<この事業の対象者が二万人とおっしゃいましたが、>>
「利用されている児童の方も二万人規模...」との発言であり、三障害の障害児数を理解していないわけではない。

<<これは厚生労働の所管ですという言い方>>
「担当所管にお願いして...」「厚生労働大臣あるいは文部科学大臣と力を合わせて...」との発言であり、当に調整役として当然であろう。職務怠慢の如き言い掛りかと....

蓮舫氏の質問自体に深くまで切り込めなかった質問というより、嫌味の数々だったように思います。

与謝野氏の言「実に女の嫉妬心が出ている、 いやらしい質問であったと同時に大変失礼な」 が相応しい。。

_ とおる ― 2010/06/13 17:20

園田さま
> 次の次の次あたりでお誘いが来るように頑張りますわ。

次(参議院選後の民主党代表選)の次(党内核分裂)の次(党外核融合=政界再編成)、というとこですか?

> 裏の方でちょこちょこ動いていました。

↓ 今日もご苦労さまです。
http://twitter.com/YS_KARASU/status/16059107126
http://twitter.com/YS_KARASU/status/16059062561

_ Y-SONODA ― 2010/06/14 08:42

★雲さんへ

>蓮舫氏の質問自体に深くまで切り込めなかった質問というより、嫌味の数々だったように思います。 与謝野氏の言「実に女の嫉妬心が出ている、 いやらしい質問であったと同時に大変失礼な」 が相応しい。

蓮舫氏はどんな言い方をしたんでしょうね。ビデオが残っていないのが残念。
少し時間が経ったので本音を言いますが、私も蓮舫氏の嫌らしさは正直感じたような・・。
ただし、最近の蓮舫氏の表情は少し変わってきたように思いますよ。
入閣の重責からか、少し不安が入り混じっていい感じになってきたのではないかと。
野党時代というのはある意味無責任だったということでしょう。


★とおるさんへ

>今日もご苦労さまです。

あはは。なんとなく私って池田信夫さんと近いんですよ。
リバタリアン系の小さな政府絡みでしょうね。
ちなみに池田さんもリツイートしていたこの記事は注目ですよ。

菅政権、オバマノミクス失敗の二の舞いとなるか
財政再建と経済成長の両立はそんなに簡単?
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3698

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2010/06/09/5148461/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。