Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

<今こそ必読全文紹介>FACTA 2010年2月号:手嶋龍一「二元外交」の餌を撒く北朝鮮2010/05/25 08:54

<今こそ必読全文紹介>FACTA 2010年2月号:手嶋龍一「二元外交」の餌を撒く北朝鮮 


<関連記事引用>

「二元外交」の餌を撒く北朝鮮
FACTA2010年2月号 [手嶋龍一式INTELLIGENCE 第46回]
by 手嶋龍一(外交ジャーナリスト)
http://www.facta.co.jp/

新しい年にいかなる出来事が起きるのかを精緻に見通したい――。経済アナリストならずとも、誰もがそう願っていることだろう。もし6カ月先に生起する事態を正確に予測できるなら、現下の不況など何ほども恐れることはない。競争相手に先駆けて、適確な手を打てるからだ。

インテリジェンスとは近未来を言い当てるわざなのだが、情報のプロほど将来をぴたりと予測する難しさを知り抜いている。「世界に冠たる」と形容されるアメリカの情報機関も、忍び寄る危機を事前に警告できた例などほとんどない。なぜ予知に躓(つまず)いたかを検証した報告書はトラックに積みきれぬほどある。真珠湾奇襲から、スエズ動乱、イラク軍のクウェート侵攻、さらには9.11事件にいたるまで、錯誤の葬列が延々と続いている。

その一方で迫りくる危機をずばりと警告し、悲劇を未然に防いだケースはごくわずかしかない。最近では2006年8月のイギリスのヒースロー国際空港で企てられた旅客機爆破テロを未然に防いだのがそれだった。だが、イギリスの捜査・情報当局も前年には地下鉄爆破テロで50人を超える犠牲者を出している。

筆者は近く新潮社から上梓する『ウルトラ・ダラー』姉妹編で、近未来に分け入るインテリジェンス・オフィサーたちの群像を描いた。未来の出来事を予測するのは、彗星を発見するほどに難しい。新著の筆を擱(お)くにあたって、そんな感慨を新たにしている。

それゆえ未来の予測を生業(なりわい)にする人々は、後知恵という毒饅頭につい手を出してしまう。過去の出来事をあたかも事前に言い当てていたように装い、自らの先見性をフレームアップする。高配当の馬券を的中させたと吹聴する馬券師。大地震を預言したと信者を惑わす教祖。石油危機の到来を言い当てたと自慢する株式アナリスト――。いかがわしい予想屋が身辺に溢れている。高名な未来学者とて、近未来という名の水晶玉を覗こうとする者につきまとう胡散臭さと無縁ではない。

CIA(米中央情報局)をはじめとする情報機関も、膨大な国家の予算を使いながら、前もって緊急事態を警告できたことなどほとんどない。未来を予測することの難しさに音をあげたのだろう。近年ではシナリオ分析に主眼を移すようになった。将来に起こりうる事態をピンポイントで描くのではなく、いくつかのシナリオを用意し、国家の危機に備えようというのだ。これなら複数の馬券に賭けるように的中率はぐんと高まるからだ。

北朝鮮は日本の民主党政権にいかに臨もうとしているのか。だが、そんな北の独裁国家の意図を探る有力なヒューミント(人的な情報)を日本は持っていない。そうした場合には、シナリオ分析の手法は有効だ。北朝鮮が日本の政治システムをどう捉えているかを考察すれば、金正日政権の次の一手を読むシナリオ分析の精度は一段と高くなる。

北朝鮮は日本という国の政治意思がながく官僚によって決められてきた実態を交渉の経験から知っている。それゆえ官僚独裁制の隙を衝いて日朝の国交を樹立し、巨額の経済援助を引き出したいと動いてきた。現状維持勢力たる官僚機構をつき動かすには、政権党の実力者をテコとして利用することが欠かせない――。北朝鮮外交が辿りついた結論であった。

1990年には、自民党副総裁だった金丸信をピョンヤンに誘い込み、当時の社会党をも巻き込んで、超党派のシンパを創りあげたのだった。その果てに、金丸訪朝団から、日本の統治下だけでなく、戦後の償いの約束までも取り付けたのだった。この時、北朝鮮側が使った撒き餌が、拿捕され抑留されていた第18富士丸の紅粉勇船長の釈放だった。

金丸訪朝は、その後も続く北朝鮮外交の型となった。歴史は必ずしも繰り返さないのだが、硬直的な独裁体制にあっては、過去の成功物語から容易に抜け出せないのだろう。そんな北朝鮮にとっては、日本に誕生した民主党政権は、またとない交渉相手と映っているはずだ。政治主導を掲げるこの政権は、外交当局から主導権を奪おうとして前のめりになっている。その実、外交の経験に乏しい。さらに旧社会党系の親北朝鮮人脈が政権内に多い。そしてなにより政権党の側に際立った実力者、小沢一郎がいる。ここまで条件が整えば、北朝鮮側が民主党の取り込みを仕掛けてくるはずだ――。こうしたシナリオ分析は、必ずしも具体的な情報に基づいてなされたものではない。だが、果たして年明け早々に日本のメディアは、日朝間の水面下の接触を相次いで報じたのだった。

鳩山政権の発足前後から、民主党は複数の密使を送って北朝鮮側と交渉させていたことが明らかになった。民主党の当局者も接触の事実を認めている。両者が会った舞台は北京の北朝鮮大使館だという。対等な外交折衝では、相手国の大使館を使うことなどありえないのだが、毎月のように相手の懐で密談が重ねられている模様だ。

なかでも眼を引くのは、密使が小沢幹事長に近い人物とされる点だ。仲介者を挟んで、北朝鮮の高官と日朝間の懸案を話し合っているという。一連の会談を通じて、民主党側は、拉致被害者のなかに生存者がいるかどうかを執拗に問いただしている。これに対して、北朝鮮側は「健康を害した人がいる」という表現で、拉致被害者のなかに生存者がいることを暗に匂わせているらしい。生存者情報を誘い水に民主党の実力者、小沢一郎の訪朝を持ちかけているのだろう。小沢は90年の紅粉船長の身柄引き渡しの際に登場したキーパーソンであることは言うまでもないだろう。

こうした北の交渉術は、外交の教科書に記述されるような「二元外交」の典型である。だが、外交は職業外交官の専権事項だなどと言っているのではない。こうした「二元外交」に誘い込まれてしまえば、相手に巧みに操られ、結果的に国益を損なってしまうと指摘しているにすぎない。ピョンヤンは、6カ国協議を通じた正規の交渉ルートと民主党ルートを巧みに操ることで、もっとも有利な条件を引き出そうとしているのだ。かつて北朝鮮は極秘チャネルを通じて小泉訪朝を実現し、核ミサイルの廃棄をないがしろにしたまま、国交の樹立と総額1兆円にのぼる経済援助を取り付けようとした。

北朝鮮には、外交に不慣れな民主党政権が、日米関係を損なっているいまこそ、絶好の仕掛け時と映っているのだろう。日米同盟が機能不全に陥りかけているこのタイミングなら、ピョンヤンへの風圧はさほどでもないと読んでいるのだ。

日米同盟の基盤を危うくしながら、北朝鮮との秘密外交に足を取られていく――。それは日本にとっては最悪のシナリオなのだが、残念ながら、いまは想定から取り下げるわけにはいかない。

コメント

_ トンチンカン ― 2010/05/25 12:20

>密使が小沢幹事長に近い人物
加藤昭氏は、鈴木宗男氏だと見てる様です(加藤昭氏だから?)。

小沢、起死回生“大バクチ” 盟友・宗男通じ北朝鮮と接触(2010.05.13)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100513/plt1005131613007-n2.htm

こっちは古い記事です

小沢、電撃訪朝か 外務省は蚊帳の外、背後に英国の影?(2009/11/07)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/321565/

_ Y-SONODA ― 2010/05/26 08:36

トンチンカンさんへ

小沢さんと北朝鮮の関係はすごいですよー。
このあたりを一番よく知っているのは自民。
なにやら裏でコソコソ動いている模様。

_ トンチンカン ― 2010/05/26 09:07

>一番よく知っているのは自民
なるほど(笑)

_ ks ― 2010/05/26 19:22

FACTA  阿部重夫 発行人ブログ「最後から二番目の真実」

2006年02月28日からの5回シリーズ
「ウルトラ・ダラー」を100倍楽しむ

4――ウクライナの風穴
http://facta.co.jp/blog/archives/20060303000096.html

>昨年(2005年)3月18日の英経済紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の記事は、世界を凍りつかせた。スヴャトラフ・ピスクン検事総長が「前政権がX55巡航ミサイルをイランに12基、中国に6基売却した」ことを認めたという。中東と極東の軍事バランスが一変することを予見させるスクープである。

>手嶋氏はそれを踏まえて、「ウルトラ・ダラー」で大胆な仮説を持ち出す。北朝鮮は偽札製造によって得た資金で何を買おうとしているのか、

>中国のみならず、北朝鮮が核巡航ミサイルを手にしたら……戦慄する仮説である。日本は裸同然である。「偽札狩り」が実は「大量破壊兵器狩り」であることを手嶋氏は示そうとしている。

>FACTA(事実)を読み取る人は、東アジア安保の柱石――キッシンジャーと故周恩来が編み出した米中「上海コミュニケ」と、台湾の地位をめぐる米国の「あいまい戦略」が空洞化する日が、眼前に迫っていることを覚悟しなければならない。

_ ks ― 2010/05/27 00:26

但し、X55の運用には衛星が必要だったはず。
なので仮に北朝鮮が持っていたとしても、現状、中国の協力なしには運用できない。

_ Y-SONODA ― 2010/05/27 09:14

★トンチンカンさんへ

>なるほど(笑)

国会での自民の追及を楽しみにしていたのですが・・・。

★ksさんへ

>北朝鮮は偽札製造によって得た資金で何を買おうとしているのか

ツイッターで紹介しておきましたがワシントン・タイムズが北の偽札、麻薬の製造・密輸疑惑を報じていましたね。
ワシントン・タイムズということもあり、いささか慎重に読んでしまいましたが(笑)
どうもこのあたりも裏に中国が絡んでいそう。おそらくそれに日本も。

_ ks ― 2010/05/27 19:03

このエントリーとは関係ない、マッタク関係ない話なんですが・・・
いや、マジで関係ないんです、カンベンして!


小沢一郎さんの支援を受けて、社民党始めいろんな方たちがが普天間基地移設問題で頑張っているとか。ツイッターとかでも

ナゼダロ―
ワカリマセン

「北朝鮮から見た普天間基地移設問題を考察するための補助線」

2006年3月23日 普天間飛行場における国連軍地位協定の位置付けと在日米軍基地再編に関する質問主意書
参議院 民主党 白 眞勲 議員
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/164/syuh/s164041.htm

2006年3月31日 参議院議員白眞勲君提出普天間飛行場における国連軍地位協定の位置付けと在日米軍基地再編に関する質問に対する答弁書
政府回答
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/164/touh/t164041.htm

2009年8月13日 社民党 衆議院選挙公約2009「マニフェスト」
http://www5.sdp.or.jp/policy/policy/election/manifesto03_10.htm


話は360度変わりますが

NHKニュース
◆政治
公安調査庁 北朝鮮情報収集を
http://www3.nhk.or.jp/knews/20100527/k10014716771000.html
>公安調査庁の北田長官は、全国の公安調査局長らを集めた会議で、韓国の哨戒艦の沈没事件を受けて、朝鮮半島情勢がいっそうの緊張状態になっているとして、北朝鮮に関連する情報の収集に全力をあげるよう指示しました。


ところで
南の島で季節はずれの盆踊りを開催した人たちは、次はカンカン踊りでも踊るのかな?


陰謀論の人たち逃げてー(笑

_ トンチンカン ― 2010/05/27 22:07

>参議院 民主党 白眞勲 議員
>結果として、在日米軍基地の一つである普天間飛行場は、現在も国連軍基地の性格を有している。

>社民党 マニュフェスト

ああ〜。わかってやってるんですね。

>次はカンカン踊りでも

銀座カンカン娘は好きですが、永田町カンカン娘はシャレになりません(涙)
http://www.youtube.com/watch?v=ZWeLy2D7ylU

_ ks ― 2010/05/27 22:44

いや、つい妄想を書き込んでしまいました。

北が休戦協定を結んだ相手は、国連軍(多国籍軍)ですが。

カンカン踊り
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%B3%E8%B8%8A%E3%82%8A

_ トンチンカン ― 2010/05/27 23:31

>カンカン踊り

これ調べるまで知りませんでした。
某政党の元党首候補には踊って欲しく無いなと言う事でw

_ Y-SONODA ― 2010/05/28 08:34

★ksさんへ

>次はカンカン踊りでも踊るのかな?
>陰謀論の人たち逃げてー(笑

こそっと書きますと、こうなることを予測し、随分前から知り合いを通じて公○さんにお願いしてきたのはこの私です。場合によっては米国と組むのもありと(汗)
ところが動きが遅いんですわ。また催促しよっと(笑)

★トンチンカンさんへ

>カンカン踊り

そこまでいけばいいんですけどね。どうなることやら。

_ トンチンカン ― 2010/05/28 11:16

>お願いしてきたのは

先生は、やっぱり動いてらっしゃったんですね。

>どうなることやら。
腰を上げて欲しいです。

_ Y-SONODA ― 2010/05/29 10:45

トンチンカンさんへ

>腰を上げて欲しいです

厄介なのは公○さんにも変なのが紛れ込んでいること。

_ トンチンカン ― 2010/05/29 11:33

>変なのが

調べてるうちに、同調しちゃう人もいるようですね(溜息)。

_ Y-SONODA ― 2010/05/31 09:18

トンチンカンさんへ

>同調しちゃう人もいる

送り込まれている人もいるようないないような(怖)

_ ks ― 2010/06/01 19:45

まだ、諦めてないようなので、投下。

<別冊宝島053「社会党に騙された!」 - 山村明義著「チュチェ研-日教組-社会党人脈を結ぶ点と線」より一部を抜粋>
http://kamomiya.ddo.jp/%5CSouko%5CC01%5CIwai_A%5CSouhyou.htm

>旧社会党の有力支援団体の一つに、総評系の労働組合として有数の地位と活動力を誇った『日教組』がある。

>その非公然組織として「日本教職員チュチェ思想研究会」があった。

>「チュチェ思想を広めたのは、実は総評の岩井さんだったと思います。(中略)埼玉大学の鎌倉孝夫さんや、会ったことはありませんが沖縄大学の憲法学者・『佐久川政一』さんたちも、早くからメンバーとして活動していました」


日本労働党 http://www.jlp.net/index.html
97新春旗開き 来賓あいさつ
佐久川政一 氏(元沖縄大学学長)
全国の米軍基地の撤去を--広範な国民が連帯して闘おう
http://www.jlp.net/news/970205a1.htmlhttp://www.jlp.net/index.html

朝鮮新報1998年10月16日「沖縄でチュチェ思想全国セミナー」
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj1998/sinboj98-10/sinboj981016/sinboj98101682.htm

朝鮮新報1998年10月23日「沖縄、朝鮮問題について/佐久川政一沖縄大学教授に聞く」
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj1998/sinboj98-10/sinboj981023/sinboj98102362.htm

NPO 21世紀自主フォーラム
http://www.jishu-forum21c.net/nf/Nmenu2.html

世話人副代表 
『 仲里 修
 1966年 沖縄米陸軍日本人警備隊に就職
 1972年 軍警備員労働組合(軍警労)結成に参画
 1973年 軍警労が全軍労に加盟し警備員支部となる
 1979年 警備員支部とマリン支部が統合
 2001年 全駐労マリン支部委員長 現在に至る
     ※マリン支部:海兵隊施設で働く労働者の組合 』

( 全駐留軍労働組合 http://www.zenchuro.com/ )

世話人 尾上 健一 
 1978年~    『チュチェ思想国際研究所事務局次長・事務局長』
 1988年~    株式会社白峰社代表取締役


自主の会 http://jishu.v.wol.ne.jp/default.htm
「戦争も基地もいらない“自主自立平和の沖縄、日本、世界”2010」開催
http://jishu.v.wol.ne.jp/1002-1.htm

>2月11日、沖縄県那覇市で
『戦争も基地もいらない“自主自立平和の沖縄、日本、世界”2010』と題して、
『沖縄チュチェ思想研究連絡会、21世紀自主フォーラムの共催』
により講演会が開催されました。

>普天間基地移設問題が日本の大きな政治焦点として提起されています。
米軍基地が日本に存在する法的な根拠は日米安保条約にあります。
今日、沖縄の基地はアメリカがアジアで行う侵略戦争の前線基地として利用され、日本のすべての人々が自らの意思に反して侵略戦争に加担させられています。
アメリカは日米安保条約によって日本を支配し、侵略のための前線基地として位置づけ固定化しています。

>この度開催された講演会は、
『日米安保条約を破棄し、人を殺すためにある米軍基地をなくし、自主・自立・平和な沖縄と日本を築いていこう』
という沖縄の人々の心情をそのまま表現したものであり、
日本のすべての人々の願いであることも再確認する集まりとなりました。


参考:戦争のための基地はいらない~日米安保条約は廃棄できる~
http://jishu.v.wol.ne.jp/1001-2.htm

_ ks ― 2010/06/01 19:50

追加

IZA【侵食される守り 沖縄米軍基地】(上)/(中)/(下)

反戦運動と結びつくスパイ活動 沖縄・嘉手納飛行場
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/269888/
中国船出現に米軍機飛来 日本の海上保安の現状
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/269889/
沖縄のチュチェ思想と反基地運動
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/269905/

_ ks ― 2010/06/01 23:28

某ツイッターで拾いました(笑

田原総一郎公式ブログ
http://www.taharasoichiro.com/cms/
特に、輿石参議院会長は日教組を母体に当選している。
日教組の中には社民党支持の人たちも少なくない。
彼らが選挙協力しなければ当選は難しい。

小沢さん曰く誰が筋が通ってるんでしたっけ?(笑

_ Y-SONODA ― 2010/06/02 09:01

Ksさんへ

>チュチェ研は、1972年の槙枝元文委員長(当時)を団長とする第一次代表団に始まり、74年の中小路清雄書記長(当時、後に委員長)を団長とする第二次代表団など、80年代までの間に都合6回に渡って代表団を送り込んだほどの北朝鮮シンパ

実は一昨日5月31日夕方のTBS「Nスタ」が実におもしろかった。
はしごしていた福島が登場。なんとここで北朝鮮問題を福島に質問しちゃったのです。
福島は慌てふためき回答できず。この時の表情が実に味わい深かった。
ユーチューブで探したのですがない。もったいないなぁ。

>田原総一郎公式ブログ

輿石の名前が出てくれば誰だって日教組を思い出しますよね。
電話口で「この際、やっちゃえよ」とのささやき攻撃を続けている今日この頃。
どうなることやら(笑)

_ ks ― 2010/06/02 22:56

_ ks ― 2010/06/02 23:15

時事:かわいそうで仕方ない=首相辞任表明で鳩山邦氏
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010060200654

>「民主党の小沢(一郎幹事長)支配、労働組合支配によって辞めさせられた。弟としては義憤を感じる。かわいそうで仕方ない」と述べた。

日経:鳩山邦夫氏「兄は気の毒。組合の支配強烈」‎
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C81818A9996E2E1E5EA8DE2E0E2E4E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;bm=96958A9C93819481E2E0E2E69B8DE2E0E2E4E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

産経2010.6.2 【首相辞任】普天間問題 沖縄で「反対闘争が激化する」と懸念

>一方で、次期内閣発足後も、沖縄の反基地世論を牽引(けんいん)してきた反米・反基地イデオロギー闘争グループが反民主党政権で活動を活発化させ、一般県民を巻き込むおそれもあるという見方もある。県民の間では「メディアでは報道されないが、基地反対闘争を展開している人の話を聞いていると、本当に県民のこと考えているのか疑いたくなる」(タクシー運転手)という声も根強い。


この際、鳩山首相にはキッチリ刺し違えてもらわないと、それこそ近衛になっちゃう。


日テレNEWS24「小沢氏と一緒に飛び降りる感じ~玄葉議員」
http://news24.jp/articles/2010/06/02/04160289.html

_ ks ― 2010/06/02 23:18

産経2010.6.2 【首相辞任】普天間問題 沖縄で「反対闘争が激化する」と懸念
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100602/plc1006021813026-n1.htm

>電話口で「この際、やっちゃえよ」とのささやき攻撃を続けている

というわけで、暫定的に鳩山応援しています(笑

_ Y-SONODA ― 2010/06/03 09:48

Ksさんへ

いつもいつも渋い情報ありがとうございます。
ツイッターで即効紹介しましたが「邦夫くんは問題外」とのレスも。
好きか嫌いかで論じるツイッターの空気。これまた異常ですね。

>この際、鳩山首相にはキッチリ刺し違えてもらわないと、それこそ近衛になっちゃう。

やっぱりこの人ツメが甘い。
ただし、援軍は強力ですからまだまだ対小沢戦は続きそうですよ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2010/05/25/5111759/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。