Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

トヨタ追及の急先鋒はセイフティ・リサーチ・アンド・ストラテジーズのショーン・ケイン2010/02/16 09:33

トヨタ追及の急先鋒はセイフティ・リサーチ・アンド・ストラテジーズのショーン・ケイン


<関連記事>

Outspoken Researcher Turns Focus To Toyota
http://online.wsj.com/article/SB20001424052748703382904575059673947415794.html

Toyota Acceleration Complaints Cite 34 Deaths, U.S. Data Show
http://www.businessweek.com/news/2010-02-15/toyota-acceleration-complaints-cite-34-deaths-u-s-data-show.html

Toyota’s Murky Data
http://www.newsweek.com/id/233585

REPEAT-SPECIAL REPORT-Inside Toyota's epic breakdown
http://www.reuters.com/article/idUSN0910439220100210


<関連サイト(画像引用)>

Safety Research & Strategies, Inc
http://www.safetyresearch.net/

About Us
http://www.safetyresearch.net/about-us/

Established in July 2004 by Sean Kane, Safety Research & Strategies, Inc., is staffed with research professionals who specialize in safety matters.

Mr. Kane began his work in 1991 with the Center for Auto Safety, the advocacy organization established by Ralph Nader in Washington D.C. As a co-founder of Strategic Safety, and later, as president of Safety Research & Strategies, Mr. Kane has remained at the forefront of safety issues and trends, from Electronic Stability Control to aging tires.

コメント

_ isaacpapa ― 2010/02/16 10:21

過去の死傷者をカウントし始めましたね.これはもう犯罪者扱い.

日本での主要産業に於ける,近未来型モデルとしての自動車産業の役割は終わったと思いますから,好きにやらせておけばよろしいかと.日本でも交通事故で年間何万人もの死傷者を出し,特定業界優遇措置として一般道路や高速道路を嫌という程造って来た訳ですから.

_ Y-SONODA ― 2010/02/17 01:15

isaacpapaさんへ

>近未来型モデルとしての自動車産業の役割は終わった

うひゃー、恐ろしい発言。
それでも現状トヨタショックの影響がジワジワ出てくるのではないでしょうか。

_ isaacpapa ― 2010/02/17 09:04

日本国家の健全経営の為には,外需依存度を下げ,GDPも上げ,人口も半分にするのです.また,トンでも発言と言われそうですがw

_ Y-SONODA ― 2010/02/18 10:36

isaacpapaさんへ

>日本国家の健全経営の為には,外需依存度を下げ,GDPも上げ,人口も半分に

同じような視点でもっとグローバルに見ている連中がいるのではないでしょうか。

_ isaacpapa ― 2010/02/19 02:45

>同じような視点でもっとグローバルに見ている連中がいるのではないでしょうか。

そう,思います.

_ (未記入) ― 2010/03/12 18:33

韓国主導は間違いないですな・・・
それにしても日本政府の無策は情けない・・・

_ isaacpapa ― 2010/03/17 03:17

(未記入)且つ名乗らないものへ

何故,南鮮主導なのかい?w 根拠が分からないし,無い.思考停止なレス残すべからず,朝鮮人よ.

_ Y-SONODA ― 2010/03/17 08:54

isaacpapaさんへ

うーーん。私も意味がわからなかったので、完全スルーしちゃいました。
未記入系の人は不思議系が多いですね。

_ isaacpapa ― 2010/03/19 01:31

園田さんへ

未記入系は不思議系が多いというのはごもっとも.
この御仁も,実は日本人なのでしょう.なのに朝鮮人的な発言を行い変に誘導していくのでしょうが,そこから何も発展はしないのですね.

それにしても上の方で書いたGDPを上げる方法.どう考えても無いのですよ.日銀が十数年,デフレを容認してきた背景もまた,実はハイパーインフレへの恐怖感からではないかなと思う今日この頃.マネーサプライを恣意的に怠っているのです.

日銀が本格的な緩和政策に舵を切れば,たちまち円安になるというのに.輸出産業の限界も目に見えているのですが,やはり日本人はものづくりが基本ですからね.

_ Y-SONODA ― 2010/03/19 08:28

isaacpapaさんへ

>実はハイパーインフレへの恐怖感

日銀が国債引き受けに慎重なのもこれがあるからでしょう。
しかし、私の周辺ではハイパーインフレに備えろと忠告してくれる方が大勢。
このまま放置すればもう逃れられないだろうと言っていますよ。
それにしても亀井氏が何を考えているのかがよくわからないのです。
この時期の日本郵政10万人正社員化の狙いって何でしょうね。

_ isaacpapa ― 2010/03/20 02:08

園田さんへ

>この時期の日本郵政10万人正社員化の狙いって何でしょうね。

其処に大量の現金があるからなんでしょうね.

http://www.japanpost.jp/financial/pdf/2009_1216.pdf

10万人で約3千億円の人件費プラスらしいですから,50万人ぐらい頑張れば正規社員化や雇用も可能だと推測できます.兎に角,10〜20代の失業者を早急に吸収してもらいたいものです.

_ Y-SONODA ― 2010/03/20 15:34

isaacpapaさんへ

>兎に角,10〜20代の失業者を早急に吸収してもらいたい

これと正社員化とは大いに矛盾しますよ。
毎日さんも「新卒一般職の採用削減も検討されている」と書いています。

亀井金融・郵政担当相:郵政正社員化「上限10万人」
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100320ddm008010035000c.html

むしろ今後低利回りの日本国債を買い支える気はない。
そのことを宣言したようなものではないでしょうか。

_ isaacpapa ― 2010/03/23 05:23

園田さんへ

>これと正社員化とは大いに矛盾しますよ。

雇用的側面では,現在の非正規社員を正規社員へ,且つ大量の非正規社員を雇用していく器は,キャッシュフローベースで日本郵政にはあると考えているのです.これは,民主党がこれから公益法人等を叩き潰そうとしている流れに逆行する思考から生まれています.私は潰すのでは無く,金が余っているそれらに潡々新規雇用を義務づけさせれば良いと思います.一般に公表されている失業率の数値は,私はあまり信用しない方ですが,10〜20代の失業者は本当に危険水域を超えている状態だと実感しています.民間に活力(雇用意欲)が無い以上,何処かが吸収せねばなりません.それは官や半官の仕事だと思います.警察庁,消防庁,海上保安庁,自衛隊等の国民の安全保障に直結する組織は更に雇用を促進すべきでしょう.これは,国家の歳出を増やすベクトルに繋がってしまう話なのですが.   故に,矛盾です.

亀井・郵政・国債的側面から窺えるのは,斉藤さんを天下りとの非難の中,強引に郵政社長に就任させたところに,亀井さんの目論見が垣間みられます.プライマリーバランスのマイナス補填との合わせ技で残高を減少させていく事だけを考えるのであれば,今後国債を増発(永遠ではもちろん無いですが)がありだとしても,消費税を30%程にすれば何とか…(強引ですがw) ご指摘の通り,亀井さんは米国債を郵政公社に,日本国債を日銀にと考えてるんでしょうが,国会決議が必要ですから無理でしょうね.しかし,郵政公社が保有している国債の払い戻し時に,一旦日銀が購入するかたちで現金化されてると思うんですが,原則論として,これは財投法に抵触していますが如何なものでしょう? まぁ,日本に限らず全世界の中央銀行が宣う,金融政策は財政ファイナンスを目的としないという建前は誤摩化しだと考えますよ.

結論として,政治家が嫌がる事をすれば良いのでしょう.我々には酷ですが,ソブリン問題解決には増税しか無いと.

_ Y-SONODA ― 2010/03/23 09:34

isaacpapaさんへ

>民間に活力(雇用意欲)が無い以上,何処かが吸収せねばなりません.それは官や半官の仕事だと思います.

このあたりの判断が非常に難しいところでしょうね。
結果として民業圧迫の影響で民間の活力がいっそう弱まる可能性も出てくる。

>今後国債を増発(永遠ではもちろん無いですが)がありだとしても,消費税を30%程にすれば何とか…(強引ですがw)我々には酷ですが,ソブリン問題解決には増税しか無いと.

財投法に抵触云々は私の方も勉強不足。これから調べてみますね。
結論としては増税しかないでしょう。
国民だって案外覚悟はできているのではないでしょうか。
そもそもその原因は自民にあり。ならば民主も自民の責任にしながら増税の話をすればいい。
それなのに「4年間は消費税を上げない」と繰り返す鳩山という人物がわからないのです。
財政再建の目処がつくまでという前提つきで二年おきに消費税を2%ずつあげると海外へのポーズも含めて一応言う。
そうすれば、消費税があがる前に買っておこうなんて駆け込み需要もあるかもしれない。
この10年ほど年金支払いの一部をゲゼルマネーにするというアイデアもありますが(笑)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2010/02/16/4881202/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。