Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

2012年~2013年日本国債暴落説(6) 週刊エコノミストがそのまんま大特集2010/02/15 16:39

2012年~2013年日本国債暴落説(5) 週刊エコノミストがそのまんま大特集


エコノミスト:2月23日号 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/enta/book/economist/news/20100212org00m020049000c.html

◇【特集】日本国債暴落

・国の借金は1000兆円 国債暴落は目前に迫っている   濱條 元保

・国のバランスシート 日本は300兆円の債務超過 国債発行余力は限られる   高田 創

・今後5年間は増税は難しい 格下げ圧力は高まっている   小川 隆平

・金利上昇シミュレーション 膨らみ続ける国債費 10年度金利0.4%上昇で危険水域に   嶌峰 義清

・インタビュー 神野 直彦 政府税制調査会・専門家委員会委員長 「財政再建のためには税の累進性を高める必要がある」

・マーケットは民主党政権に財政規律がないとみている   松本 康宏

・ソブリンリスク(1) 米英 戦後最悪の財政赤字の米国 財政見通しの透明性に欠ける英国   中村 正嗣

・ソブリンリスク(2) 欧州 ギリシャは国債格下げ スペイン、ポルトガルも脆弱   中沢 剛

・国の借金を背負う郵貯マネー 金利リスクのマグマたまる   河村 小百合

・国債大増発 債券市場の「ヤマ場」は今夏   小玉 祐一

・金融政策はコストゼロという幻想 家計に負担の副作用   櫨 浩一

コメント

_ isaacpapa ― 2010/02/16 10:48

米ドルの保有残高を,日本とギリシャで比較した場合,その差は雲泥です.紫雲に乗っているのは英米ではなく日本ですね.勝手に格下げさせておけば良いのです.そのしっぺ返しを誰が喰らうかは自ずから明らかなんですから.

_ 商会 ― 2010/02/16 15:30

全く同意。
ギリシャと本邦を同一視する自体ナンセンスですね。

本邦の心配している暇があればユーロ・クラッシュの心配の方が現実的。
ユーロMMF保有している場合、ユーロ解体の際はどの様な扱いになるのかしら。

_ Y-SONODA ― 2010/02/17 01:17

isaacpapaさんへ&商会さんへ

エコノミストを読んでみましたが、特別ギリシャと同一視という感じでもなかったような。
とはいえ気に入ったら紹介していたはず。正直的外れでした。
ギリシャの次はEU全体に拡大するのか、英米に行くのか。
それとも日本がターゲットになるのか。
このあたりはギリシャ同様英米の意思が反映されると思います。
FTにWSJ。でかいメディアを持っているところが強いですなー。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2010/02/15/4880379/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。