Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

2012年~2013年日本国債暴落説(3)それでも米国債買うことがあってもいい=亀井郵政・金融担当相2010/02/12 23:56



亀井静香郵政・金融担当相には2012年~2013年が見えているのかいないのか。
さぁ、どっち?


<関連記事引用>

郵政資金運用、米国債買うことがあってもいい=亀井郵政・金融担当相
2010年 02月 12日 11:43 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13860420100212

 [東京 12日 ロイター] 亀井静香郵政・金融担当相は12日、郵政資金の運用に関連し「米国債を買うことがあっていいと思う」と述べた。ただ運用は幅広くすればいいとし、米国債への言及は一例にすぎないことも説明した。

 同相は郵政資金について「国債の大きな受け皿となり、国債の安定的な消化に大きな貢献をしているのは事実だが、(郵政資金は)日本の産業全体、地域の生活に対して、もっと使っていけばいい」との主張を繰り返した。その上で「米国も困っているから国債を発行しているのだから、オバマ大統領は助けてあげればいい。米国債を買うことがあっていいと思う。運用は、非常に幅広くやればいい」と述べた。

 政府は8日、日本郵政グループ改革の素案を公表。大半が国債に固定化されている運用資産の構成を「短期間に大幅に変更することは現実的ではない」としたが、複数の運用案を示した。

 素案で示した郵政グループの銀行会社による具体的な資金運用案は以下のとおり。

 1)民間金融機関のアレンジする協調融資への参加、ローンパーティシペーション、および民間金融機関からの貸出債権の購入、2)預金担保による個人ローンのほか、一定の外形審査基準(年収等)に基づく住宅ローン、教育ローン、介護ローン、3)マイクロファイナンスへの出資、4)政府保証債、地方債、社債購入、5)中小企業に保有国債を担保として貸し出すことによる地域金融機関との中小企業向け提携ローン。ゆうちょ銀行は品貸料、地域金融機関は信用保証、中小企業は融資資金を獲得(地域金融機関の参加は任意)。


Japan's Kamei: Japan Post could buy more US bonds
http://www.reuters.com/article/idUSTOE61B02S20100212?type=marketsNews

コメント

_ isaacpapa ― 2010/02/13 04:02

亀井の場合,その発言との反対に日本の舵はきられますw

_ Y-SONODA ― 2010/02/13 10:40

isaacpapaさんへ

亀井さんもやばいということは気付いているようですよ。

「2012年~2013年日本国債暴落説(4) ゆうちょ預入限度額、「3年後」撤廃の防衛策」参照

_ isaacpapa ― 2010/02/14 00:01

園田さん

コメントしておきましたが,この問題は,特に勧善懲悪だけでは解けない内容だと思いますよ.

_ Y-SONODA ― 2010/02/14 11:58

isaacpapaさんへ

>勧善懲悪だけでは解けない内容

私ほど「勧善懲悪」という言葉が似合わない日本人はいないのではないかと。
しかも筋金入り。幼い頃から仮面ライダーよりショッカーの方が好きでした(爆)

_ isaacpapa ― 2010/02/15 03:33

>幼い頃から仮面ライダーよりショッカーの方が好きでした(爆)

屈折されておられます(笑)

_ ななし ― 2010/02/15 11:35

米国債買ってもまた円高ドル安で損するだけじゃないんですか?
それから郵貯が日本国債を買う事で金利高騰=破綻を防げたんじゃ無かったんですか?

_ Y-SONODA ― 2010/02/16 08:20

ななしさんへ

あのー。論点がかなりずれていると思われます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2010/02/12/4876917/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。