Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

タヌキの養父は鳥や動物に突かれ蘇生した!2010/02/08 07:49

タヌキの系図 「吉田健三(吉田茂養父)、佐藤一斎、山本条太郎、近現代・系図ワールド」より


<関連記事引用>

ドル相場で巨富築いた宰相の父、吉田健三氏(10/2/7)(相場師列伝)
2010/02/07日経ヴェリタスマーケットonline(コラム)

新聞、英語塾…天下国家のビジネスにも奔走、有名な蘇生譚も

 ワンマン宰相吉田茂には2人の父がいる。実父が竹内綱、養父が吉田健三で、ともに幕末の志士から維新後は自由民権運動に加わり、そして商才に長(た)けていた点で2人には共通項がある。

 吉田茂は義父について回顧録の中で書いている。

 「最初はジャーディン・マセソンという英国の船会社の支店に勤めていた。それから自分で船問屋を始め、他の事業にも手を出し、何年かのうちに産を成して、新聞をやったり、英語塾を作ったりした。実業が天下国家のことだったので、国事に奔走するという気概と真剣味が、商売にも向けられたのだと思う」

 吉田健三の家系図を見ると、祖父に江戸後期の著名な儒学者佐藤一斎がいる。三井物産常務から満鉄総裁をつとめた山本条太郎は甥(おい)に当たる。山本の義兄が向井忠晴で、三井物産会長から大蔵大臣を務めた。華麗な系類である。山本が三井物産に入ったのは、叔父の吉田健三の口利きによるものだった。

 吉田健三が財を成したのは明治元年、英国から帰国し、横浜一番商館(英一番館)に事務所を構える英国の貿易商、ジャーディン・マセソン商会の支店長時代のことだ。大胆にドル相場を張った。山本は自伝の中でこう述べている。

 「相場といえば、叔父の吉田健三氏も、馬越(恭平)翁も、ドル相場をやって手本を示しているのである」

 「健三叔父や馬越支店長などがドル買いをするのを見て、見よう見まねで、小僧のくせに相場に手を出した」。猪木正道は「評伝吉田茂」の中で、健三の商才について「円貨がドルやポンドに対して値下がりすると、抜け目なく為替市場で大いにもうけていた」と記した。

 三井物産の初代社長、益田孝によると、明治初年における横浜ドル相場は大変な賑わい振りで、大手は田中平八(天下の糸平)や香港上海銀行のフィードンなどであったというが、彼らに混じって、吉田健三も大きな売買をやっていたようだ。細かい手口までは分からないが、ドル相場で大きな成果を得たからこそ、3年後に退職する時、1万円の特別賞与が贈られたのだろう。今の価値に直せば億を超す大金である。

 前出の馬越恭平は、三井物産の後、ビール業界に転じ、「ビール王」と称された。転身のきっかけは、吉田健三にご馳走になったビールの美味しさが忘れられなかったためともいう。

 ジャーディン・マセソン商会を辞めた健三は、醤油の醸造所を買収する一方、横浜の丘陵地を買い取り、宅地の造成に乗り出す。久我山一帯に1万3000坪の土地を購入し、開発したかと思えば、大磯に海水浴場を作ったのも健三だ。09年に焼失した大磯の吉田御殿は健三の遺産である。

 竹内綱が計画する事業は大き過ぎて失敗することが多かったが、吉田健三はやることなすこと、ことごとく当たった。

 健三の事業欲はとどまるところを知らず、東京日日新聞の創刊に参画、絵入自由新聞も創刊する。自由民権運動に加わり、自由党の結成にはまとまった金を出し、板垣退助が岐阜で遊説中に遭難した時は真っ先に駆け付けた。明治22年、39歳で永眠した時、11歳の吉田茂に遺された金は50万円にのぼった。そのころの富豪の資産、たとえば大倉喜八郎(70万円)、安田善次郎(60万円)に迫る額で、経済ジャーナリストの梶原英之は「事業家の資産は遺産にまとめれば減るものだが、健三の実業家としての実力は大倉、安田に匹敵していた」と述べている。

 健三には有名な蘇生譚がある。葬式の準備でごった返している時、眼をぱっちり開けて「たくさんの鳥や動物が突っついて、この世に追い返された」と語った。それから25日間生き延びたという。

=敬称略

(市場経済研究所代表 鍋島高明氏)

信条

・吉田健三は遺産を茂にまとめるため、執念で蘇生し、2度死んだ。健三がいなければ茂の大宰相への階段は遠かった(梶原英之)

・国事に奔走する気概と真剣味で商売に取り組んだ(吉田茂)

・自分の遺言を公正証書として正式に作らせた点でも時代の先端をいった(猪木正道)

(よしだ けんぞう 1849~1889)

嘉永2年福井藩士渡辺謙七の長男として生まれ、16歳の時、大阪に出て医学を学び、慶応2年、英国の軍艦に便乗し欧米に遊ぶ。明治元年帰国、横浜のジャーディン・マセソン商会に入り、支店長として采配をふるい、同5年東京日日新聞の創刊に参画、同14年絵入自由新聞を創刊、自由党の結成にも加わる。同22年他界。この間友人の民権家竹内綱の息子、茂を養子に迎える。


<画像引用>

吉田健三(吉田茂養父)、佐藤一斎、山本条太郎、近現代・系図ワールド
http://kingendaikeizu.net/yosidakenzou.htm

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2010/02/08/4864923/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。