Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

「借金」頼みの鳩山ジャパン、十大リスク5位に輝く2010/01/06 07:56

ユーラシア・グループ:Top Risks and Red Herrings for 2010


米国が日本の「失われた10年」の真似をするのではないかと心配している専門家もいるが、より大きなリスクは日本の「失われた10年再び」の可能性だ。

ユーラシア・グループからこんなことを書かれてしまった鳩山ジャパン。
それ見たことかと読売や日経あたりが報じておりますが、海外メディアの注目度低し。
せいぜい米中関係を取り上げている程度。

それにしても気になるのは「借金」頼みの鳩山ジャパン。
藤井裕久財務相の辞任で新たな火種を抱え込むことになりそうな気配。

もっともっと気になるのは年頭会見で経済成長戦略の迅速な実施を求めた経済3団体トップ。
エコカー減税にエコポイントに加えて成長戦略まで政府におねだり。
「経済界こそ率先して具体策を示せよ」と言いたくなる。

日本株式会社に蔓延るおねだり体質。
やはり「失われた30年」突入は確実か。


<関連記事引用>

十大リスク5位に日本=「失われた10年」の再来も-米調査会社
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010010500487

 【ワシントン時事】地政学的リスク分析を専門とする米調査会社ユーラシア・グループは4日、今年の十大リスクを公表、5番目に「日本」を挙げ、民主党の脱官僚政治などが、より大きな政策リスクをもたらしており、日本にとって今年が新たな「失われた10年」の始まりとなる可能性があると指摘した。トップは米中関係。

 日本について、鳩山政権の指導力不足を痛烈に批判。実質的に権限を握っているのは、民主党の小沢一郎幹事長であり、鳩山由紀夫首相は効果的に決断を下すことができず、年内に首相の座を明け渡す可能性が高いと分析している。

 米中関係では、両国が地球規模の主要な問題解決に向け指導力を発揮する「G2」構想は実現しないと悲観的な見方を示し、逆に通商摩擦などが生じると予測している。2番目のリスクは、核問題を抱える「イラン」で、3、4番は「欧州の財政政策不一致」、「米国の金融規制問題」。 (2010/01/05-14:26)


<関連サイト>

Eurasia Group's President Ian Bremmer and Head of Research David Gordon announce Top Risks and Red Herrings for 2010
http://eurasiagroup.net/pages/top-risks
http://eurasiagroup.net/item-files/1001-04%20Top%20Risks%20announcement.pdf

▼こちらにも注目を
AEI - The Year Ahead
http://www.aei.org/outlook/100928
http://www.aei.org/docLib/01-Jan-2010-g.pdf

10大リスクに「日本」、首相を酷評…米社
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100105-OYT1T01155.htm?from=main4

10年の十大リスク、5位に「日本」 米シンクタンク「政策に不安」
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100105AT2M0502C05012010.html

成長戦略の具体策を=早期自律回復には懐疑的-新年祝賀会で主要企業トップ
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2010010500789

「成長戦略 迅速に実施を」 経済3団体トップ、政府に注文
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100106/mca1001060501003-n1.htm

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2010/01/06/4796848/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。