Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

小沢一郎、宮内庁長官を「あいつ」呼ばわり2009/12/18 02:44



ふしぎ、不思議、摩訶不思議。

どんな結末になるかは小沢さんが一番よく知っている。
それなのにどうして怖い人たちを刺激するようなことを繰り返すのだろう。

これではまるで自殺行為。
死に場所を探しているとしか思えない。

「こんなはずではなかった 無念」などと書かれた遺書が懐に?
それともすでに常軌を逸しているのか。

戦前のような事件が起これば日本はまた乱れることに。
日本を道連れにするつもりか。

誰か止めてよ小沢さん。



<関連記事引用>

小沢氏、宮内庁長官を「あいつこそどうかしている」特例会見問題で
2009.12.18 01:36
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091218/stt0912180138000-n1.htm

 民主党の小沢一郎幹事長が17日、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との特例会見を「天皇陛下の政治利用」にあたると懸念を表明した羽毛田信吾宮内庁長官を改めて激しく批判したことが明らかになった。

 小沢氏は同日、羽毛田氏について「あいつこそどうかしている。天皇の権威をカサにきている」と批判した。国会内で関係者に語った。

 記者会見など公の場での発言ではないが、天皇陛下に仕える宮内庁長官を「あいつ」呼ばわりし、羽毛田氏が天皇陛下を後ろ盾に使っているかのような認識を示した小沢氏の言動は、与党実力者としての良識が問われるものだ。

 小沢氏の羽毛田氏批判が明らかになったのはこれで3回目。小沢氏は14日の記者会見で「もしどうしても反対なら、辞表を提出した後に言うべきだ。当たり前でしょ、役人なんだもん」と述べて辞任を要求したが、羽毛田氏は応じない考えを示している。

 15日にも小沢氏は自身の政治資金パーティーで「内閣が決めたことを一官僚が記者会見まで開いて言うものではない。言うのなら、辞めてから言うべきだ」と羽毛田氏を批判していた。

コメント

_ ぽん夫人 ― 2009/12/18 04:15

なんだか、銀杏くさいなあと思っていたら
ありがたい事にお一人増えておられるの??と、思いきや早くも退会でございますか・・・。残念。
乙女のようですね、ではノットイコール乙女なので
悲しす。

さて、小沢さんの韓国での講演です。
カメラがぶれて、かつ聞きにくくみづらいのですが、
改めてみると凄いですね。
特に五分割中2番目の動画が、物議をかもしています。
僕、ニクソンファン、もなんだかなですが。

きっと削除されるでしょうから、ご興味のある方は是非ごらん下さいませ。

http://www.youtube.com/watch?v=xI9Dv8XFqto&feature=related

_ isaacpapa(会員番号4) ― 2009/12/18 05:42

退会してませんが…

なんと乙女なのでございますか! 婦人ではなく夫人と記されてあったのでついつい.

乙女との定義とは難しいのですが,何か民主主義という概念に近いような気がします.誠にそれは、理想.

最近,小沢さんの口から代議員制民主主義という言葉がぽんぽん飛び出しているようですが,仰られたいのはコーポラティズムのことだったりして.あの人相ではね…

_ 紅りんご ― 2009/12/18 11:14

すごいチャレンジャー(チョウセン者)ですね。
韓国での講演内容が、どこでも
かなりの話題になってまります。
国民すべてと闘う気マンマンですね。

アテルイの生まれ変わりなんですと。
http://www.ozawa-ichiro.jp/massmedia/contents/appear/2005/ar20050308143303.html

_ さるたひこ ― 2009/12/18 16:19

「思うに小沢君は、・・・・重厚にして質実、人生の試練に打ち勝ってきた不撓不屈の闘魂の持ち主でありました。しかも、清廉潔白、きわめて人情に厚い方でありました。平素君は、郷土の生んだ平民宰相原敬をかがみと仰ぎ「自戒」を座右の銘として、常に自らを戒めることを怠らなかったのです。

また、君には、苦労人にありがちな陰はみじんもなく、また人を非難攻撃することもなく、その豊かな人間性には誰もが敬服し、称賛せずにはおれなかったのであります。政治家・小沢佐重喜に政敵はあっても、人間・小沢佐重喜には一人の敵もなかったということができましょう」

昭和43年5月14日、衆議院本会議で行われた社会党の北山愛郎議員(岩手県第2区/当時は中選挙区)の追悼演説。

平野貞夫著 「虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実」講談社α文庫版より。

_ Y-SONODA ― 2009/12/19 10:57

★ぽん夫人さんへ

>早くも退会でございますか

いやいやいや。退会していないということですよw

>僕、ニクソンファン

そういえばニクソンも死んでから再評価の動きもあったような・・・。
しかもクエーカー系だから、皇室よいしょの意味もあったりして。

★isaacpapa(会員番号4)さんへ

乙女と民主主義の定義を一緒くたにしてもいいのかなー。
乙女はそれぞれの乙女観でいいような気がするw

★紅りんごさんへ

チョウセン者説はどうだかわかりませんが、アテルイというのはちょいと気になる。
日本の活断層というのはそもそも坂上田村麻呂に起因しているような感じもする。
いっそのこと「我々の土地を返せ!」などと吼えてくれたらおもしろいのにね。

★さるたひこさんへ

高知出身の平野貞夫は今の小沢一郎をどんな風にみているのでしょうか。
結構渡部恒三に近いような気がします。

_ さるたひこ ― 2009/12/19 22:37

平野貞夫氏は現在でも小沢一郎氏が尊重する唯一のブレーンといっても良い人物です。
その平野氏が昨今の小沢氏の行動に眉を顰めていると聞いたのはついこの前の日曜日のことでした。
(私の盟友(従前からのアンチ小沢)が面談しての報告)

私自身も平野氏と面識がありますが、彼は日本の基層文化である縄文を良く解っておられる方です。
氏の経歴(WIKI参照)からは想像し難いのですが、人を観る際にその人の出身地を縄文の昔にまで遡って人格形成の根底を探る姿勢を持っています。

先の私のコメントはその平野氏の著作から抜粋して小沢一郎氏に猛省を促すつもりで書きましたが、小沢氏は父親について殆ど語ることもなくどこか反発しているような節も窺えるので、あまり効果はないのかも知れない。

_ Y-SONODA ― 2009/12/20 01:52

さるたひこさんへ

やはり平野氏も昨今の小沢氏の行動に眉を顰めているのですね。
ここは平野氏に頑張ってもらって、小沢氏をチクリと刺激してほしいところ。
それはそうとこのブログで縄文などと書くと、それこそ熱くなる人がいるので、しばらく触れないほうがいいかもしれませんよーw

_ isaacpapa ― 2009/12/20 08:17

私が思いつく乙女とは,ご成婚される前の美智子様しか想像で来ませんでしたが,その後は聖母というか何というか.園田さんが言われるように,確かに主観ですね.

若き日の小沢一郎のマドンナは,田中眞紀子だったりして.青春時代の理想の女性像やその女性との因果が,その人の人生観や客観視した哲学に大きな影響を与えることも多々あります.

_ Y-SONODA ― 2009/12/21 08:32

isaacpapaさんへ

そういえば、私の世代には初恋は宇宙戦艦ヤマトの森雪と答える人が結構多い。
この手の人の人生観や哲学も今度調査しておきますねw

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2009/12/18/4763094/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。