Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

<戊辰再び>奥羽越列藩同盟に早くも足並みの乱れあり2009/12/16 01:12




習近平国家副主席との特例会見で自民党首相経験者から要請があったと語った前原誠司。
前原は元首相の名前を明らかにしなかったが、すでにFNNは中曽根康弘と特定。

中曽根といえば東アジア共同体評議会会長。
しかも、2007年6月に訪中した際には習近平と会談している。

前原発言は15日の記者会見で飛び出してきたもの。
今回の問題で中曽根の名前が唯一登場する記事は15日付産経新聞大阪版朝刊。
極めて重要なことが書かれているので、その記事を下記に全文引用しておく。

中曽根カードを切った前原だが、おそらくこの産経記事を読んでいない。
中曽根が要請したことを認めつつ、中曽根ら自民党の政治家は「ルール破りはダメ」を理解したはず。
中国の走狗のようになったのは民主党ではないかと切り返されればどう答えるつもりなのか。
それを予期した別の狙いでもあるのだろうか。

前原の背後に会津のケネディこと渡部恒三の姿がちらつく。
早くも反小沢で奥羽越列藩同盟に足並みの乱れあり。
これもいつか来た道。歴史は繰り返すというもの。

前原誠司の役回りは榎本武揚といったところか。
それにしても脇が甘すぎる。


<関連記事引用>

天皇陛下・中国副主席会見問題 宮内庁長官に辞任要求
2009/12/15産経新聞大阪朝刊

 ◆小沢氏「政治利用ではない」

 民主党の小沢一郎幹事長は14日の記者会見で、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との15日の特例会見について「天皇陛下の政治利用」にあたると懸念を表明した羽毛田信吾宮内庁長官に対し「内閣の一部局の一役人が内閣の方針にどうだこうだと言うなら辞表を提出した後に言うべきだ」と述べ、辞任を要求した。特例会見問題による閣内の不協和音は拡大しており、宮内庁長官の進退問題に発展する可能性が出てきた。

 会見で小沢氏は、1カ月前までの正式申請が必要な通常のルールについて「誰が作ったのか。法律で決まっているわけでもない。国事行為は『内閣の助言と承認』で行われるのが憲法の本旨で、それを政治利用と言ったら陛下は何もできない」と、政治利用ではないと強調した。ルールは天皇陛下のご体調に配慮したものだが、小沢氏は「陛下の体調がすぐれないなら優位性の低い(他の)行事をお休みになればいいことだ」としたほか、「陛下ご自身に聞いてみたら手違いで遅れたかもしれないが会いましょうと必ずおっしゃると思う」と述べた。

 小沢氏本人が特例会見を政府側に働きかけたとの見方については「私が言った事実はない」と否定した。

 民主党は14日、小沢氏と習副主席の15日午後の会談中止を発表。小沢氏は会見で「会いたいと連絡はあったが予定したわけではない。中国に行ったばかりだ」と述べたが、同党幹部は「マスコミが批判するからだ」と語った。

 ◆「辞めるつもりない」宮内庁長官

 民主党の小沢一郎幹事長が、宮内庁の羽毛田信吾長官の発言を「辞表を出してから言うべきだ」と批判したことについて、羽毛田長官は14日夜、記者団の取材に応じ、「自分は官房長官の指揮命令に従うと同時に、(陛下の)お務めのあり方を守る立場にある。辞めるつもりはありません」と明言した。

 会見の日程が発表された今月11日以降は、羽毛田長官は平野博文官房長官側とやり取りしていないという。小沢氏や官邸側に、自らの考えを説明する機会を設ける意向はないとした。

 ◆「亡国政権」…外交当局 異例の批判

 14日の記者会見で、民主党の小沢一郎幹事長は、羽毛田信吾宮内庁長官に辞任を迫るという激しい反発をみせた。宮内庁だけでなく、外務省にも今回の決定への強い懸念が広がる中で、異論を封じ込めようと、小沢氏が強気の姿勢を示したようだ。

 複数の日中関係筋の証言によると、鳩山政権は、中国側の度重なる申し入れに逡巡(しゅんじゅん)し、それでも抵抗できなかった。こうした対応に対して外務省関係者からは「外交では筋を通してほしい」、宮内庁幹部からも「問題を安易に考えている」と強い批判が出ている。

 実は、政府は11月30日、正式に中国側に「会見は無理」と通告した。「1カ月ルール」と、75歳と高齢の陛下のご健康が万全とまではいえないことが理由だった。ところが、駐日大使館を中心とする中国側の巻き返しが始まった。政府・民主党だけでなく、野党・自民党の中曽根康弘元首相ら中国とパイプの太い政治家らにも「なりふり構わず」(外交筋)働きかけた。

 「日本が一度断れば、中国が必死に動いてくることは分かっていたことだ。なのに、鳩山政権は中国側の動きに動揺してしまった」

 別の外交筋はこう解説する。中曽根氏ら自民党の政治家は「われわれが『ルール破りはダメです』と説明したら理解してくれたが、民主党側は、まるで中国の走狗(そうく)となった」という。

 平野博文官房長官は12月9日、首相官邸を訪ねて重ねて会見実現を求めた中国の崔天凱大使に「陛下のお体もあって大変厳しい」と明言を避けた。だが、翌10日には小沢氏ら民主党議員143人の訪中団出発が控えており、結局、同日中に羽毛田長官に2回目となる指示を出し、宮内庁を押し切った。

 宮内庁幹部は「官房長官から内閣府の外局である宮内庁の長官へという指揮命令系統を使ったということは、実質的に陛下に直接指示するのと同じだ」と指摘。一連の政府・民主党の動きについて、外務省幹部の一人は「亡国政権。小沢氏の意向が背後にあるのだろう」と言い切った。

 外交当局が、ときの政権を「亡国政権」とまで形容するのは極めて異例だ。

 一方、政府筋は14日、「前政権のルールは知らないし、報道に違和感を持っている」と語った。陛下の政治利用の重大性や外交の継続性が見えなくなっているようだ。(阿比留瑠比)


留守中に『反小沢系』が会合 政府・党の懸案協議か
2009年12月11日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009121102000093.html

 民主党の渡部恒三元衆院副議長ら、小沢一郎幹事長と距離を置くとされる中堅・ベテラン議員が十日夜、都内の料理店で会食した。小沢氏は百四十人超の党所属国会議員を率いて同日から訪中しており、不在中の会合は憶測を呼びそうだ。

 会合には渡部氏のほか、岡田克也外相、前原誠司国土交通相、仙谷由人行政刷新担当相、枝野幸男、玄葉光一郎両衆院議員らが参加した。二〇一〇年度予算編成や米軍普天間飛行場移設問題など、政府・与党内の懸案課題について意見交換したとみられる。

 民主党内では、政策立案機能の政府への一元化など、小沢氏が打ち出す一連の方針に異論も根強いが、これまで「反小沢」の動きは表面化していない。


民主・渡部氏、外相ら「七奉行」と会合 小沢氏の居ぬ間に…
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091211AT3S1002C10122009.html

 民主党の渡部恒三元衆院副議長がかつて、民主党のリーダー候補として「七奉行」と呼んだ岡田克也外相、仙谷由人行政刷新相、前原誠司国土交通相ら7人が10日夜、都内の日本料理屋で渡部氏を囲む会合を開いた。渡部氏は小沢一郎幹事長と距離があるとみられている。小沢氏の中国訪問中の会合は憶測を呼びそうだが、渡部氏は「そんなこと知らねえよ」とけむに巻いた。

 出席者はほかに野田佳彦財務副大臣、枝野幸男元政調会長、玄葉光一郎衆院財務金融委員長、樽床伸二衆院環境委員長。(07:00)


<関連サイト>

天皇陛下特例会見:元首相、自民党も要請…前原国交相発言
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091216k0000m010046000c.html

「東アジア共同体は米国とともに」…中曽根元日本首相(寄稿)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=85622

東アジア共同体評議会
http://www.ceac.jp/j/index.html
http://www.ceac.jp/j/const3-officers.html
http://www.ceac.jp/j/const3-members.html

コメント

_ S ― 2009/12/16 03:19

前原大臣??????????

中曽根さんが内閣を動かしたと言っているのですか?
民主党がただの老人一人に動かされたと告白しているようなもので、
却って恥ずかしいのではないでしょうか?

_ 野蛮な来訪者 ― 2009/12/16 04:49

いや先生、そもそもこのブログでは記号的な意味での奥羽越であって、本来の意味じゃないでしょ、ここではw
最近感情論が多くて、このブログw

コーゾーは、ああ見えて、CSIS系ですからね。
山本覚馬あたりから連綿と続くアレですね。

いま気になるのは侍従長ですね。
小和田、芳澤の高田藩ライン…。
こちらは越後だけど官軍ですわ。

_ とおる ― 2009/12/16 10:50

日本国憲法第3条: 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。

前原誠司くん、重要なので、もう一度言います。
「内閣が、その責任を負ふ。」
前原誠司くん、君も内閣の一員という自覚は?
他党の元総理に主導されるほど、現政権は、自民党の政治家主導?

_ Y-SONODA ― 2009/12/17 08:41

★Sさん&とおるさんへ

産経さんの記事が少し曖昧に書いているところがあるのですが、おそらく中曽根は鳩山政権を通さず直接外務省経由で要請していたと聞いています。
それを裏付ける記事が昨夜あたりから出てきていますので、末尾に貼り付けておきますね。
結果として、私が書いたとおり「ルール破りはダメ」を了解した中曽根と中国の走狗のようになったのは民主党の対応の差が浮き彫りになったということですね。

★野蛮な来訪者さんへ

>記号的な意味での奥羽越

今の日本を読み解く暗号で日本版「聖書の暗号」ですね(トンデモ系かよw)。
それにしても山本覚馬の名前まで出さないでくださいよ。調子に乗っちゃうじゃないですか。
川島裕とくれば緒方貞子で、貞子さんといえば美智子様のインナー・サークルの中心。
このあたりの動きも大いに気になりますね。
それにしてもなにやら今は嵐の前の静けさ。
恐ろしい情報が続々と入ってきています。どうなることやら。


<以下最新記事引用>

中曽根氏に1カ月ルール説明=官邸が外務省に指示-天皇会見問題
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009121600939

 天皇陛下と中国の習近平国家副主席の会見に関し、外務省が自民党の中曽根康弘元首相に対し、会見は1カ月以上前に申請する宮内庁の「1カ月ルール」について説明していたことが16日分かった。外務省課長が同日開かれた自民党の「天皇陛下の政治利用検証緊急特命委員会」の初会合で明らかにした。

 この課長によると、今月7日ごろ、首相官邸の指示を受けて中曽根氏と面会し、1カ月ルールの内容を説明した。これに対し、同氏は「了解した」と答え、会見を強要するようなことはなかったという。

 会見をめぐっては、官邸サイドが1カ月ルールの慣行に反し、特例的にセットするよう宮内庁に指示。これに、同庁の羽毛田信吾長官が不快感を示す異例の事態となっている。一方、前原誠司国土交通相は、自民党の首相経験者から会見の働き掛けがあった可能性を指摘している。(2009/12/16-20:05)


天皇陛下特例会見:自民が検証委、「元首相」は中曽根氏?
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091217k0000m010086000c.html

 自民党は16日、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見が特例的に実現した問題を検証する緊急特命委員会を開いた。外務省の垂(たるみ)秀夫中国・モンゴル課長は、中曽根康弘元首相と今月7日ごろに面会し、会見は1カ月以上前に申請するという「1カ月ルール」を説明したことを明らかにした。中曽根氏は「よく分かった」と答えたという。垂氏は明言を避けたが、中曽根氏は政府に対し、天皇陛下と習副主席の会見を求めたとみられる。

 前原誠司国土交通相は15日、「(特例会見は)元首相の方から話があったと聞いている」と述べている。垂氏はこの「元首相」が中曽根氏だとは明らかにしなかったが、「官邸からの指示があり、(中曽根氏に)説明をした」と語った。

 7日には平野博文官房長官が鳩山由紀夫首相の指示で宮内庁に会見の設定を要請し、断られた経緯がある。外務省の中曽根氏への説明はこの時期と重なる。特命委で石破茂政調会長が「中曽根氏から『ルールを曲げても』という話はなかったか」とただしたのに対し、垂氏は「一切ない」と強調した。【坂口裕彦】


国事行為ではない―宮内庁 中曽根氏にもルール説明
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009121601000868.html

 宮内庁の岡弘文官房審議官は16日、自民党本部で開かれた「天皇陛下の政治利用検証緊急特命委員会」の会合で、陛下と習近平中国国家副主席の特例会見について「公的行為なので内閣の助言と承認は必要ない」と述べ、憲法上の「国事行為」に当たらないとの認識を示した。

 特例会見に関して民主党の小沢一郎幹事長は「天皇の国事行為は内閣の助言と承認で行われる」と強調。鳩山政権の対応は天皇の政治利用ではないと主張していた。

 また、特例会見の実現に中曽根康弘元首相が関与したとの見方に関連し、外務省の垂秀夫中国・モンゴル課長は、平野博文官房長官の指示で外務省側が今月7日ごろ、会見には1カ月前までの正式申請が必要な「ルール」を中曽根氏に説明したと明らかにした。

 垂氏は平野氏から指示された理由について「承知していない」と述べるにとどめた。中曽根氏は「よく分かった」と話したという。特例会見をめぐり、前原誠司国土交通相は自民党の首相経験者から働き掛けがあったとの見方を示している。


「1か月前慣行」外務省、中曽根元首相に説明
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091217-OYT1T00026.htm

 自民党は16日、党本部で「天皇陛下の政治利用検証緊急特命委員会」(委員長・石破政調会長)の初会合を開き、天皇陛下と中国の習近平国家副主席の会見が特例的に行われた経緯を政府側から聴取した。

 この中で、外務省の垂秀夫中国・モンゴル課長は、天皇と外国要人との会見には1か月以上前に申請する慣行があることを、首相官邸の指示で中曽根元首相に事前に説明していたことを明らかにした。中曽根氏は、説明に「了解した」と語ったという。垂氏は、中曽根氏が会見の実現を求めていたかどうかは「承知していない」と述べた。

 一方、中曽根氏は同日、日本テレビの番組「なかそね荘」の収録で、「(会見は慣行に)従ってやるのが正しい。やむを得ない状況だったが、(政府は)もう少し、国民に理解される形を考えるべきだった」と指摘した。

(2009年12月17日00時40分 読売新聞)

_ とおる ― 2009/12/17 09:54

ご参考。

天皇陛下の「政治利用」に関する自民党の検証会
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/1371841/
より、
【外務官僚A】 先ほど、元総理から働きかけがあったかどうかというご質問があった。元総理から働きかけがあったかどうかは承知していないが、元総理に対して1カ月ルールの説明を行うようにという官邸からの指示があり、その説明を行った経緯がある。
【平沢氏】 元総理って誰ですか。
【外務官僚A】 中曽根元総理でございます。12月の7日前後だったと思います。

_ Y-SONODA ― 2009/12/18 09:35

とおるさんへ

>天皇陛下の「政治利用」に関する自民党の検証会
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/1371841/

これはどうも情報ありがとうございます。
やはりここが重要ですね。

外務官僚A 前原大臣の発言に対してコメントは控えたい。1カ月ルールについて中曽根元総理に説明したところ、「よく分かりました」ということだった。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2009/12/16/4758879/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。