Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

<クライメートゲートとジャーナリズム>日本株式会社の涙ぐましい努力の先にあるもの2009/12/05 01:35



日本株式会社は地球温暖化に頼るしかないのだ。
日本株式会社はエコでしか生き残ることができないのだ。

そのためにクライメートゲートの報道を控えよう。
そんな涙ぐましい努力を続けているように見える日本の新聞各社。

私はテレビをほとんど見ない人。
はたして日本のテレビはクライメートゲートを伝えているのでしょうか。
(見かけた方はご一報を♪)

日本株式会社を支えたい気持ちは痛いほどよくわかる。
しかし、世界が地球温暖化で踊らなくなった時、日本株式会社はどうなるのかも考えてほしい。
そのリスクを回避する手立ても今から考えておくべきだ。

そして、敢えて言う。

日本のジャーナリズムはすでに死んでいる。


<検索調査結果:日本の新聞・雑誌はクライメートゲートをどう伝えているか>

活用記事検索サイト:日経テレコン21
検索日時:2009年12月5日0時20分
対象期間:1ヶ月
データベース:すべての媒体(日経、全国紙、地方紙、一般紙、専門誌、雑誌などが対象)


★検索結果「クライメート ゲート」:新聞 (2) =朝日新聞 (1)読売新聞 (1)

★検索結果「イーストアングリア」:新聞 (2)=朝日新聞 (1) エコロジーエクスプレス (1) 、雑誌 (1)=週刊ダイヤモンド (1)


▼朝日新聞記事=「クライメート ゲート」「イーストアングリア」両方あり。

盗まれたメール、COP15控え波紋 研究者「気温の低下隠した」 英米メディア過熱
2009/11/26朝日新聞夕刊
http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2009/11/28/4724330

▼読売新聞記事=「クライメート ゲート」のみ(長いので抜粋引用)

「ポスト京都」 COP15が山場  削減枠組み 米中参加カギ(解説)
2009/12/03東京読売新聞朝刊

 ◆科学の進歩 交渉後押し

 温暖化問題の国際交渉は、最新の科学的知見と国際政治が連動する形で進んできた。COP15に至る交渉を後押ししたのは、2007年に気候変動に関する政府間パネル(IPCC)がまとめた最新の第4次評価報告書だった。

 報告書は大気や海の温度上昇、雪氷の融解が広範囲に及んでいることや海面水位の上昇を根拠に、「気候システムの温暖化には疑う余地がない」と言い切った。

 太古の昔から、地球では温暖な時期と寒冷な時期が繰り返されてきた。産業革命後の気温上昇は自然現象か、化石燃料を大量使用した結果か。最大の難問についても、「人間活動による温室効果ガスの増加によってもたらされた可能性が非常に高い」と踏み込んだ。

 「可能性が非常に高い」は確率で言えば「90%超」。IPCC設立後、20年を超える観測データの蓄積、スーパーコンピューターによる分析精度の向上で、温暖化の科学は大きく前進した。

 米国に深い傷跡を残した大型ハリケーン「カトリーナ」、豪州を襲った記録的な干ばつ……。IPCCの将来予測を裏づけるような異常気象が、報告書の公表の前後に続いたことも、影響力アップに一役買った。日本でも、花の開花時期の変化や暖冬傾向から、温暖化の現実味を「実感」する人たちが増えている。

 国際交渉も、これまでのところ、科学の要請を踏まえながら進んでいる。IPCCは産業革命以降の気温上昇が2度を超えると、深刻な被害が生じると指摘。危険を回避するための削減シナリオの一つとして、「先進国全体で90年比で25~40%の削減」を示した。

 これを受け、EUは90年比で20~30%を削減する方針を決定。鳩山政権もIPCCのシナリオを強く意識し、90年比で25%の削減目標を掲げたが、こうした流れが国際社会の主流になっているとはいいがたい。

 温暖化の証拠がいくら増えても、将来予測を伴う科学には不確実性が残る。温暖化が科学の領域から、国際社会が取り組むべき共通課題になるにつれ、温暖化に懐疑的なグループの動きも活発化している。

 COP15を目前に控え、温暖化を意図的に誇張したとも受け取れる研究者のメールが最近、ネット上に流出した。欧米メディアは、ウォーターゲート事件をもじり、「クライメート(気候)ゲート事件」と報道。懐疑論を展開するグループは批判を強めている。科学の要請をどう現実の政策に反映させるか。交渉はこれから正念場を迎える。

▼週刊ダイヤモンド記事=「イーストアングリア」のみ

新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 Number 816 
CO2地球温暖化説を推進するIPCCや鳩山政権の活動への疑問
2009/12/05週刊ダイヤモンド
http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2009/12/01/4731372


▼エコロジーエクスプレス=「イーストアングリア」のみ

気候変動に関する暗い予測を科学者らが発表
2009/11/25エコロジーエクスプレス(欧州ニュース)

 11月25日に公表された最新の厳しい科学報告書によると、北極海の海氷の融解速度と最近の世界の海面上昇率は、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の従来の予測をそれぞれ40%と80%上回っているという。

 12月に開催される国連気候変動枠組み条約締約国会議に先立ち公表された64ページにわたる「コペンハーゲン診断 (Copenhagen Diagnosis)」と題する報告書は、IPPCが最新の評価報告書を公表した後に、専門家による査読を経て発表された数百通の研究論文を要約している(欧州ニュース 2007年11月21日付(https://www.ecologyexpress.jp/content/europe/EUI-200711200005.html))。

 同報告書は、排出量が2020年までにピークを迎えて、その直後から低減し始めない限り、世界の気温上昇幅が摂氏2度を超える確率は極めて高いと、改めて指摘している。太陽強制(solar forcing) は弱まっているにもかかわらず、気温は過去10年間、上昇し続けている。

 今回の知見が公表される数日前、英国のイーストアングリア大学からリークされた一連のEメールや文書によって、気候学者らの間で行なわれていた不正や、科学者と懐疑論者との深い溝が浮き彫りとなり、気候科学の世界に打撃をもたらした。

 リークされたEメールは、気候変動は人為的に引き起こされたとの理論を裏付けるために、データが改ざんされていたことを示しているとの主張を、イーストアングリア大学ははねつけた。「(こうした主張は)早急に講じるべき対策の性質をめぐる筋の通った議論を妨げようとする、長年にわたって続く、時に腹立たしいキャンペーンの最新例である」と、大学側は反論した。

 *25日には、欧州議会がコペンハーゲンで開催される気候変動サミットに対し、「最低でも」先進諸国が取り組む気候変動の影響緩和策の目標値と気候対策への資金供与、さらに各国の公約を来年、法的拘束力を伴う協定に発展させるための「正式な手続き」をめぐり、合意を実現するよう求めた(欧州ニュース 2009年11月9日付(https://www.ecologyexpress.jp/content/europe/EUI-2009111119001.html))。

 また議会は、発展途上国向けに実施する50億-70億ユーロの「早期」資金供与、気候対策の資金としてEU全体で2020年までに年間300億ユーロを出資する計画、さらには50%以上の排出枠をオークション方式で割り当てるなど、他部門における目標に沿った形でバンカー燃料に対する排出削減目標を導入することを後押しした。

参考:

「コペンハーゲン診断(Copenhagen Diagnosis)」と題する報告書(http://www.copenhagendiagnosis.org/press.html)

イーストアングリア大学のプレスリリース(http://www.uea.ac.uk/mac/comm/media/press/2009/nov/homepagenews/CRUupdate)

気候問題をめぐる決議に関する欧州議会のプレスリリース(http://www.europarl.europa.eu/news/expert/infopress_page/064-65053-327-11-48-911-20091123IPR65052-23-11-2009-2009-false/default_en.htm)

コメント

_ とら猫イーチ ― 2009/12/05 09:36

IPCCのデータ捏造と懐疑的科学者に対する迫害の報道が、筆によっては違った印象を与えるのですね。 一般人の理解では、報道自粛か規制があったと考える他無さそうです。 
 英米とも、謀議に関わった科学者が属する大学では調査を行うそうですし、今後各国では、政策の見直しが実施されることも予測されます。 事件の発端に関しても、現時点では、既に、ハッキングなどという犯罪の報道記事よりも内部告発として遇する報道機関が多くて、当該資料もデータ・ベース化して一般に公開するところもあります。 ちなみに、ある会合で参加者に聞いたところ、英米人は詳細を承知していましたが、日本人は何のことか分からない様子でした。

http://tanakanews.com/091202warming.htm
地球温暖化めぐる歪曲と暗闘(1)

http://www.climate-gate.org/index.php
Climate Gate Document Database

_ Y-SONODA ― 2009/12/05 11:22

とら猫イーチさんへ

各方面から情報を集めているのですが、報道規制はないようです。
国益を考えた上での報道自粛と考えたほうがいいみたいですよ。
地球温暖化ありきで突っ走ってきた日本株式会社。
今さら後には引けないといったところではないでしょうか。

>内部告発として遇する報道機関
私もこの点に注目。そのためちょいと日本はピンチではないかと。

>Climate Gate Document Database
今わくわくしながら見ています。
どうも情報ありがとうございます。

_ とおる ― 2009/12/07 08:55

今朝5時半過ぎに、次のTBSラジオで、「クライメートゲート」の言葉が出ました。気象データの改造の話も出ました。
・生島ヒロシのおはよう定食・おはよう一直線
 http://www.tbs.co.jp/radio/ohayou/

_ Y-SONODA ― 2009/12/08 09:07

とおるさんへ

おっと、ラジオからきましたか。
表で紹介したようにようやくテレビでもちらほら取り上げられてきたような。
とはいえ押尾学とタイガー・ウッズが日米テレビニュースを占拠中。
これまた世も末ですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2009/12/05/4741923/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。