Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

事業仕分けにも原発利権の影あり2009/11/18 01:17



昨日「事業仕分けで財務省の一人勝ち」と書きましたが、詳細が入ってきました。
しかも、なんと事業仕分けにも原発利権の影あり。

仕分け対象になっている「電源立地地域対策交付金」の行方に注視。
踏み絵を迫って、電力に原子力に地方自治体をまとめて我が物に。

自民の牙城に切り込む民主。
一方、自民総裁は自転車転倒で休養中。

政治とは所詮金と票の奪い合い。地球温暖化問題とてその道具。
選挙原理主義者・小沢一郎の高笑いが聞こえてくるようだ。


<関連記事引用>

【事業仕分け】マニュアルが存在していた! 背後に財務省の影
2009.11.17 23:44
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091117/plc0911172346018-n1.htm

 行政刷新会議の事務局が事業仕分け作業にあたって作成したマニュアルの存在が17日、明らかになった。マニュアルは事前に仕分け人に配布され、これをもとに仕分け作業が進められた。マニュアル作成について、仕分け作業の統括役を務める民主党の枝野幸男元政調会長は同日、「情報を共有するために私の判断で作った」と述べたが、マニュアルの背後には財務省の影がちらついている。実際の仕分け作業でも民主党マニフェスト(政権公約)に基づく一部の政策を除けば、財務省のお膳(ぜん)立てに従った判定が目立っている。

 仕分けマニュアルは対象事業の問題点を列挙した上で、担当省庁の反論に対する再反論の方法までも指南した内容。そこに盛り込まれた具体例からは、財務省が好みそうな「成果主義」「行政効率」「受益者負担」などの原則が浮き彫りになっている。

 実際の仕分け作業でも、短期に成果があがらない事業は冷遇された。特に文科省は長期的視野に立った事業が多く、予算全体の約7割が仕分け対象となった。教育、人材育成の関連する事業の「廃止」について、同省幹部は「『コンクリートから人へ』という政権の方針はどこへ行ったのか」と不満を漏らす。

 また、「行政効率」という面で、広告宣伝費や複数の省庁にまたがる事業や民間に移行可能な事業は整理統廃合される傾向にある。法務省が要求した「裁判員制度の啓発推進費」も「最高裁や弁護士会と重複している」との批判を受けて、予算計上見送りとなった。

 一方、歳出規模の削減を進めたい財務省に対して、民主党はマニフェストに掲げた政策についてはぎりぎりで主張を押し通した。とりわけ社会保障関連予算は、マニフェストに「自公政権が続けてきた2200億円の削減方針は撤回する」と記述されており、仕分けでも厚遇されている。仕分け対象として取り上げられる数も少なく、削減額も小幅にとどまっている。

 エネルギー関連事業にもこの傾向が表れている。民主党は、マニフェストで「原子力利用について着実に取り組む」としている上に、鳩山由紀夫首相は2020年までの温室効果ガス25%削減を掲げており、原子力発電の推進は欠かせない要素だ。17日の仕分け作業では、高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)の運転に慎重な意見が相次いだにもかかわらず、仕分け結果では、運転再開を容認。民主党の方針に沿った結論となった。

 仕分け作業は、公開の場で行うことによって予算編成の透明化を図るという建前になっている。しかし、見えない部分にからくりがあり、そもそも仕分けの俎上に載せた事業の選定は、財務省の作成したリストがもとになっている上に、仕分けマニュアルにも財務省の意向が色濃く反映されたふしがある。あらかじめ財務省が書いたシナリオに沿い、一部に民主党の独自色を加えたのが今回の仕分け作業の本質だ。(小田博士)

コメント

_ 良くコメントするようになった読者 ― 2009/11/18 02:00

「電源立地地域対策交付金」と外国人の地方参政権はパックなんですね。
ただ,民主の勢いも地方ではやや失速気味なので,日本人のバランス感覚に期待したいです。

_ 敢えて名を伏す ― 2009/11/18 18:18

事業仕分けの中継を見ていると、全ては官僚が悪いというように見えてしまいます。

しかし俎上に載せられている事業案件の中には、自民党の族議員の押しつけによって作られたものがかなりあるわけで、野党に下がって伸び伸びして遊んでいる自民党議員たちは後ろ向いて舌を出しているでしょう。
(いや、利権が消えて青ざめている人もいるかもw)

官僚たちの中には表向き絞られて困っているようにみえても、内心ホッとしているケースもあるようです。
(自民党政権時代に眉をひそめるようなことがあっても、逆らえずにいたこともたくさんあったから)

あと、これは噂ですが・・今回の概算要求は事業仕分けで削られることを想定して、端から水増ししておいたということがあるような。。。
(だから史上最高額になってたとかww)

行政刷新会議に点数を差し上げて、実質は問題ないレベルで収まるように仕掛けがしてあるのかも知れません。

産経の記事もそうですが、官僚さんはしたたかですネェ。

_ 敢えて名を伏すの隣人 ― 2009/11/18 18:29

おっと、そうは言っても国産のロケットエンジンの開発予算が全面否定されたりして、とんだとばっちりがww

あの中には実は迎撃ミサイルに役立つ技術開発が含まれている
・・・かもしれないのに・・・
事業仕分けの現場では、そんなことは口が裂けても説明できないから。。。(涙)

全てを公開するやり方では、こんなことを斟酌できないこともあるわけで、仕分け人が国の安全保障を脅かしていることにもなりかねないのです。

リベラルバイアスの怖さの一端ですね。

_ とおる ― 2009/11/18 22:36

殲獄 人民刷新相の人民刷新会議が、人民仕訳けで、
・民主党の役(利権)に立つ人民を選別
・「世界一を狙ったり、日本に役立つ科学・技術を担う人」から、愚民の「子供手当て」へ
と、文化大革命を実行中。
田中角栄の愛弟子による日本列島大改造計画が進展中。

_ 老荘バーク ― 2009/11/19 00:32

このタイミングでOECDが登場してきましたね。
「外圧発動」のタイミングも気になります。

子ども手当は見直しを OECDの政策提言
http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009111801000220.html

他の省庁は公開で吊るし上げられている中、
財務省だけは、おこたに入ってみかんを食べながら見物ですか~w
財布を握っているところに権力が集まりますからね。


中国のエネコンも元気ですね~。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】タイの原子力開発に中国企業が参入
http://my.reset.jp/adachihayao/index.htm

_ Y-SONODA ― 2009/11/19 08:44

★良くコメントするようになった読者さんへ

>「電源立地地域対策交付金」と外国人の地方参政権はパック

これはどうなんでしょうね。
原発がある町をあちこち見て回ったのですが、漁村というイメージが強いような。
少し調べてみますね。

★敢えて名を伏すさんへ

>これは噂ですが・・今回の概算要求は事業仕分けで削られることを想定して、端から水増ししておいたということがあるような

あはは、事業仕分け対策の水増し疑惑ですね。
この噂は別ルートからも届いていますよ。
水増し分をカットしただけなのに、「とったどー!」と勝ち誇っている民主党。
しかも、事業仕分けには法的拘束力はない。
余程暇なんだろうと思われても仕方がないほどの空前絶後の茶番劇かもしれませんね。

★敢えて名を伏すの隣人さんへ

仙谷さんが「仕分け結果は予算に反映」などと申しておりますが、これはもうスレスレ発言。
そんなことを言い出したら、行き着く先はどうなるか。
「国会なんていらん、国会議員もいらん」になりはしないかとw
ついでに国会法に抵触しているとの見方も浮上してきましたね。

“仕分け結果は予算に反映”
http://www3.nhk.or.jp/news/t10013859711000.html

国会議員による事業仕分は国会法に抵触? ― 河上発言の意図を探る
http://news.livedoor.com/article/detail/4452423/

★とおるさんへ

>田中角栄の愛弟子による日本列島大改造計画

公開するのは素晴らしいなどと評価の声が多数の中でやりたい放題。
いよいよ日本も怪しくなってきましたね。

★老荘バークさんへ

>子ども手当は見直しを OECDの政策提言

これは民主党にとっては助け舟になるかもしれませんよ。
いよいよ子ども手当も見直し対象になってきたとか。
民主党のマニフェスト原理主義が早くも崩壊しつつあるようです。
日本がもたもたしているうちに中国がどんどん勢い付くかもしれませんね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2009/11/18/4702485/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。