Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

太極図から見る鳩山友愛2009/09/23 10:22

太極図


陰陽 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B0%E9%99%BD

重要な事は陰陽二元論が、この世のものを善と悪に分ける善悪二元論とは異なると言う事である。陽は善ではなく、陰は悪ではない。陽は陰が、陰は陽があってはじめて一つの要素となりえる。あくまで森羅万象を構成する要素に過ぎない。


<コメント>

陽には陽の役割が、陰には陰の役割がある。
何よりも重要な事はそのバランス。
バランス乱れる時、日本は乱れ、地球が乱れる。

コメント

_ 老荘バーク ― 2009/09/23 20:36

<岩波文庫 『老子』 蜂谷邦夫注訳 第四十二章(P.202)より一部引用>

道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生ず。
万物は陰を負い陽を抱き、沖気以て和を為す。

(訳)
無という道は有という一を生みだし、一は天地という二を生みだし、二は陰陽の気が加わって三を生みだし、三は万物を生みだす。
万物は陰の気と陽の気を内に抱き持ち、それらの気を交流させることによって調和を保っている。


25%削減演説の意図は米中をその枠組みの中に参加させることみたいですが、この「25%削減」の箇所だけが一人歩きをして、日本に跳ね返ってきそうな気がしています。

それでもエネコンの方々は、喜んでいそうですがw

<追伸>
現在読んでいるニスベットの本は『共同体の探求 自由と秩序の行方』という本です。
http://www.azusa-syuppan.co.jp/kyodotai-tankyu/kyodotai-tankyuu.html
http://www.amazon.co.jp/dp/4900071331/

ニスベットのフランス革命観は大変勉強になります。

_ Y-SONODA ― 2009/09/24 07:41

老荘バークさんへ

地球温暖化の件も海外メディアは胡錦濤一色。
その胡錦濤の国連演説ではnuclear energyも飛び出しましたから、エネコンは大喜び。
その上ロックフェラー財団まで原発を担いでくれた。
それでも米国の伝統保守やら宗教保守は超頑固者。
その米国が参加するはずがない。これを知る中国もこのまま余裕で不参加へ。
鳩山首相は米国や中国などの参加を前提としているので、25%削減も見事に消える。
やはり、地球温暖化問題自体が消え行く運命にあるような気がします。

米欧の狙いは「日本(京都)の次は中国」。
米欧は気候変動におけるリーダーシップを中国に握らせようと必死。
このあたりの空気を鳩山内閣がまったく気付いていないことが大いに気になる。

_ YS ― 2009/09/26 10:08

【正論】民主党政権発足に寄せて 宗教学者・山折哲雄
「二重」権力構造は統治の知恵
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090925/plc0909250311008-n1.htm

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2009/09/23/4593109/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。