Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

<覚悟のススメ>二番底の鳩山不況2009/09/16 00:17



二番底になるかどうかは別にして、景気が劇的に改善することなどありえない。
自民であれ、民主であれ、同じ結果になっていたはず。
それでも「鳩山不況」と呼ばれることになるのか。
今から覚悟をしておけば、政治を観る目も変わってくるかもしれない。







<関連記事>

日本経済に二番底の懸念、早急に景気対策を=榊原早大教授
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-11421320090909?sp=true

景気対策ないと「鳩山不況」も…民主ブレーン・榊原氏
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090909-OYT1T00980.htm

コメント

_ 野蛮な来訪者 ― 2009/09/16 05:31

連投ですw
今、マーケットでの注目は、二番底よりも郵政担当相に内定のカメイ君の過去の発言。
今回の内定は、これ含み?それとも強烈な決別メッセージかw??
フジイとカメイがカクエイにならんことを…。
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=3_5J_6zu86o

_ Y-SONODA ― 2009/09/16 07:52

野蛮な来訪者さんへ

亀井さんについては毎日さんが面白い記事を配信中。
なにやら米国が閣僚人事に関与しているかのようなことを書いています。
やはり鳩山政権とて米国には忠実なのかも。

鳩山内閣:「亀井防衛相」幻に 「対米関係」配慮か
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090916ddm002010103000c.html

 しかし、防衛相は、在日米軍再編問題や海上自衛隊によるインド洋での給油活動など、日米同盟に絡む懸案を抱える重要ポスト。国民新党の下地幹郎政審会長は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画見直しを強く主張しているほか、亀井氏自身も自衛隊の海外派遣には慎重とみられ、亀井氏が防衛相に就任した場合の日米関係悪化を懸念する声も民主党内や外務、防衛省内から出ていた。

 そのため、亀井氏の防衛相起用については一転、「再検討が必要」(鳩山氏周辺)な状況になったという。党関係者は「米側から否定的な反応が示されたのではないか」とも指摘している。

_ Q ― 2009/09/16 07:55

野蛮な来訪者さん

亀井さんは、郵政相になるとして、その場合は、小泉構造改革反対のほうに進むけど、でも、一方で、米国債を購入すると言っているんでしょう? これは、アメリカにとっては、どう判断したらよいのか?

一方、円高(ドル安)容認の藤井さんが財務相就任を噂されている。こちらの考えとしたら、米国債は買わないということ。

どうなることやら...

_ へなちょこエンジニア ― 2009/09/16 08:00

二番底のススメかと思った。
>景気が劇的に改善することなどありえない。
多くの国民はわかっているんじゃあないですか?
たまったアカを落とす三助役。

_ Q ― 2009/09/16 08:04

園田さん

亀井さんの防衛相は、最初から、あんまり無いだろうなと思ってました。亀井さんが一番力を入れていたのは、郵政民営化の件だから。彼は防衛相は、さほど熱心ではなかったと思う。

でも、鳩山政権が、反米、中国共闘というのは、本当だと思う。というか、胡キントウの共産党青年団との同盟ということでしょう?おそらく。中国のマスコミでも、中国の社会科学院の専門家が、日中で、米国債を売り抜けて、ドル基軸通貨を潰せみたいなことを言い始めている。

鳩山政権は、早速、アメリカからの圧力を受けているけど、でも、基本、アメリカの覇権をいかに終わらせるのか?という面では変化は無いと思う。NW紙の日本ウォッチャーが、「民主党は割れているという話だが、アメリカよりも中国重視という面では、賛成派が圧倒的に多いから、実は言われているほど割れてない」といって、懸念を表していた。

_ Y-SONODA ― 2009/09/17 22:51

★へなちょこエンジニアさんへ

>多くの国民はわかっているんじゃあないですか?
わかっているなら安心なんですけどね。
なんでもかんでも政治のせいにする人がまだいるような気がする。
景気対策を期待して民主党に一票を投じた人も多いみたいですよ(各紙世論調査)。


★Qさんへ

Qさんの書いていることってあまりにもナンセンス。
情報のとり方をそれこそネットの変なサイトに依存していませんか?
アメリカの覇権を終わらせたら、どこが一番困るのかを冷静に考えてみてください。
(レス不要です)

_ 老荘バーク ― 2009/09/18 01:29

亀井さんの防衛相→郵政担当・金融相へ変更された件ですが、
共同通信加盟紙の中国新聞のサイトにも興味深い記事が出ていました。


亀井氏処遇で迷走 防衛相の想定一転
▽米に配慮の見方広がる
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200909160073.html

(転載開始)
「民主党内は安保政策で意見が割れており、防衛相は党外の人がいい。社民党の福島瑞穂党首も入閣するので、これを抑えられる亀井さんの起用は面白い人事です」。14日午後、鳩山氏側近は都内で国民新党幹部とひそかに向き合い、鳩山氏の意向を伝えた。

 「亀井さんは喜んでくれている」。鳩山氏には国民新党サイドからの“好感触”が伝わった。雲行きが怪しくなったのは、鳩山氏が14日夜に東京・赤坂の米大使館でルース駐日米大使と会食した後からだった。民主党関係者は「仕切り直しもあり得るとの雰囲気に変わった」と明かす。

国民新党幹部には、米大使館関係者から「本当に亀井氏なのか」との問い合わせの電話も入った。永田町では、最終的に郵政問題・金融担当相で決着した背景に「米国の影がちらつく」との見方も広がった。
(転載終了)

自党内での対立や連立政権内での混乱を回避するために、
亀井さんを防衛相に据えようという発想はいかにも鳩山さんらしいですね。
あまりよく(深く)考えていないという見方もできそうですがw

表では「対等で緊密な日米関係」ですが、
裏では「忠実で緊密な日米関係」ですね。

_ へなちょこエンジニア ― 2009/09/18 07:45

>景気対策を期待して民主党に一票を投じた人も多いみたいですよ(各紙世論調査)。
かれらは、「目的」を持って調査しますから。

_ Y-SONODA ― 2009/09/19 10:59

★老荘バークさんへ

実はこの件、私もこっそり追いかけています。
朝日新聞紙面にもこんな記事がありました。
どうやら鳩山周辺の動きは米国に筒抜けかもしれません。
誰がリークしているのでしょうか。
リークしたい気持ちもわかるような気がする。
これまたしたたかなミニ外圧利用か。

<関連記事引用>

(政権交代 鳩山内閣発足へ)国民新党・亀井氏、ポスト急転回 防衛→金融・郵政担当
2009/09/16朝日新聞朝刊

 有力視されていた防衛相から一転、金融・郵政問題担当相を言い渡された国民新党の亀井静香代表。内定早々、小泉改革の象徴だった「郵政民営化」の見直しに着手すると表明。ゆうちょ銀行などの金融事業と郵便事業の監督権限をほぼ手中にし、抜本見直しに向けて突進しそうだ。

 鳩山人事は、一貫して隠密に進められた。

 記者団「誰と会っていたのか」

 鳩山民主党代表「忘れちゃいました」

 こんなやりとりがあったのは、13日のこと。鳩山氏は東京都内の2カ所のホテルに2時間以上こもり、面会者を明かすことは一切なかった。

 亀井氏のポスト差し替えはそんな状況下で起きた。

 安保政策は民主党にとって党内対立を抱えるアキレス腱(けん)だ。連立のパートナーである社民党との隔たりも大きい。「亀井防衛相」案は、そんな難題を亀井氏の政治手腕に託そうという、鳩山氏がひそかに温めていた腹案だった。

 雲行きが怪しくなったのは14日。鳩山氏は小沢一郎氏との会談で「亀井防衛相」案を示した。だが、判断は留保された。米政府を刺激しかねないという懸念が党内で浮上したからだ。折しも、同日夜には米国のルース駐日大使との会食が控えていた。

 亀井氏は雑誌「月刊日本」の今年7月号の対談で、こんな対米観を披露している。

 「私は今回(5月)の訪米で、アメリカ側に(政権交代後の)新内閣は新しい関係を求めると通告してきた。『亀井静香を暗殺しない限り、アメリカの思い通りにはならない』と告げてきたのだ」

 確かに「亀井防衛相」が14日に報道されると、米側から「オバマ政権との関係がギクシャクする」(元米政府関係者)と懸念の声が上がった。ただでさえ、民主党政権の弱点と言われる日米関係でつまずきたくない――。そんな気持ちからか、鳩山氏は14日夜、周辺にこう漏らした。

 「明日、もう一度仕切り直しだな」

 結局、鳩山氏は亀井氏を国民新党の原点である郵政民営化見直しを担当するポストに就けた。民主党にとって、来夏の参院選で単独過半数を取ることが至上命題だ。そのため、国民新党が持つ郵政票をガッチリとつなぎ留める仕掛けが必要だった。それは小沢氏の意向とも合致した。


★へなちょこエンジニアさんへ

それでも気になるBBC世論調査。最新記事を参照下さい。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2009/09/16/4581400/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 米流時評 - 2009/09/16 07:19


  ||| 日中コンセンサスはあったのか? |||
 危機を招く鳩山政権の中国急接近。軍事・外交での日米同盟の重要性に目覚めよ!
 日本の政治の地殻変動。新設「国家戦略局」が暗示する全体主義への危険な傾斜

 日本の政局に関しては、欧米メディアの記事を翻訳紹介する以外は
 米国に住む身であるために、これまではあまり私見は述べなかった。
 その私が、今回の民主党政権に関しては沈黙を破ったので、
 驚かれた方がかなりいらしたようだ。

 しかし、どうしても書かずにはいられないほどの
 不安を覚えているのは事実である。

 もちろん、公約のひとつひとつを実証検分した...