Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

サル学から見た人類の戦争の起源2009/08/14 00:11

2009/08/13日本経済新聞夕刊:人類の戦争の起源、山極寿一さんに聞く


夏休みということもあって誰も読んでいないと思うのですが、今週の日経新聞夕刊は読みどころ満載。

本ブログ「サル学から見たクジラ・イルカ問題」(8月12日付)で取り上げた山極寿一氏も登場。
その記事を引用させていただきます。

インターネットにおける匿名性が孕む危険性も認識しておく必要がある。
また、常に「棲み分け」を考えておけば、戦争は防げるというのが私の考えです。
社会ダーウィニズムに致命的な欠陥があります。


<日経記事引用>

人類の戦争の起源、山極寿一さんに聞く、為政者が操る集団意識、他者への許容が大切。
2009/08/13日本経済新聞夕刊

 チンパンジーの群れの衝突と人類の戦争は、根本的に違う

 今年も2日後に太平洋戦争の終戦記念日を迎える。わが国は64年間、平和の道を歩んできた。地球上では、民族や宗教の対立に起因した紛争が絶えない。長年、ゴリラなど大型類人猿の研究を重ねてきた京都大学教授の山極寿一さん(57)は京都市北白川追分町の人類進化論研究室で、チンパンジーの群れの戦いと、人類の戦争の違いについて、まず話し始めた。

 「チンパンジーの群れと群れとの衝突が、これまでに目撃されている。この衝突が、人類の戦争と根本的に異なるのは、個々のチンパンジーは自己の利益のために戦っていること。これに対し人類の場合は、自分たちで作り出したユニークな社会性を背景にして、共同体の利益のために戦争をするのです」

 動機はあくまで共同体の内部にあり、人間の社会性を為政者がうまく操り、国家や民族集団のために奉仕するよう仕向けるから、戦争が誕生する、というのだ。

 では、人類の社会性とは何なのか。

 「我々の祖先が進化の系統樹で、チンパンジーから枝分かれして草原で暮らすようになる。食料を確保するために、小集団で狩猟採集をする。その一方で、夜間、寝ているときに襲ってくる捕食者から身を守ったり、共同で育児をしたりするために、大きな集団を作る」

 「そうなると個々のメンバーは分担して集団に奉仕する必要が出てきます。様々な集団への帰属意識、それに集団への奉仕や共感といったものが社会性を作り出すのです」

 大量殺戮(さつりく)の原因は「言語の出現」「土地の所有」「死者の利用」の三つ

 「戦争が大量の人間の命を奪うようになった原因の第一は言語だと思います。音楽には、その場で体験を共有して一体感を作り出す機能があります。それが言語になると、そこには実在しない出来事や空想上の話も伝えることができる。だから言葉の出現によってバーチャルな共同体、つまり国家や民族といった目には見えにくいものをも人々の心に植え付けられるようになります」

 第二が土地所有。

 「人類の歴史の99%は狩猟採集の時代。その時代には、広い地域を複数の集団が共有して、狩りをしたり、木の実の採集をしたりしていたので、土地の境界はさほど重要ではなかった。1万年ほど前、農耕の時代が始まると、土地の利用法が劇的に変わる。定住し、土地を耕し、種をまき、肥料をやり、作物を実らせる。土地の所有権が発生し、境界が出現します」

 個人や集団は土地に帰属するようになる。

 「土地を管理する者が大きな権限を持ち、さらにそれを統括する者が支配者になる。それにより、土地や境界をめぐる争いが引き起こされ、集団間の戦争に発展する素地が作られたのです」

 死者の利用が第三の原因だ。

 「人類は、すでにこの世から去った死者の利用も考えつく。人の一生は短い。生涯にわたって権利を主張できる土地の広さは知れたもの。先祖代々の土地であることを宣言することによって、広い土地の所有権を子孫に継承していく。その象徴として墓を建て、先祖を崇拝するのです」

 同じ祖先を持つ親族の規模は拡大する。

 「親族が膨張した結果できあがる究極の形が民族です。民族には始祖神話があり、語り継がれる。そういったものが核となり、民族の理念が確立され、敵対する民族が出現すれば、多くのメンバーが戦いにかり出されるのです」

 攻撃本能起源説は戦勝国を擁護するもので、誤り

 戦争の起源については、過去にも多くの学者が論じてきた。精神医学者のフロイトは1932年、科学者のアインシュタインとの往復書簡で「人間の心には破壊し殺害しようとする攻撃的本能が潜む」と述べた。動物行動学者のローレンツは63年「攻撃――悪の自然誌」に「人間は武器を発達させたために、攻撃行動の抑止機構を進化させないまま戦いを拡大してしまった」とつづった。

 「フロイトの説も、ローレンツの説も誤りです。ある意味で、戦勝国を擁護する学説です。戦争の原因は、人間の攻撃本能にあるのではなく、先に述べたように共同体の中で作り上げてきた人間固有の社会性に潜んでいるのです」

 戦争を防ぐにはどうすればいいのだろうか。

 「国と国、民族と民族、集団と集団の利害対立が生まれたとき、国や民族、集団への帰属意識や奉仕、共感といったものが戦争を引き起こす。そのことを、多くの人が冷静に自覚することが大切だと思います。だから紛争が生まれたら、双方の面目を保つ道を根気よく探り出すことも欠かせません」

 集団間の境界を超えた帰属意識を、多くの人が持つことも重要になる。

 「例えば、89年に起きたベルリンの壁の崩壊は、境界を超えた市民意識がもたらしたもので、東西の冷戦を終結させた。スポーツの世界や非政府組織(NGO)活動の現場レベルでも国境を超えた人と人との交流として活発に展開しています。人間が日常的に、国や民族のボーダーを超えて出入りしていれば、外国や他民族の他者への許容性は自然に高められるはずです」

 太平洋戦争のときのように、気がついたら国全体が戦争への坂道を転がり落ちていたというような事態は避けたい。山極さんの話から、われわれ市民が学ぶべきは、まず愛国心や民族愛を巧みに操って戦争へと導こうとする為政者に目を光らせ、選挙などで早めに彼らの芽を摘むことであろうか。

(特別編集委員 足立則夫)

 やまぎわ・じゅいち 京都大学大学院理学研究科教授。1952年東京都生まれ。野生の霊長類の行動を追跡。特にゴリラの研究や保護活動の評価は高く、2008年から国際霊長類学会会長。国際ゴリラ年の今年は、内外でゴリラ保護の緊急性を説く。著書に「ゴリラとヒトの間」「暴力はどこからきたか」など。

コメント

_ 淳一 ― 2009/08/14 10:37

園田さん、こんにちは。

>戦争を防ぐにはどうすればいいのだろうか。
>スポーツの世界や非政府組織(NGO)活動の現場レベルでも国境を超えた人と人との交流として活発に展開しています。人間が日常的に、国や民族のボーダーを超えて出入りしていれば、外国や他民族の他者への許容性は自然に高められるはずです

絶対無理ですね! 
知識人やスポーツ人やNGO人だけならともかく、ヘンに元気な人ばっかり日常的に出入りするのは迷惑。

学者の方は人間が清廉されているから「許容性は自然に高められる」かもしれないけれど、私みたいにそうでない人がほとんどなんですョ。

そしてやがてはお隣さん、お向かいさんに180~200cm,90~200kgの黒人(はい、いい人がほとんどと分かっています)がたくさん住んで、街を闊歩するんですよね~ この町でも、隣りの町でも。
住みにくいでしょう。戦争を防ぐためにですか? 山極先生。先生は日常的にスーパーで買い物などをされないでしょう?

たとえば、民族の壁を越えて愛し合う恋人達が必要に迫られて、そして困難を乗り越えて扉をこじ開け、徐々に国際化が進む。と言うのなら分かりますし、美しいし、私もしてみたい(ハハハ、ちがうか!)

・・・でも園田様がどこかで仰っていた、少子化対策としての外国人労働力の受け入れはしかたないと思います。これは別次元ですよね。食っていかねばならない。日本人が移民で許容されたのは、勤勉で小柄でおとなしいからだったと思う。日本で働いて頂くのなら、勤勉で小柄でおとなしい人々がいい(笑)

_ トンチンカン ― 2009/08/14 11:20

>  大量殺戮(さつりく)の原因は「言語の出現」「土地の所有」「死者の利用」の三つ

この辺りは養老孟さんの肉体的な欲求は肉体という実在によって限界が設定されているが、精神的な欲求にはそれ限界が無い(うろおぼえ)とも絡んできますね。
フランス、ド、ヴァールは互酬的利他行為と罰則がモラルを生んだのではないかと書かれてました。

_ 温い美味しい珈琲 ― 2009/08/14 11:28

>戦争を防ぐにはどうすればいいのだろうか。

戦争が経済的に利益なら戦争は亡くなりません。
戦争をすると経済的に不利になれば亡くなります。

あと何年掛かるのでしょうか、後何回遣れば気が済むのか?

だからサルの惑星全国家に核兵器と言う神様をこれ言うから遺憾のですが是しかないように思う。

人類の正しい覚醒を望みます。

_ とおる ― 2009/08/14 13:07

> 大量殺戮(さつりく)の原因は「言語の出現」「土地の所有」「死者の利用」の三つ

山極寿一京大教授は、面白いことを言いますね。
正しいかどうか疑わしいですが、このような項目を出してくるのはいいことです。

> チンパンジーの群れと群れとの衝突が、これまでに目撃されている。この衝突が、人類の戦争と根本的に異なるのは、個々のチンパンジーは自己の利益のために戦っていること。

大量殺戮を起こさないなら、自己の利益のために戦うことを良しとしている訳でもないでしょうが、国と国との交流を活発にすればするほど、民度の低い国の人たちによる国内犯罪が多くなり、治安も悪化してはたまりません。

大量殺戮の原因が正しいとしても、処方箋まで正しいかどうかは、別問題。

_ アルルの男・ヒロシ ― 2009/08/14 16:05

その右側のジャパン・ソサエティ理事長の方が私は気になりました。この特集は時々重要人物をとりあげますね。

_ へなちょこエンジニア ― 2009/08/15 06:55

>まず愛国心や民族愛を巧みに操って戦争へと導こうとする為政者に目を光らせ
て、何か変?為政者て右代表でしょう。群れの鏡。
相変わらずかぶれていますなあ。

_ Y-SONODA ― 2009/08/15 08:21

皆様へ

あはは。山極氏への批判が巻き起こっておりますな~。

山際氏の「暴力はどこからきたか」をあわせて読むと日経記事の背景がよくわかります。
山際氏はゴリラの調査のためにアフリカの紛争地にも長年足を踏み入れてきた。
そこで人間とゴリラの悲惨な状況を実際に見てきた。
コンゴのコルタンのことにも言及しています。
山際氏が音楽と言語の違いに着目した点は鋭いと思う。
これもピグミー族から得た知恵のようです。
こうやって見ていくと、おそらく皆様よりはリアリティーがある。

こういう経験を通じて山際氏はグローバリスト的な発想になるわけですね。
「人間が日常的に、国や民族のボーダーを超えて出入りしていれば、外国や他民族の他者への許容性は自然に高められるはず」によく表れている。
また、暴力本の最後では国連に言及しています。

皆様はおそらくグローバリストという新種がお嫌い。
確かに新種は旧種に優しくない。
とはいえ旧種の方にも問題だらけ。(多少反省した方がよい)
これから先、新種と旧種の棲み分けはできるのでしょうかw

私は自称新種の本音を突くのが大好き。
突いた結果、やはり彼らとて実際には旧種だとわかる。
よって戦争はなくならないという結論に達する。

山際氏とジャパン・ソサエティ理事長というグローバリストが並んだ日経紙面。
来月の日経「私の履歴書」の主人公はグローバリストの親分。
いよいよ待望の“宇宙人”登場です。

_ とおる ― 2009/08/15 14:22

私は、旧種のたぐいですが、新種による旧種の大虐殺にでも進むのでしょうか?
新種なれば、戦争はなくなるのでしょうか?

> 「人間が日常的に、国や民族のボーダーを超えて出入りしていれば、外国や他民族の他者への許容性は自然に高められるはず」によく表れている。

「はず」なんですよね。
あくまでも理想(幻想)。

_ とおる ― 2009/08/15 14:40

> 「人間が日常的に、国や民族のボーダーを超えて出入りしていれば、外国や他民族の他者への許容性は自然に高められるはず」によく表れている。

まるで、護憲・9条信者と双生児。

_ へちま ― 2009/08/15 15:05

園田さんはいつも鋭い見方をしますね。ネット住民の中には気分を害される方も多いと思いますが、これも貴重なご意見。私も旧種に属する方だと思いますが、旧種から見ても最近の旧種は単なる引き篭もりに見える。それこそ「インターネットにおける匿名性が孕む危険性」に関係しているのではないでしょうか。とおるさんという方はどのようにお感じですか?

_ F ― 2009/08/15 15:31

海外のグローバリストたち相手に日本の国益を背負って堂々張り合える本物のグローバリストが日本にいればいいな。本当は国政選挙なんてそんな人を選ぶ場。思い当たる政治家がいないことの方が問題だと思います。偽者のグローバリストもグローバリストを批判する人も大きな勘違いをしているのではないでしょうか。

_ トンチンカン ― 2009/08/15 15:47

>自称新種の本音を突くのが大好き。
>突いた結果、やはり彼らとて実際には旧種だとわかる。

インターナショナルの問題というのは、「チボー家の人々」の頃から余り変わってないように見えます。

>いよいよ待望の“宇宙人”登場です。

ちょっと緩い話題で申し訳ないですけど、ETサングラスなんてものがありました。
http://www.rakuten.co.jp/headwear/498243/705727/
http://www.rakuten.co.jp/headwear/498243/800993/

_ とおる ― 2009/08/15 17:50

へちま様
「とおる」は実名です。

_ 土曜日 ― 2009/08/16 05:37

はじめまして。私もこの記事を読みましたが、たまたまこの記事を読み返したくなり検索してこちらを知りました。こちらの記事の一部と写真を転載させてもらいました。ありがとうございました。
「人類が(懲りずに)惹き起こす大量殺戮の原因は何だろう」
http://doyoubi.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-de71.html

_ Y-SONODA ― 2009/08/16 08:13

皆様へ

す、すみません。
地球目線の人たちという軽い意味でグローバリストを使って混乱させちゃったみたいですね。
確かにグローバリゼーションを信奉する人たちから地球支配を目論む人たちまでいろんな解釈がある。
このあたりはそれこそ来月の日経「私の履歴書」の宇宙人の見解に期待しましょう。
(はたしてこの方にETサングラスは似合うかどうかw)
新種なれば戦争はなくなるかどうかはかなり疑わしいと思っていますが、
彼らの主張を知りたいのであれば、随分前から毎日チェックしているこちらのサイトが参考になりますよ。

その名もグローバリスト・ドット・コム
http://www.theglobalist.com/

個人的にはへちまさんご指摘のように今流行の旧種はいささかひきこもりではないかと。
若者が旧種にこだわるのもなにか相当違和感がある。
「一度外に出てみろよ」と説教する人も必要ではないでしょうか。
外から日本を見つめなおしてみるということは非常に重要なことではないかと思っています。

_ とおる ― 2009/08/16 17:53

園田様
> す、すみません。
> 地球目線の人たちという軽い意味でグローバリストを使って混乱させちゃったみたいですね。
まんまと混乱してしまいました。
もしかして、「釣り」?

> 「一度外に出てみろよ」と説教する人も必要ではないでしょうか。
外に出るにも、最近は賃金が下がってしまっているので、出る気にもならない人が増えたのでしょう。(今よりも貧しかった頃の人は、根性・熱意で出て行ったのでしょうが、居心地の良い実家や国内にいる方が楽なのでしょう)
そういう私も、若い頃の安月給の頃は外国に出ることはしませんでした。(上司・同僚への遠慮もありますが)
出て行った外国は、米国本土(シカゴ・サンフランシスコ・サンノゼ・サンディエゴ)・ハワイ・サイパン・韓国・中国本土・香港・台湾・タイ・UEA・オマーン・イスラエル・トルコ・ギリシア・オランダだったと思います。
出て行って、日本人や日本社会と違うのを体験することは良いことです。

ただ、山極氏の「人間が日常的に、国や民族のボーダーを超えて出入りしていれば、外国や他民族の他者への許容性は自然に高められるはずです」には、「日常的に、国や民族のボーダーを超えて出入り」の程度や方法に少し疑問があります。
例えば、人間が食料を消化して体内に入れるのにも、限度があります。異物が体内に直接入っても、免疫で異物を根絶できる程度なら問題なくても、多すぎた場合には、人間自体が死んでしまいます。
現実世界で比較的近いのは、米国だと思いますが、外に対しては戦争で殺戮を繰り返しています。また国内にあっては、「米国内で右派武装集団が活発化、黒人大統領の誕生が影響との報告」(http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2630332/4449030)のニュースにあるように、果たして「外国や他民族の他者への許容性は自然に高められ」たのかと思います。

_ Y-SONODA ― 2009/08/17 00:49

とおるさんへ

>果たして「外国や他民族の他者への許容性は自然に高められ」たのか

この点については米国でもさまざまな議論が巻き起こっていますよね。
Blondyさんが指摘下さったメルティングポット、それにサラダボウル。
それでもはたして米国の実験が失敗するのか成功するのか。
米国の成否によって世界的な流れも多少変わってくると思います。
今はまだ米国の実験の行方を日本は冷静に見守るべきでしょうね。
友人がカナダ人になっちゃったんですが、カナダがいいお手本になるかもしれません。

_ とおる ― 2009/08/17 20:13

園田様
> 米国の成否によって世界的な流れも多少変わってくると思います。
> 今はまだ米国の実験の行方を日本は冷静に見守るべきでしょうね。

米国の行方を見守るのは、ごもっともなことです。
でも、山極氏の説得力の感じられない主張は、ギャグくらいにしか思えません。(専門の業績は立派なのでしょうが)
山極氏の説が妥当かどうかの検証はしたのかと思ってしまいます。
「外国や他民族の他者への許容性は自然に高められ」について、
・他の条件はないのか? (猿なら、ボスを倒せば他の猿は従うので楽なのでしょうが、人間には、言葉・文化・宗教などがあって邪魔をします)
・どの程度の期間か? (数十年・数百年・数千年の単位か)
・どの程度の死者を出すのか?
という説明も無しに、「自然に高められる」なんて、現実(例として米国)を見ない夢物語と感じられます。

> 友人がカナダ人になっちゃったんですが、カナダがいいお手本になるかもしれません。
カナダは米国よりも人種・国籍の雑多さが少ないと思われますので、米国よりは軋轢が少なそうです。
でも、次のような中国人の移民が増えているようですので、お手並み拝見です。
(1)激増する中国系移民!高い不動産所有率、華僑社会入り浸りの傾向目立つ―カナダ
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090809-00000012-rcdc-cn
(2)過激な中国人排斥運動、世界で広がる=華人の海外急進出を反映―英メディア
 http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=34410

_ Y-SONODA ― 2009/08/19 06:55

とおるさんへ

私なんかはアカデミック系の方によくあるきれいごとということでスルーしましたけどw
山極氏も今西の流れ。
今西の棲み分け論もダーウィンの進化論に対する批判的な意味合いがある。
今なお適者生存的な見方に対する反発もあるのかもしれませんよ。

_ とおる ― 2009/08/19 16:04

園田さま
> 私なんかはアカデミック系の方によくあるきれいごとということでスルーしましたけどw
そういうことでスルーならば、納得です。
まあ、学者が一般人と同じ常識的なことを言っては、商売上がったりですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2009/08/14/4510217/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 米流時評 - 2009/08/15 10:19


  ||| スワット谷パシュトゥンの夜明け |||
 ブッシュの始めたタリバンとの戦争を、オバマは終わらせることができるか?
 テロ戦争9年目、終結の鍵を握るスワット谷・パシュトゥン民族の自衛組織

昨日末尾にちらっと書き足した補足の部分が
実はかなり重要なヒントを含んでいるように思えるので、
今日の冒頭で、記事リンクと一緒にあらためて書き直しました。
この8年のテロ戦争に対する、私の真情です。

【 スワット谷に夜明けは来るか 】

 今年5月、パキスタン政府軍がタリバン掃討戦に本腰を入れ、
 空爆まで含んだ全面戦争を宣言。
 タリバンが完全に掌握していた...

_ 株と思索と短歌のサイト - 2009/08/16 05:19

久しぶりにアバウトミーの質問を作った。 この質問を作ったきっかけは哲学お喋りパー