Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

イスラエルのイラン核施設攻撃阻止に動くオバマ&バチカン2009/05/16 02:29

英タイムズ:イスラエルのイラン核施設攻撃阻止に動くオバマ&バチカン

ローマ法王の中東歴訪。

この背景にはイラン問題があるのではないかと思っていたのですが、
やはりイスラエルのイラン核施設への奇襲攻撃が差し迫っていたようです。

緊迫する事態の中、
米中央情報局(CIA)を使って攻撃阻止に動いているオバマ政権。

どうやらオバマ政権はバチカンと連動している可能性がある。
接点となっているのはカトリックのバイデン副大統領か。


<画像引用記事>

May 15, 2009
Leon Panetta's mission to stop Israel bombing Iranian nuclear plant
James Hider in Jerusalem
http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/middle_east/article6289593.ece


America’s spy chief was sent on a secret mission to Israel to warn its leaders not to launch a surprise attack on Iran without notifying the US Administration.

As Binyamin Netanyahu, the Israeli Prime Minister, prepares to visit Washington, it emerged yesterday that Leon Panetta, the head of the CIA, went to Israel two weeks ago. He sought assurances from Mr Netanyahu and Ehud Barak, the Defence Minister, that their hawkish new Government would not attack Iran without alerting Washington.

Concerns have been rising that Mr Netanyahu could launch a strike on Tehran’s atomic programme, in the same way that Israel hit Saddam Hussein’s Osirak reactor in 1981. Israel has been preparing for such an eventuality. It has carried out long-distance manoeuvres and is due to hold its largest civil defence drills this summer. The country’s leaders reportedly told Mr Panetta that they did not “intend to surprise the US on Iran”.

Mr Netanyahu will leave for Washington this weekend. He will meet Hillary Clinton, the Secretary of State, and Mr Obama, whom he will try to convince of the need for tougher action against Iran. Mr Obama favours trying to engage Tehran, but his efforts have been received coolly by President Ahmadinejad.

The Israeli leader is expected to insist that the US stays focused on Iran, rather than tackling stalled talks with the Palestinians.

Mr Netanyahu has held meetings with Arab leaders this week, including President Mubarak of Egypt and King Abdullah of Jordan. Both Sunni leaders share Israel’s fears of a resurgent Shia Iran.

In Aqaba, Jordan, yesterday King Abdullah told Mr Netanyahu there could be no regional peace without a Palestinian state. So far Mr Netanyahu has refused to commit to a two-state solution. Instead, he has talked about developing the Palestinian economy, with Palestinians having only limited sovereignty. That view is likely to cause confrontation with Mr Obama.

Mr Netanyahu raised the issue of Iran during a private meeting with Pope Benedict XVI in Nazareth yesterday. “I asked him as a moral figure to make his voice heard loud and continuously against the declarations coming from Iran of their intention to destroy Israel,” he said. .

“I think we found in him an attentive ear.” The Pope, who reiterated his calls for peace yesterday, did not give an account of the meeting.


<関連記事>

Obama warns Netanyahu: Don't surprise me with Iran strike
http://www.haaretz.com/hasen/spages/1085466.html

Israel: U.S. will know before any Iran strike
http://www.haaretz.com/hasen/spages/1085710.html

イランを攻撃するな イスラエルに警告 CIA長官
http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/090516/mds0905160008000-n1.htm

 15日付のイスラエル紙ハーレツなどは、米中央情報局(CIA)のパネッタ長官がイスラエルを最近ひそかに訪問し、イスラエルが米国の意向を無視してイランを攻撃しないよう要請、イスラエル側も同意したと報じた。

 米国は、イスラエルがイランの核施設破壊など電撃作戦を行うことを懸念。パネッタ長官はイスラエルでネタニヤフ首相、バラク国防相らと会談、イランに対話を通じて核武装放棄を促すオバマ政権の方針を説明し、イスラエルの攻撃は地域の安定に破滅的な結果を招くと伝えたという。

 ハーレツによると、イスラエルのオルメルト前政権は昨年、イランを攻撃したいとの意向を米国のブッシュ前政権に伝えたが、反対された。   (共同)

コメント

_ Blondy ― 2009/07/17 04:05

 どうも紅海等でも動きがあるようで。。。

「イスラエルが、パレスチナ国家成立で譲歩してでも、なんとしても年内に対イランで実力行使する」という展開になったら、中東を軸に世界は大きく変化を始めるかもしれませんね。 

 日本の国防問題についても、北東アジア問題のコンテクストだけでとらえるのでなく、もう一つ次元を上げて、世界レベルの流動化のシナリオを踏まえたポジショニング戦略を冷静に検討できる政策シンクタンクや政治家がそろそろ表に出てくるのではないかと期待しています。 

Israeli navy in Suez Canal prepares for potential attack on Iran
The TIMES July 16, 2009

http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/middle_east/article6715412.ece

一部引用開始
The exercises come at a time when Western diplomats are offering support for an Israeli strike on Iran in return for Israeli concessions on the formation of a Palestinian state. If agreed it would make an Israeli strike on Iran realistic “within the year” said one British official.
Diplomats said that Israel had offered concessions on settlement policy, Palestinian land claims and issues with neighboring Arab states, to facilitate a possible strike on Iran. “Israel has chosen to place the Iranian threat over its settlements,” said a senior European diplomat.
一部引用終了

Pacific test will determine Arrow's ability to intercept Iranian missiles close to launch  
DEBKAfile Special Report July 15, 2009

http://www.debka.com/headline.php?hid=6180

Q+A-Could Israel-Iran standoff turn violent? 
Reuters July 16 2009

http://www.reuters.com/article/latestCrisis/idUSLG388200

_ 非生産者 ― 2009/07/17 11:50

こうなると宗教って厄介な物ですね。もはや上場企業でしょうか?オーストラリアケアンズのカジノにバチカンが資本参画してます。

_ Y-SONODA ― 2009/07/18 06:59

★Blondyさんへ

イスラエル絡みの最新情報、どうもありがとうございます。
正雲訪中で黄海が鎮まったと思ったら、今度はまたまた紅海の方ですね。

>日本の国防問題についても、北東アジア問題のコンテクストだけでとらえるのでなく、もう一つ次元を上げて、世界レベルの流動化のシナリオを踏まえたポジショニング戦略を冷静に検討できる政策シンクタンクや政治家がそろそろ表に出てくるのではないかと期待しています。 

おっと。何やら早速具体的な提言。さすが~。
とはいえ日本のシンクタンクはどこも大変そうですよ。
山本の正さんのJCIEですら苦労しているとか。
なかなか日本では評価されないのでしょうか。

イスラエルの情報戦などは日本が真っ先に調べる必要があると思うのです。
ハッタリまで主要メディアに流す方法とか・・・(汗)

★非生産者さんへ

>オーストラリアケアンズのカジノにバチカンが資本参画

本当かな~。なんだかこの情報は怪しいなぁ~。

_ トンチンカン ― 2010/03/31 22:48

イラン核科学者が米国亡命、CIAの働きかけで
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100331-OYT1T00978.htm?from=main3

_ Y-SONODA ― 2010/04/01 08:20

トンチンカンさんへ

イラン周辺も慌しくなってきました。
米中間選挙を睨んだイスラエルの動きが気になりますね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2009/05/16/4307442/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 米流時評 - 2009/05/17 21:05


  ||| タリバンと封建主義とコールドプレイ |||

   

   タリバン・韓流フェミニズム「女は7日間殴らないとキツネになる」!?と
   封建制度とコールドプレイ「Viva La Vida」盗作問題ビデオのRemix
いつも面白いコメントをいただくunimaroさん。海外在住のブログ編集人は、みなさん右とか左 Right or Left にこだわらず、Right or wrong の判断で時事問題に対するオピニオンを展開する方が多い。

海外に出てしまうと、人種や宗教といった、
絶対的な結界のある相違と比べれば
同一人種の国内の支持政党の違いは、低い...

_ ミクロネシアの小さな島・ヤップより - 2009/05/26 08:23

ブログの更新が滞ってて、すみません。まずはナマコヘブンのギンガハゼ(Cryptocentrus cinctus)のカップルで、しばしのお暇を...てか、すぐ書きますけど、いまは時間がない...

日本をとりまく情勢が、とても心配な状況です:

イスラエルが米国に説得されて、イラン攻撃をあきらめつつあり...?
●園田義明メモ:イスラエルのイラン核施設攻撃阻止に動くオバマ&バチカン
http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2009/05/16/4307442

土曜朝、ノムヒョン前大統領が不審な死をとげ、ノムヒョン関係の報道が異常に少ないのが不気味と...