Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

2009年版「中国の軍事力に関する年次報告書」2009/03/28 00:00

2009年版「中国の軍事力に関する年次報告書」


中国がまいどまいどの抗議を始めておりますなぁ。

私の方は気になった地図やグラフを適当にまとめたのですが、
画像圧縮したためにまったくわからないはず。
詳しくは報告書をご覧ください。


ANNUAL REPORT TO CONGRESS
Military Power of the People’s Republic of China 2009
http://www.defenselink.mil/pubs/pdfs/China_Military_Power_Report_2009.pdf



<日本語関連記事集>

米国防総省:中国、「核」「宇宙」で能力向上 「軍事バランス変える」--年次報告書
http://mainichi.jp/select/world/news/20090326dde007030006000c.html
20年までに複数の空母、中国が建造見通し…米年次報告
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090326-OYT1T00612.htm
中国、10年にも空母着工か 米国防総省が軍事力報告書
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090326AT2M2601226032009.html
空母建造や海南島警戒 武器輸出で影響力増大
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090326/chn0903261011001-n1.htm
中国の軍事力増強で域内均衡に変化、領有権問題に利用も 米報告書
http://www.afpbb.com/article/politics/2586418/3958551

米の中国軍事報告書で中国外務報道官「内政干渉に断固反対」
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090326/chn0903261851003-n1.htm
事実わい曲、誤った脅威を宣伝と中国 米国防総省報告書で
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200903260031.html

コメント

_ ゴンベイ ― 2009/03/27 20:09

ひしひしと直接的な重圧を感じているのは南シナ海沿岸諸国でしょう。
現状では南シナ海宣言で領有権問題を棚上げにしていますが、空母運用開始の暁には、漁業紛争を口実に最近流行の海上警備行動の介入を始め、西沙諸島・永興島のように南沙諸島に前進航空基地を建設というシナリオがありそうです。
先の妨害事件を引き起こした米軍調査船の運用に見られるように、アメリカは既に牽制を始めていますね。

_ Y-SONODA ― 2009/03/29 11:29

ゴンベイさんへ

今回の報告書を見ればわかるとおり、
米国は中国の海軍力増強に目を光らせているといった感じです。

来月、中国はソマリアに第二陣を派遣するとのこと。
インド洋周辺の覇権争いもいよいよ本格的になりそうですよ。
「インド洋を制する者は世界を制する」とでも思っているのでしょう。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「カ○スの勝手でしょ」にようこそ♪ 質問:○に入るカタカナ一文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2009/03/28/4205915/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 米流時評 - 2009/03/29 21:00


    ||| 中国新世代の経済愛国主義 |||
  中国を襲うグローバル不況の波と、第2世代の五星紅旗ナショナリズム
  米国バッシング、国際新通貨の提案、中国の海軍力重視への危険な傾斜

ニューズウィークは普段から愛読している週刊誌で、サイトの記事も充実しているが、その中でも特に「investigative journalists」の活躍がめざましい、真相追求のジャーナリズム雑誌である。ブッシュ政権8年の暗黒政治の暴露、オバマの大統領選の報道にはめざましい活躍を示し、政見雑誌としての役割も見逃せない。

特にワシントン政界の裏幕を暴露するジャーナリストとしてウォータ...