Google
WWW を検索 「園田義明めも。」を検索

KAL's cartoon2009/03/07 10:01

KAL's cartoon  Political cartoons by Kevin Kallaugher  The Economist

戦後最悪ペースの米雇用情勢2009/03/07 17:01

米労働省雇用統計


日本の各新聞は海外メディアの記事を要約して伝えているのがほとんど。
米労働省発表の雇用統計を実際には見て、
分析している記事は少ないですね。

雇用統計を見る限り、
ティーンエージャー、それに黒人とヒスパニックの雇用悪化が目立ちます。
このペースでの悪化が続けば、そろそろ彼らも騒ぎ出すのではないでしょうか。

これはオバマ政権最大の関心事のはず。
支持率にも大きく影響してくる。

それなのに、なぜかこの問題は海外メディアもスルー。
これまた不思議です。



<関連記事>

米失業率、8.1%に悪化 2月、雇用65万人減
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090307AT2M0604006032009.html
 【ワシントン=米山雄介】米労働省が6日発表した2月の雇用統計(季節調整済み)によると、失業率(軍人を除く)は前月より0.5ポイント高い8.1%となり、1983年12月(8.3%)以来、約25年ぶりの水準に悪化した。非農業部門の雇用者数は前月から65万1000人減少。昨年12月が68万1000人減に修正され、同月が49年10月以来、約59年ぶりの大幅な落ち込みだったことも明らかになった。

 雇用者数の減少は14カ月連続。1月の雇用減も当初発表の59万8000人から65万5000人に悪化方向で修正された。内外需の不振と金融不安の連鎖で、米雇用情勢は戦後最悪のペースで悪化が続いている。(01:22)

日経7000円割れ阻止作戦に異議あり!(転載歓迎♪)2009/03/07 19:59

年金積立金管理運用独立行政法人 平成20年度 第3四半期運用状況


日本の新聞やテレビが決して報じようとしない「3月危機」に関するタブーがあります。
それは皆さんが最も敏感である年金に関するもの。

私も事情を察してあくまでもさらっとブログで取り上げてきましたがw、
どう考えてもこれは日本人なら誰もが知っておく必要がある大問題だと思うのです。

2月中旬以降、欧州系年金筋やヘッジファンドによる売りが続いている東京市場。

こうした中で、心理的節目である7000円割れを食い止めようと、
「このところ1日計500億円のペース」(邦銀筋)という公的年金の買いが続いています。

公的資金が日経平均7000円割れを阻止しようと連日孤軍奮闘しているのです。

この公的年金は、厚生労働省所管の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が信託銀行などを通じて運用しています。

先月27日、GPIFは2008年度第3四半期(昨年10~12月期)の市場運用での総合収益額(運用損益)が、5兆7398億円の赤字なったと発表しました。

これは2四半期連続の赤字。
しかも、01年度に自主運用を初めてから四半期ベースで過去最大の運用損。

現在の7000円割れ阻止作戦によって、赤字はさらに膨らむでしょう。
リバランスという事情だけで納得できるような問題ではありません。

銀行とて含み損を抱えた保有株を手放す動きもなし。
これは結局銀行も我らの年金に依存しているということ。

本当に情けない。
所詮日本の銀行など、この程度のものか。
「いつまでも甘えるな!」と言いたい。

私も日本の「失われた10年再び」を避けたいと願っています。
よって、仕方ないと思っています。

それでも、この公的年金により株価買い支えに対する議論はあってもいい。
なぜ、日本の新聞もテレビもこの問題を取り上げない?
なぜ議論をしようとしない?

こんなことを続けているから、日本人はどんどんおバカになっていくのです。

少なくとも公的年金を預かり運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に、
説明責任はあるはずです。


<関連記事>

▼〔株式マーケットアイ〕公的年金が500億円規模の買い観測、日経7000円割れを阻止
2009年 03月 6日 15:12 JST
http://jp.reuters.com/article/stocksNews/idJPnTK024558920090306

〔株式マーケットアイ〕

 <15:12> 公的年金が500億円規模の買い観測、日経7000円割れを阻止

 ある株式トレーダーによると、きょうは取引序盤から公的年金とみられる買いが膨らみ、前場、後場を通じて500億円規模の買いが入ったと指摘されている。海外勢が日本の銀行株を中心に売り進め、日経平均がじりじり下げた。同トレーダーは「日経平均7000円割れを阻止するとの意思表示のようだった」と話している。


▼株、公的年金が買い支えか
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20090305-OYT8T00380.htm

 4日の東京株式市場で、日経平均株価(225種)は前日比61円24銭高の7290円96銭で取引を終えた。前日に続いて一時、終値のバブル後最安値(7162円90銭)を下回ったが、アジアの主要株式市場の上昇を受けて買い戻しの動きが強まった。

 企業業績の先行き懸念が根強い中で、日経平均が7000円の大台割れ寸前で踏みとどまっている背景には、国民年金や厚生年金など公的年金による買い支えがあるようだ。

 公的年金は、厚生労働省所管の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が信託銀行などを通じて運用している。大和総研によると、公的年金の保有株の時価総額は約18兆円で、市場全体の約5%を占める。

 GPIFは、「資産の配分を長期的に維持することが運用の基本」との方針から、国内株の全保有資産に占める比率を11%とし、株価が下がれば国内株を買い増している。

 同総研の土屋貴裕氏によると、国内株の比率は1月末時点で8%程度に低下しており、1月末の相場環境をもとに試算すると2兆~3兆円分を買い増す必要があるという。

 こうした調整は、公的年金だけでなく企業年金の運用でも行われている。外国人投資家らが売り圧力を強める中、市場関係者は年金基金を数少ない買い手として注視している。(笹子美奈子)

(2009年3月5日 読売新聞)

▼年金運用:損失5.7兆円 過去最大、累積赤字転落の恐れ
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090228k0000m010064000c.html

 厚生労働省所管の年金積立金管理運用独立行政法人は27日、08年10~12月期の年金資金運用結果を公表した。市場運用分は収益率マイナス6.09%で、四半期ベースで過去最大の赤字幅となる5兆7398億円の運用損となった。08年4~12月期で8兆6738億円の赤字と、通期で過去最大の赤字だった07年度の5兆8400億円を既に上回っている。

 年金資金は01~07年度で累積黒字が約10兆3400億円あったが、08年4月からの9カ月間で約1兆6700億円に目減り。株価は年明け以降も下落傾向にあり、年度末には黒字をすべてはき出してしまう可能性もある。

 市場運用は、国内債券で1兆5105億円を稼いだものの、株式急落と円高が影響し、外国株は3兆4763億円の赤字、国内株は2兆6638億円の赤字を計上した。

 同法人は財投債を含め計116兆6299億円(うち市場運用分90兆4349億円)を運用。10~12月期は財投債で796億円の収益があり、運用資産全体では5兆6601億円(収益率マイナス4.68%)の赤字運用だった。【吉田啓志】

毎日新聞 2009年2月27日 20時12分


●年金積立金運用損 10~12月期拡大 08年度累計、10兆円超え危機(画像引用)
http://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/200902280030a.nwc

●来週の日経平均、バブル後最安値を意識へ
2009年 03月 7日 16:17 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-36853320090307


★年金積立金管理運用独立行政法人 平成20年度 第3四半期運用状況
http://www.gpif.go.jp/kanri/pdf/kanri03_h20_p03.pdf